さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヤズド その3

2014年01月30日 | 海外旅行
アーテシュキャデの見学を終えて旧市街地に向かいました。



ヤズドは、砂漠の中のオアシス都市として発達したため、特異な建築様式が発達しています。

これは、沈黙の塔でも見たアーブ・アンバールです。ガナート(地下水路)で引いた水の貯水槽をドームで覆い、その周りにバードギール(風採り塔)を立てています。



旧市街地の奥に一歩入ると、日干しレンガを積み上げて泥で固めた家の壁が続いています。



人影も少なく、ひっそりした小路が延びていました。



補強も兼ねているのか、小路を挟んだ家の間をアーチでつないでいます。



面白い飾りの施されたドア。



時が止まったような感じがします。



奥に進むとどのような眺めが広がっているかと誘われますが、団体ツアーとあって興味のままに彷徨うことはできません。





ひと歩きしてバスに戻りましたが、ヤズドの街中では、バードギール(風採り塔)をそこかしこに見ることができました。



続いて、アミール・チャグマーグのタキーイェを見学しました。裏手でバスを降りると、二本のミナレットが目に飛び込んできました。



ミナレットは美しいタイル装飾で飾られていました。



アミール・チャグマーグのタキーイェは、15世紀に建てられてバザールや寺院の複合施設です。

残念ながら逆光のため、正面からは見学しにくい状態でした。



入り口上部の装飾。



広場には、大きなナフルが置かれていました。

ここは、預言者ムハンマドの孫でシーア派十二イマームの3代目イマームのホセインゆかりの地で、彼が殉教したモハッラムの月(イスラム暦の1月)に殉教劇が行われ、彼の棺を模したナフルをかつぎ、人々が鎖で自分の体を鞭打って哀悼の意を表現するといいます。



アミール・チャグマーグのタキーイェの前は広場になっており、周辺には古い家並みが広がっていました。



広場にあった噴水。何の像かは判りません。



ヤズドでの見学を終えて街を去ろうとした時、再度車窓からアミール・チャグマーグのタキーイェを眺めることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヤズド その2 | トップ | さすらいの風景 ヤズド その4 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神秘的 (本読みと山歩き)
2014-02-01 20:30:32
ゾロアスター教ですか~ 
教科書でしか知りません。
いろんな宗教や文化に影響しているんですね。
その風景もまた、目新しく、神秘的ですらあります。


世界史 (さすらい人)
2014-02-02 19:28:34
海外旅行は、世界史で習ったことを体験するという面がありますね。大学受験を世界史で受けたのでそれなりに勉強していましたが、大昔のことで、どのくらいのレベルのことを習っていたのかは判らなくなっています。歴史年表は参考にするために改めて買いましたが、高校の教科書も買って読み返す必要があるかなとも思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む