ザ・マイケルブログ!

ちわ、マイケルっス! 独立党関連のネタ、桜の開花とともに次々と暴露していきたく存じます。

◆ リチャード理論って何でしょう? ◆

2017-05-16 21:30:56 | リチャードコシミズ

 

 Hello、皆さんーー連続してた夏日が突如としてやや寒日和に変化したここ数日の気象事情の下、いかがおすごしでしょうか?

 今回のは、非常に軽めの記事であります。
 エッセイみたいなもんっていっちゃってもいいかも。
 あのね、昨日例によって深夜風呂につかっていたら、急にこう閃いたの。
 うーん、なんちゅーか、RKの「工作員認定」っていうアレは、
 要するにRKの嫌われまくりの人生の、RKなりの反撃でありリベンジなんじゃね?  と。

 あの小狡い親父(リチャードさんのこと)は、結局どこいっても嫌われるわけですよ。

 ムサシ〇〇カイ勤務でも嫌われた。
 アー〇〇ク勤務でも嫌われた。
 独立党を新装開店したら味方のはずのお仲間たちにもたちまち嫌われた。
 実の姉からも、元妻からも、嫌われはじかれ人生ってそりゃあハードだよねえ~(-_-;)

 通常の神経じゃこういう状況で生き延びてくのは辛いっしょう。
 そこで苦闘の末RKが生み出した手口が、

 「自分にはなんの落度もない」
 「嫌われるのは自分が優秀であり、その優秀さを恐れた周囲が、自分を潰そうとしている」
 「自分は嫌われてない、それは自分の優秀さを恐れ嫉む迫害者の攻撃行為の、あくまで側面的外貌にすぎない」

 といった現実世界の秤の完全な放棄だったんじゃないだろうか?

 で、はじまったのがRKのいわゆる「反省しない人生」ね。
 リチャード理論はそこから生まれました。
 反省しちゃったら自分の価値がゼロになるから、反省は一切タブーなわけ。
 悪いのは常に自分を嫌う側であり、
 その相手が迫害してくる理由を無理くたこねだした「妄想体系」が、要するにリチャード理論とか称するものの核なのよ。

 ま、結局のとこ、自己正当化のための居直り理論ですわ。
 心理学的にいうなら、強度のナルシズムが根本の原因でしょう。
 出生理由がもともとこんだけの下らなさだから、時を経て、多くの賛同者を得るようになった現在も、やっぱりRK理論は下らない。

 これは僕、RK理論の表層を彩っている、いくつかの真相情報(911とか311とか)のことをいってるんじゃないので念のため。

 僕がいってるのはRK理論の生まれた動機、そもそもが自己欺瞞から生まれたものでしかないこんな偽りの非合理な詭弁体系が、
 ネット上の一部でいまだもてはやされている現況を憂いてるわけですよ。

 そもそもが自己弁護のための体系だから、自己否定者はすべからく「悪」であり「敵」であり、
 ただ単に嫌われただけって常識的な解釈は、特に「絶対に認めてはいけない」秘密条項指定になってます。

  嫌われた=✖

  攻撃された=〇

 かくして際限なき敵を量産していく、リチャードコシミズの工作員認定の壮大な旅がはじまったのです。
 ひとさまの人生についていちいち口を挟もうとは、僕は思いません。
 でもリチャードさん、この自己弁護のための膨大な労力、僕は、ものすご~く不毛だと思います。

 なんだ、結局、いちばん騙したい対象はご自分だったのね。
 社会悪と闘うスーパーマンってのが、いまいちばん信じたい自分像ですか?
 どうです、どこまでその自己設定を信じこめました?
 その素敵な自己欺瞞を、100パーセント信じきったまま安らかに逝けそうですか?

 まあせいぜい精進されてください。
 あなたはあなたの道を行けばいい。
 僕等も僕等で勝手にやりますーー。

     マイケル

 
 というクチコミを昨夜何気にブログにUPしたら、あの新藤氏から翌朝、返信のクチコミがありました。

   マイケルさん
 (新藤)2017-05-16 11:59:46
   そ、それを裸の大将放浪記って言うんだなー

 個人的にこれ非常にウケたので、えいや! ってその受け答えをそのまま記事にしちまいました。

                ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 まあ、これはあくまで僕の主観にすぎない意見なんだけど、
 この件、あなたはどう思われますーー?
 僕は、リチャードさんの用いるコトバのひとつひとつから、異様に攻撃的な「憎悪臭」を常に感じてました。
 代表的なとこでは、たとえば「ユダ金」ーーこれ、ユダヤと第一線の世界金融勢力とを強引にひとくくりにしちゃった、
 リチャードコシミズのセンス満載の造語なんだけど、どうですか、これ?
 言葉の裏からこっちを睨んでるリチャードさんのゴンタ顔が見えるようなきっついニュアンス、きっちしこもってるでしょ?
 あと、憎悪の背後に澱のように漂ってる、そこはかとない侮蔑の気配にもご注目…。

