さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ブハラ その4

2013年06月04日 | 海外旅行
カラーン・モスクの見学を終えて旧市街地を東に向かうと、タキ・ザルガロンが現れました。

タキとは、大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールです。

kara-nn

16世紀当初のタキは専門色が強く、宝石商市場、帽子市場、両替屋のバザールが発達しました。

このタキ・ザルガロンは、宝石商市場でした。



現在では、タキ内には土産物屋が並んでいます。これは、スザニの店。



これはシルク製で大きく、ちょっと買えない値段です。テーブルクロスサイズの物を買いましたが、飾り用ですね。



他にもスザニの店が並んでいました。



瓢箪に絵を書くおじさん。



絨緞屋の店内を歩くネコ。



タキ・ザルガロンの出口脇の土産物屋。微笑んでくれたのに、買わなくてすみません。



ガイドブックにも載っている手造りはさみ屋さん。



はさみは、コウノトリをモチーフにしています。



タキ・ザルガロンを振り返ったところ。



タキ・ザルガロンを出て進むと、左手にウルグベク・メドレセがあります。

ウルグベク・メドレセは、15世紀初めに建てられた、中央アジア最古のメドレセです。



その向かいにあるのは、アブドゥールアジス・ハン・メドレセです。ウルグベク・メドレセよりは新しく、1615~1652年にかけて建造されました。



アブドゥールアジス・ハン・メドレセは、美しいタイル装飾が施されています。



入り口のゲートには、ムカルナスと呼ばれる窪みを並べた鍾乳石飾りが施されています。



このメドレセでは、花の絵が描かれていますが、イスラム建築の通例からは外れています。





附属の塔の上に、コウノトリの巣が造られていました。



内部も華麗な装飾が施されていました。



このメドレセでも中庭を囲むように建物が連なっていました。



このメドレセでは、寄宿生が住んでいた部屋を見学することができました。



小さな部屋で、壁に小さな棚が設けられていました。



天井には絵が描かれていました。



中庭には、土産物屋が並んでいました。



民族楽器を売る店もありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ブハラ その3 | トップ | さすらいの風景 ブハラ その5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2013-06-08 20:34:49
所変わらればモスクも変わりますね。
お城もモスクも、木製の柱などの装飾が見事です。
近くに材料があったんでしょうか。
それぞれの土地にはその土地で取れる材料で造っているんですね。
「手造りはさみ」も、お土産でほしいです。
Unknown (さすらい人)
2013-06-10 23:15:12
ウズベキスタンの見学では、モスクやメドレセの見学が続いて頭が混乱してきます。写真を見返していってようやく、共通点と独自性が見えてきます。このブハラやサマルカンドは、近くに川が流れるオアシス都市で、緑も多いです。ウズベキスタンは、面白い土産物品が見つかります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む