短歌手控え~題詠blog用

飯田和馬の題詠blog用blogです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

047:蒸(飯田和馬)

2010-06-22 16:02:05 | 題詠
蜜蜂に蒸殺されゆく生き物の複眼に消えた入道雲
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 047:じゃんけん(飯田和馬) | トップ | 048:来世(飯田和馬) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はづき生)
2010-06-28 20:58:57
すずめばちかな。
このところの暑さと、
蒸し殺されるすずめばちと、
入道雲の景色のとりあわせかな。
はづきさんへ (飯田和馬)
2010-07-02 16:52:19
コメントありがとうございます!

ここしばらくこちらは留守にしておりまして、すっかり返信が遅くなってすみませんでした。


そうなんです。スズメバチがひっくり返ってる状況ですね。入道雲は相応しい気がして浮かべてしまいました(笑
「蒸し」から「虫」を思いついたというのはここだけの話ですw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。