 最近使いだした「朝鮮悪」って造語は、さらにひどい。
 これ聴いてRKブログから離れていったってひとを僕は3人知ってます。
 それくらいこれひどい言葉だよーーRK言説に興味もって耳を傾けてくれたひとをいきなし突き放すような、
 こんなヘイト感まるだしの差別言語を、なぜ、いまになって使わなくっちゃいけないの?

 催眠効果の薄れた党員の大量離脱でパニクっちゃってるのかな?

 寄付金暮らしの安楽が崩壊しそうなのが怖いのかな?

 それとも、ブレーンがみんな離れていって、本来の生のままの自我がいよいよ剥きだしになってきたせいかな?

 理由はさだかじゃないけど、僕は最近のリチャードさんの動画をたまに見ると、
 なんともいいようのない不潔な嫌悪感にどうしても駆られてしまう。
 わあ、厭だなあ、と理窟以前に本能で感じちゃう。
 本能って理窟より雄弁だからね、独立党を離脱したひとは、みんなこの種の嫌悪を経験してるんだと思います。 
 ここ最近のRKブログのコメント数の激減も、この事実を証明してる。
 いよいよみんな気づいてきたんですよ、リチャードさんが正しいひとなんかじゃなかったんだって……。

 僕にいわせるなら、いま現在の独立党に踏みとどまってるお人らは、ほぼ全員完璧無比なカルトです。
 どうして「朝鮮悪」なんて野蛮な差別語をそんなにヘーゼンと聴いていられるの?
 当ブログにおこしの方なら、あの独立党在籍中のしろまじょ氏のあのコメ読んだでしょ?
 あれ読んで、あれが世直し団体にふさわしいメッセージだと、あなた、心からそう思いましたか?
 あと、正義さんーー「元気ですか~」さんからの指摘のコメ、ちゃんとしっかり読みはりましたあ?
 あれであなたの生半可知識はすっかり蹴散らされちゃったわけだけど、そのことについてアナタ、どう思ってます?
 CHORYOさんの訴訟のほうこそまっとうなものであって、
 RKのいうスラップ訴訟こそ出鱈目な抵抗煙幕であるって、あれだけでもうほとんど証明されちゃってるじゃないですか。

 あなたがた、ほんとにそれが見えないの…?

 いずれにしても独立党の季節が終わりかかっているのは、もはやどうにもならない厳粛な事実です。
 仮にこれが3年くらいまえのことだったら、僕等ごときじゃこんなことはとてもやれなかった。
 僕等はアリンコのごとく蹴りとばされ、とうに波濤に没していたでありましょう。
 でも、僕等は没してない。
 没しかかっているのがどっちかは、いまや誰の目にも明らかでしょう。
 4.2の花見でも、4.18の池袋署でも、そうして5.6の池袋西口交番でも、
 リチャードさんはシャブチューのはずの僕等を、ポリスにひとことも申告しませんでした。
 申告する気配すら見せなかった。
 いつも通りの罵言を投じながら、ときどき怯えた小動物の目になって、その部分だけ注意深くすり抜けようとして。
 しかも、僕等が覚醒剤検査を受けるといったら、そういうことは望んでいない、ときたもんだーー!!!

 本当をいうなら、この時点でもうリチャードコシミズなんて、とっくに終わってるんだよ。
 知らぬは独立党員ばかりなり……。

 工作員シャブチュー説は、リチャードコシミズの妄言であり、根拠のかけらもない真っ赤なうそでした
 とするとーー彼のほかの言説も、ねえ、これとおンなじようなうそかも分からない、と考えるのがいちばん自然な流れじゃないですか?
 時代が、いよいよリチャードコシミズの淘汰を開始したんです。
 時代っていつの世でも、もっとも残酷なプロデューサーですから。
 リチャードコシミズの没落と引退は、思いのほか早くなるだろう、と僕はいま静かに思っていますーー。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ 恐怖の<しろまじょ>恐喝... | トップ | ◆ CHORYOさんへの手紙 ◆ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
分かりやすい反コシミズブログ (第三者)
2017-05-17 06:33:36
楽しく拝見させて頂いています。
ブログ記事がほぼ「反コシミズ」に特化されてるのでわかりやすくて大変良いと思います。CHORYOさんの紙幣の不思議2も反コシミズの記事がの時は熱心に読んでいましたがそれ以外の市民活動等は失礼ながら興味を惹かれる内容ではなかったので余り見なくなりました。ブログ更新もいつの間にか止まっていました。
マイケルさんには出来れば反コシミズの急先鋒として反コシミズに特化した内容で続けて頂ければと希望します。
(影ながらの応援で恐縮です。)
ダ・カ・ラ!🐗 (星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき)
2017-05-17 07:49:51
ダ・カ・ラ!大将~!そろそろ宇宙人とか

ツチノコ、心霊路線で行かないと!


