さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ジョグジャカルタ その4

2016年06月10日 | 海外旅行
再びマイクロバスに乗って、水の宮殿(タマンサリ)に移動しました。

水の宮殿(タマンサリ)は、初代スルタンいよって、1765年に西洋建築とジャワ建築を融合して造られました。第2代スルタン時代に地震によって崩壊しましたが、第8代スルタンによって現在の建物が造られました。

入口の門は上がることができました。



車を降りた入口を振り返ったところ。



宮殿の奥方面の眺め。



入口を通してプールが見えていました。



宮殿の奥へと進みます。



通路脇に設けられた東屋。



一段下がったところにプールが設けられていました。



猛暑にばて気味であったので、余計にプールが気持ちよさそうに見えました。



このプールでは、宮殿の女性が水浴びをして、それをスルタンが覗き見て夜を過ごす女性を選んだといいます。南国のハーレムならではの仕掛けですね。



プールサイドの建物には着替えの部屋も設けられていました。



奥には、王妃や娘のプールが別に設けてありました。



こちらのプールはやや小ぶりです。





脇の建物内には王のベッドが置かれていました。



別な入口から出ました。



王宮の周囲は民家が広がって、軒先をかすめる細い道が続いていました。



宮殿の外壁。修復が充分でなく、荒れた感じでした。

これでジョグジャカルタの見学は終わりになって、昼食後、バリ島に移動するため空港に向かいました。



ジャカルタとは違って、ジョグジャカルタの空港は、出発の待合室も一室だけの小さなものでした。



観光客用の土産物屋も小さなものがあるだけでした。



出発ゲートの表示も無く、行き先が掲示されて、その下の出口に集まるといったものでした。



歩いて飛行機に向かいました。



ジョグジャカルタからバリ島へは1時間10分ほどのフライトですが、軽食が出てきました。といっても中身のないパンなので、少しかじって味見をするだけになりました。



バリ島の空港に到着すると、夕焼けで空が真っ赤に染まっていました。前日のボロブドゥール遺跡のサンセットツアーでこのような状態であったなら良かったのにと思いましたが、充分楽しんだので良しとしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ジョグジャ... | トップ | ジェットストリーム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2016-06-12 18:04:26
ジャワ島は会社生活で二番目の出張の地でした。
週末はジョクジャカルタに行こうといわれましたが、結局いけず。
その思いととも見ています。
南国のハーレムがすばらしい~~~
ジャワ島 (さすらい人)
2016-06-12 21:51:40
ジャワ島に出張しておられたのですか。ジョグジャカルタを訪れなかったのは残念でしたね。現地に滞在していると、いつでも行けると思って機会を逃してしまうことがありますね。
ボロブドゥール遺跡は、東南アジアの三大仏教遺跡にふさわしいものなので、機会がありましたら是非どうぞ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む