さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 エレバン その2

2016年09月30日 | 海外旅行
六日目、早起きをして共和国広場まで歩きました。昨晩も歩いたコースですが、夜とは違った姿を見せてくれました。

エレバンでの宿のメトロポール・ホテル。



勝利橋の対岸に広がるエレバンブランデー製造工場。



ブランデーの製造工程を見学できるようですが、その時間はありませんでした。その代わりに、アルメニア・コニャックのアララトを土産に買いました。



ホテルの前にあるのはエレバン・コニャック・ワイン・ウォッカ・工場。黒い石を使ってあり、重厚な造りになっています。



壁には、ワイン造りの壺が彫り込まれていました。



このレリーフに描かれているのは、キツネと葡萄でしょうか。そうなるとイソップ寓話の「キツネと葡萄」の話を思い出してしまいます。





エレバン歴史博物館



Myasnikyan広場の革命家Alexander Myasnikyan像。



アルメニア外務省。



共和国広場への大通りには、両脇に緑地帯が設けられていました。



Shahumyan広場の政治家ステパン・シャウミャンの像。



Shahumyan公園。中央には噴水が設けられていますが、水は止まっていました。



共和国広場。アルメニア歴史博物館。



左はアルメニア・マリオットホテル。



右は財務省で、時計台を持っています。



早起きの時間が判ってしまいますね。



アルメニア歴史博物館の前には、噴水が設けられています。



共和国広場から延びるアミルヤン通りは、店の並ぶ繁華街のようです。



夕刻、アミルヤン通り沿いのレストランで夕食をとり、その後、共和国広場に三度目の訪問をすることになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 エレバン ... | トップ | さすらいの風景 ホルヴィラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む