さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 エスファハーン その7

2014年02月17日 | 海外旅行
チェヘル・ソトゥーン宮殿の入り口の大ホールの奥に進むと小部屋が現れました。



この部屋の壁も細密画で飾られていました。



あいかわらず酒盛りの絵です。イスラム教に反するということで消されなかったことは幸いです。







壁も美しい装飾で飾られています。



小部屋を抜けると、再び大部屋に出ました。



細密画も見られましたが、この部屋は資料の展示室になっていました。



古いペルシャ絨緞



宮殿の窓を飾っていたステンドグラスが展示されていました。



ヨーロッパの教会で見られるステンドグラスに比べて、ガラスの一片が細かく、技術の高さが判ります。



現在の窓は、透明なガラスがはめ込まれているのは残念です。



チェヘル・ソトゥーン宮殿の見学を終えて、庭園に出ました。



花が終わっており、ちょっとさびしい感じの庭園でした。



庭園の片隅にあるチャイハネに入りました。チャイヘネは、「お茶の家」という意味で、喫茶店の役割を果たしています。水煙草の装置も置かれていました。





現地ガイドのアリーさんがお茶をふるまってくれました。

ガラス製コップに、熱々のお茶がなみなみと注がれて出てきました。



このお茶は、一旦皿に移して冷まして飲むというのが普通のことのようです。また、角砂糖は、お茶に入れてかき混ぜて飲むのではなく、お茶に浸してから角砂糖を食べるというのがイラン流です。そのためか、角砂糖も堅めのものになっていました。(写真撮影のために左手で角砂糖を持っていますが、イスラム流では、右手で食事を行うのがマナーです。)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 エスファハ... | トップ | さすらいの風景 エスファハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む