さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ハイデルベルク その3

2009年03月12日 | 海外旅行
ハイデルベルクの街をもう少し歩きましょう。

コンマルクト広場。 「穀物広場」を意味します。



広場の中央に立つのは、1718年に建てられたバロック様式のマドンナ像です。イエズス会が建立したものです。天使が槍をもって蛇を退治していますが、蛇はプロテスタントを意味しているといいます。



中世の都市防衛施設の遺構である、ヘクセントゥルム(魔女の塔)



騎士の舘

ハイデルベルクで残る民館として一番古い、1592年に建てられた「騎士の家 ツム・リッター」です。現在はホテルになっています。



哲学者の道

ネッカー川の対岸に続いています。河畔の散歩道と思っていたのですが、丘の中腹を巡る道で、ハイキング並みの体力が必要でした。体力維持のための毎日ウォーキングには良いコースです。



旧市街地や古城を一望できます。



歩くにつれて風景も変わってくるので、カメラも手放せません。



帰りに渡る古い橋(カール・テオドール橋)も足元に見えてきました。この高さまで上がってしまったわけです。



古い橋(カール・テオドール橋)

選帝候カール・テオドールにより、1786~88年にかけて造られた橋です。




橋のたもとの門は、もとは城壁の一部だったそうです。

ハイデツベルクは、古都の風景と若者の活気が混然となった、魅力的な街です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸山 (2009.3.7.) | トップ | 春の花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-03-14 05:15:40
今晩は。
ハイデルベルグ堪能させてもらいました。
文章にあるように、これだけの風景が続くとカメラを手放せませんね。
カール・テオドール橋の風景が印象的でした。
ハイデルベルク (さすらい人)
2009-03-14 08:43:03
おはようございます。
ハイデルベルクは、観光客も多いですが、大学の町であるため、活気に満ちています。ワインやビールを飲んで、ほろ酔いかげんで歩くのが楽しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む