さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ピラトス山 その2

2009年01月20日 | 海外旅行
ピラトス山への登山鉄道が出発するアルプナッハシュタット駅に到着です。



ピラトス鉄道は、世界一の急勾配である480‰(パーミル)を誇り、標高差1600mを4.8kmの間に登ります。

一般的な登山鉄道には、垂直方向に回転する歯車が置かれたアプト式が使われますが、ピラトス鉄道は、中央のラックレールに、水平方向の歯車がかみ合う世界唯一のロッヒャー式を採用しています。

なお、ついでに調べると、ロープで引き揚げるケーブルカー(鋼索鉄道)の日本での最高勾配は、高尾登山ケーブルの608‰でした。意外でした。



ケーブルカーだと、前を走っている車両がじきにすれ違うのですが、一緒に進んでいくのは、ちょっと不思議な感じです。



登ったのは6月はじめでしたが、一気に雪の世界が広がりました。



山頂で、登山鉄道を下りてから眺めたものですが、ロープもついていないのに、自力で頑張って登ってきているのに感心します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大力山 (2009.1.18.) | トップ | さすらいの風景 ピラトス山... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
憧れの地 (風n)
2009-01-20 20:27:50
はじめまして。
スイスは子供の頃から憧れている国の一つですがピラトス山、素敵な山ですね。

山登りを初めて間もないのですが、時々こちらのブログを拝読させて頂いております。
スイス (さすらい人)
2009-01-21 00:01:10
風nさん:
はじめまして。コメントありがとうございます。
スイスは、観光が重要産業になっているためか、旅行者にとっては、快適に過ごせますので、是非訪れてみてください。写真などで見た風景を実際に自分の目で見るのも、感動ものです。
では、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む