星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき
ナルシズムの極致 (あかね)
2017-05-17 09:20:36
>超短編小説「猫角家の人々」その64

※ Kは、朝鮮悪が組織的に保険金殺人事業を繰り広げていると看破した。←自分をスーパーマンであるかのように自慢げに言う。この手の自慢は通常忌み嫌われる。それに聞き手が納得のいく自慢ではないのだから、なおさらである。

※ 自分の親族を殺して大金を手にした朝鮮悪メンバーは、何もかもバレて死刑になるのではないかと恐れおののく。自暴自棄になって、シャブを打ちまくる。打ち過ぎて死にでもしたら、他のメンバーに動揺が広がる。←仮想の敵(善良な一般人)を想定し、頭の中でサディスティックな妄想を膨らませる。自分以外は、品性下劣で金に汚く無能な人物であるかのように徹底的に文章で叩きのめす。支援者でさえも褒める事はない。支援者にキャラクター設定はしない。「Kら」「K達」と表現。小説魔界にもKの協力者、友人、ただの一人もキャラクター設定はされていない。このような小説は珍しい。

>心理学的にいうなら、強度のナルシズムが根本の原因でしょう。

その通りです。このようなタイプの人は、一般社会では絶対に受け入れられません。
まのさん、いいねえ! (Unknown)
2017-05-17 09:44:28
うん、コシミズ教祖が寄付金みんな返して、
工作員認定したひとたちにちゃんと謝罪して、
犬丸みつかさんにきちんと土下座したなら、
愉快なツチノコ路線、僕も案外支持しちゃうかもw
仏法日本国憲法 (豊岳正彦)
2017-05-17 09:53:41
「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
これが宇宙の真理である。
空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

霊長類として読まねばならぬものは文字である。
言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
これは人間の真理である。

すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
親のことばを盗用して使うのである。
これが生物の真理である。
著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

人間だけが文字を使う。
人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

漢字が読めない者は日本人失格である。

数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

武士道即仏道父母恩重経、これが宇宙の真理であるよ(笑)

地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)
Unknown (sinobi)
2017-05-17 10:35:47
ケイイチ・コシミズ独立党 #リチャードコシミズ
リーク (まのしげあきファン)
2017-05-17 12:21:32
ゴロツキ臭漂う、素敵なまのさんを雇う会社なんてあるのですかね~?
きっと瀬戸さんから、お手当もらっているのでしょうねえ~。


相馬は瀬戸弘幸と面識あることや、保守系に知合いがいることを自慢げにコメントしています。
↓↓↓↓
===================

http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1062095513.html
69. Posted by 星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき 2016年11月03日 10:45
あかねさん (星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき)
2017-05-17 15:26:34
あかねさん

エコエコアザラクでは、なかったです。

作風は時代劇で多分 唐の時代辺りの設定

かな?

星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき
ウーン(゜-゜) (星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき)
2017-05-17 15:29:15
謝罪はないでしょう!ホントに謝罪したら

それこそ精神崩壊ですからね。((+_+))
ご声援有り難うございます。🐗 (星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき)
2017-05-17 16:21:04
リーク様ご声援有り難うございます。🐗

瀬戸先生は一度お会いしただけです。


会社には所属しておりますが?


星羽駿圭&萬乃譽晟 まのしげあき

10.1当時在籍していた党員さんたちは今どこに? (あかね)
2017-05-17 16:45:08
萬乃さん

あっ、違いましたか・・・。エコエコアザラクの方がどこかの三文小説より断然面白いですからね。

まのしげあきファンさんのコメントで思い出しましたが、また例のごとく荒唐無稽なことを言ってますね。

猫角66
>朝鮮悪が、これなら絶対、Kを潰せると確信して実行した計画が「10・1襲撃事件」であった。2009年10月1日のことだった。

保守系団体の方から突然やってこられたのなら100歩譲ってこの理屈も通るかもしれませんが、彼らの訪問の目的は、大将がこの方たちを「うつ病」だと言ったことに対しての「抗議」じゃなかったですか?自分の方から喧嘩を売っておいて、これはないですね。支離滅裂です(笑)

