さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 フォンテーヌブロー城 その2

2009年01月12日 | 海外旅行
フォンテーヌブロー城の内部は、豪華な内装で飾られています。



フランソワ一世の回廊



Fは、フランソワ一世のマークでしょう。



舞踏の間。フランソワ1世の息子であるアンリ2世の時に完成したものです。









礼拝堂

この他にもアンリ四世からルイ十六世に至るまでの王の寝室だった王座の間や、マリー・ド・メディシス、マリー・アントワネット、ナポレオン妃ジョセフィーヌが使用した王妃の間などの見どころも多くあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 フォンテー... | トップ | 山寺山から木津八海山 (2009... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-01-14 06:08:33
今晩は。
このお城、そう絢爛豪華でもないのですが、
なにか心惹かれる造りです。
歴史の重みがそうさせるのでしょうか。
今年も欧州の紹介をよろしくお願いします。
お城 (さすらい人)
2009-01-14 17:15:48
今晩は。
フォンテーヌブロー城は、室内の装飾も良く施されているのですが、実際に王様が住み続けたため、時が刻んだようなくすみが感じられて、一見したところの派手さは感じられません。
これからも海外風景を続けますので、よろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む