さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ルツェルン その1

2009年01月15日 | 海外旅行
ルツェルンはアルプスの南北を結ぶ交通の要所で、フィヤーヴァルトシュテッター湖(四つの森の国の湖)の畔にあります。この湖の南には、ウィリアム・テルの伝説が残され、スイス建国の地とされる古都です。

ルツェルン駅を出ると、背後にピタトス山が聳えていました。



湖から流れ出るロイス川には、多くの橋が掛かっていますが、その中でも古い木製のカペル橋は、ルツェルンのシンボルになっています。

橋の背後には、旧市街の眺めが広がっています。



カペル橋は、14世紀に作られた屋根付き木造の橋です。城砦の一部として建造されたもので、防衛塔や拷問部屋として使われた八角形の水塔が中ほどに立っています。



ルツェルンの観光名所になっており、観光客は必ず訪れることになります。



内部の切妻の部分には、ルツェルンの歴史を題材にした三角形の板絵が飾られています。



夕暮れのカペル橋。古都に並ぶ塔がシルエットになって浮かびました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 フォンテー... | トップ | さすらいの風景 ルツェルン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かっこいい (本読みと山歩き)
2009-01-17 20:03:05
おはよございます。
「ピタトス山」いきなりかっこよい山ですね。
木造の橋も、日本人にはなじみある感じで良い。
このあたりは、材料としても木材が豊富だったのですかね。
スイス編楽しみにしています。
古都 (さすらい人)
2009-01-17 20:18:19
今晩は。
スイスというとアルプスに目がいってしまいますが、このルツェルンやベルンは、ドイツやイタリアとはまた雰囲気が異なっている中世都市の面影が残っています。
この後、ピラトス山やベルナーオーバーラントの旅を続けていきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む