株式会社イイダアックス 社長日記

こんにちは 長野県の自然豊かな下伊那郡高森町から発信しています

震災後の熊本城

2017年01月30日 | 日記
日本三名城の一つと言われる熊本城を、やっと見に来ることが出来ました。
震度5弱の余震の後、震度6強の本震に見舞われたのが昨年4月17日午後9時過ぎの事。
あちこちの屋根瓦が落ち、石垣は1/3近く崩れ落ち,,,,
奇跡の石垣に寄って持ちこたえた物を見たかったのですが既に補修工事の為の準備工事で覆われて居ました。
近づく事もままならず、ボランティアガイドさんをお願いして見られる範囲を詳しく説明してもらいました。
ぐるっと周りながら説明を聞くこと1時間、奥が深くて全然聞き足り無くて時間が全く足りなかった。
補修工事予定期間が約20年強。
補修工事予算額が現時点で600数十億円以上との事で、多分倍位には膨れ上がるのでは,,,,
2019年にはせめて本丸には最上階まで上がれる様にしたいとの計画だとも。
ともかく崩れた石垣の規模が半端無くて、見れば見るほどただただ驚くばかり。
修復工事では、崩れる前の写真データーと照合しながら、石垣の石を一つ一つ元の位置に元のように積みなおすと言うのだ。
ただ積みなおすだけでも大変な事だと言うのに気が遠く成るとかのレベルではない話しだ。
熊本城の修復工事が終わる20年後に私が生きているかどうかレベルの長い話なのでは有りますが。
はてさて、工事完了後の完璧な姿をこの目で実際に見ることが出来るかどうか,,,,
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本妙寺、加藤清正像、震災の爪痕 | トップ | 小牧空港からの今回の旅 »
最近の画像もっと見る