うつ病で苦しんでらっしゃる方に対しても配慮がないし、病気でない人を病気だと言うのも、失礼な話でしょう。でも8年前は「うつ病」だってんですね。今は、「シャブ中」にグレードアップ(?)なんだけど。

私だけじゃなく、他の方も大将の言ってることはおかしいと思っているようですよ。当然ですよね

https://twitter.com/zingoroh/status/864615153488101377
@zingoroh
>「10.1襲撃事件」とやらのお膳立てをしたのはK自身だよな。
保守団体の女性たちを誹謗するようなコラ画像作ったんだから。

>K達は、当日夜、事務所に集まり、動画を面白おかしく解説し、ネット中継した。中継は爆笑の連続だった。(by大将)

当時体を張って大将を守ってくれた党員さんたちは今どこに?まさか全員「工作員」として排除してたりはしませんよねぇ。

おーい、どなたか残ってますか?
言いっぱなし (CHORYO)
2017-05-17 20:14:14
シャブ中は歯がボロボロで死ぬ寸前とか言ってますが、1人くらい具体例が欲しいですね。独立党を去った人は全員工作員のはずでしたよね。

あと、保険金殺人が朝鮮悪裏社会工作員の最も触れてほしくない所だから断固追求していくと言ってましたが、妄想小説はあらぬ方向へ。
犬丸さんの保険金殺人はいつ解明されるんだ?
調査もしないでクソ小説書いてんじゃねぇ。
ばかかてめーは。
CHORYOさんへ (マイケル)
2017-05-17 22:29:43
CHORYOさん、コメありがとうございます。

RK独立党のカルト性の動かぬ証拠として、
まるひと月あまり彼等からの悪口コメントを収集していたのですが、
その件であかねさんとCHORYOさんにはずいぶん腹立たしい思いをさせちゃったみたいで、なんか申し訳ありませんでした。

でもね、こういうのって見る人が見れば、あっさり分かるもんだって僕は思ってます。

寸暇を惜しんで下司下司な悪口メール、セクハラメール、ひどいときには嫌がらせ以上の脅迫メールを送りつける集団の、いったいどこが世直ししてるわけ?

子供だって一発で分かるって。
「このお兄ちゃんたちはお金のこと聴いてるのに、どうしてこのひとたちはそれに一言もこたえないの、パパ?」

総論否定は受付けない、なんていってた連中が、目を血走らせてここんところ当ブログにやっていた、論点ズラシの総論否定攻撃には、凶悪を超えてなにか笑えてくる部分さえあります。

党首リチャードコシミズ自身が、なにしろ金の詳細をひとっことも語らないんですからねえ。

こっちは金の行方を問うてるのに、
この工作員が!工作員が! 工作員が! ですもんね。
はっきりいって、これ日本語の問答じゃありませんよ。

僕的にはひたすら「忍」の一か月でしたけど、この晒しによって、まだ残っているまともな党員さんたちに、独立党の真の生地を見せつけてあげられたんじゃないかな、と思っています。

自分の肌で感じた嫌悪の念は、いかなる言葉より雄弁です。
「朝鮮悪!」
「保険金殺人!」
この異様な狂気じみたシュプレヒコールに感覚が麻痺っていた党員さんらに、
はっとした「覚醒の一瞬」を送り届けることーーー

それが、ここひと月あまりの僕等の仕事でありました。

地道なドブさらいみたいな汚れ仕事ですけどね、
効果はしずしずと確実に表れてきています。

独立党軍団が騒ぎ立てれば立てるほど、
こちらの言説は輝きます。
感情的に走りすぎ、「ヤバイ」と思ったリチャードさんは、いまようやく僕等叩きの不利を悟り、
去っていった党員を引き戻すための、
まっとうらしい政治路線に回帰中です w

ただ、惜しむらくはすべてが過去ネタ。
上昇時代の夢よもう一度と本人はやっているんでしょうが、ここまでグチャグチャの楽屋裏さらけだしておいて、いまさら正統派ジャーナリスト復活か? なんていってももはや誰も信じませんよ。

独立党はいまや完全なカルトであり、
その真の実態は、猛烈な下降ベクトルを宿した誹謗中傷集団です。
「正義」をアリバイに、他者を叩くのがなにより気に入ってる連中なんです。
しかも、ネットという狭くて暗いひとりぼっち空間のなかだけで……。

「工作員認定」の筋違いに気づいた連中の何人かは、いずれ「スラップ訴訟」のうそにも辿りつくでしょう。

それ、そんなに遠いことじゃないよ、と僕は静かに思っています。





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。