さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 メキシコ・シティー その9

2017年03月31日 | 海外旅行
テオティワカン見学を終えてメキシコ・シティに戻ってきて、グアダルーペ寺院を訪れました。

バスの停車位置の関係で、脇道からこの新聖堂を通り抜けて、脇の広場に出ました。



広場からは、旧聖堂の側面が見えますが、傾いています。





旧聖堂の塔の横の隙間は、もともとは建物がつながっていたようです。アステカ建国伝説の説明時に述べましたが、現在のメキシコシティのある場所は、もともとはテスココ湖で、それを埋め立てたもののため地盤が軟弱です。



グアダルーペ寺院の背後には、テペヤックの丘が広がっています。



丘の上には礼拝堂がありますが、残念ながら訪れませんでした。



テペヤックの丘の上への参道は、多くの参拝者で賑わっていました。



階段脇には、グアダルーペの聖母の飾りが置かれていました。



階段の右脇には、「グアダルーペの奇跡」についての像が置かれていました。これには、次のような伝説が残されています。

1531年12月9日、先住民のフアン・ディエゴがテペヤックの丘を歩いていると、目の前に聖母が現れました。その聖母は、「司祭のもとへ行き、この地に教会堂を建てるように伝えなさい」と告げました。しかし、ディエゴが懸命に説明しても、司祭は彼の話を一向に信じようとはしませんでした。そんな彼のもとに再度聖母が現れ、12月の時期には咲くはずのないバラを与えました。ディエゴはバラをマントに包み、再び司祭のもとへ。彼が司祭の前でマントを広げると、マントに褐色の肌を持った聖母が浮かび上がりました。

「グアダルーペの聖母」は、フランスの 「ルルドの泉」 やポルトガルの 「ファーティマ」 と共にカトリック認定の3大奇跡とされています。



右に立つのは、フアン・ディエゴで、聖母が浮かび上がったマントを示しています。左に跪くのは、司祭のようです。



像の周りにはバラが植えられていました。時期はずれなのか、あまり咲いていませんでしたが。



聖堂正面の大広場に移動しました。



聖堂の壁には、「グアダルーペの奇跡」の軌跡についてのレリーフが飾られていました。



正面から見たグアダルーペ寺院の旧聖堂。旧聖堂は、1709年に建設されました。



旧聖堂は傾いてはいますが、入場はできるようです。中には案内されませんでしたが。



丘の上に建つ礼拝堂。



旧聖堂の前には、大きな広場が設けられています。



ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の像が置かれていました。2002年に教皇が訪問した際に、聖母を見たフアン・ディエゴは聖人の地位にあげられました。

ところで、「フアン・ディエゴ」を検索すると、ペルーのリマ生まれで超高音を得意とする現代最高のテノール歌手の「ファン・ディエゴ・フローレス 」がヒットします。フアンは、聖ヨハネ、ディエゴは聖ヤコブのスペイン語形なので、スペイン語圏では一般的な名前なのかもしれません。



旧聖堂が傾いてしまったため、1976年に新しく建てられたのが、新聖堂です。円形の独特の形をしています。



広々とした新聖堂は、2万人を収容できるといいます。中南米のキリスト教信者は、メキシコを訪れた際には、必ずこの寺院に参拝するといいます。



聖堂の奥に、「グアダルーペの聖母」が飾られているのが見えました。丁度ミサが始まったところだったので、近寄ることはできないのかと思ったのですが、思わぬ仕掛けが施されていました。



地階に下ると、「グアダルーペの聖母」の下に見学通路が設けられていました。信者が立ち止まらないように、動く歩道が設けられていました。



「グアダルーペの聖母」を良く見ることができました。伝説を知っていても、絵具で描いたものだろうと思ってしまいますが、ヴァチカン公認の軌跡ですので信じることにしましょう。



バスに戻り、これでマキシコシティの見学は終了し、メリダへ移動するために空港に向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 メキシコ・... | トップ | さすらいの風景 ウエホツィンゴ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2017-04-02 17:03:36
大学の壁画が興味深かった。
大学を見学できるというのもオープンですね。
ちゃんと歴史を踏まえた壁画になっている。
先日に秋田に行ったとき秋田国際教養大学に寄りました、秋田の歴史の紹介や秋田杉を使った和傘デザインの図書館が印象的だっとことを思い出しました。
大学見学 (さすらい人)
2017-04-05 18:08:24
海外だと、オックスフォードやケンブリッジなど、観光で立ち寄ることになる大学も多いですね。日本だと、北海道大学のポプラ並木とクラーク像くらいでしょうか。大学付属の展示室などでは結構面白いものがあるのですが、宣伝をあまりしていないのが残念です。たとえば、後に日本美術館の重鎮となった学生たちの卒業製作作品を展示する東京藝術大学大学美術館、拷問器具が見られる明治大学博物館、日本歯科大学新潟校の「医の博物館」など機会があったらのぞいてみると良いですよ。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事