さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アラホバ

2010年10月25日 | 海外旅行
ギリシャ観光は、アテネでの自由行動であったため、連日、日帰りツアーを利用することになりました。

デルフィ観光ツアーに参加しましたが、アテネを出ると山間部に入っていきました。

雪をまとったパルナッソス山の眺めが広がってきました。

ギリシア神話によれば、この山はアポローンを祭っており、音楽・舞踏・学術・文芸をつかさどる女神ミューズたちが住むと言います。12月末ということで、山は雪で白く染まっていました。



崖にへばりついたように、アラホバの街があります。



アラホバの街は、現在はスキー場の基地となってリゾ-ト化が進んでいるようですが、20数年前は寒村でした。



茶色の屋根が続く村は、独特の雰囲気がありました。



アラホバの街も、夏の光のもとで見れば印象も変わるのかもしれませんが、冬の曇り空のもとでは寒々とした感じでした。

昼食休憩の後に、デルフィの神殿に向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 エピダヴロス | トップ | さすらいの風景 デルフィ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む