飯田祐巳のお料理ブログ♡

飯田祐巳が、こんなお料理作ってみたい!をお届けするブログです♡
お料理は苦手ですが、日々特訓ですっ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飯田祐巳、本日の一品♪【大根1本まるごと使い倒しレシピ】

2017-03-06 12:15:48 | 日記

飯田祐巳です♪♪
大根まるごと一本買う勇気はなかった・・・
大根レシピのレパートリーが増えると助かりますよね♪♪
お味噌汁やお鍋だけじゃないんです!!





何品つくれる?大根1本まるごと使い倒しレシピ!





野菜の値段が高騰している今、狙うべきは「大根」。今まさに旬の、冬野菜の代表格です。大根は1本100〜200円ほどという、何とも嬉しいお値段で手に入るため、節約食材として大活躍ですよね!

さて、「アマノ食堂」では時折思いついたように、「なんでそんなことバカ真面目にやってるの?」という“検証企画”を実施するのですが…。今回は野菜高騰の今、うまく使いたい「大根」を徹底的に使い倒す方法を検証。





テーマはズバリ、「大根1本で何品料理を作れるか?」。ずっしり重い大根をまるまる1本購入した編集部、もちろん、ケチケチせずに食べ応えや満足感もしっかり重視。最終的にはかかった費用もしっかり算出。目指すのは大根尽くしの食卓です!

果たして、何品の料理がつくれると思いますか?レシピと併せてご紹介します!

※今回紹介するレシピは1人分の量です!

過去の検証記事はこちら!
おいしいブロッコリーの茹で時間、ベストタイムは何分!?

「とうもろこしの粒は必ず偶数」って本当? 6時間かけて1粒ずつ数えてみた結果


【1品目】
まずは前菜!エスニック大根サラダ





ホームパーティーや親戚の集まりなど、大勢で食卓を囲む機会が増える年末年始。そんな時におすすめしたい、大人の華やぎレシピがこちら。定番の大根サラダも、エスニックな具材とドレッシングをセレクトすれば、いつもと違う特別な一皿になります。

【かかった費用】
294円

【材料】





・大根…5cm(1/6本ほど)
・にんじん…5cm(1/3本ほど)
・水菜…1束
・ボイルえび…5尾
・ミックスナッツ…大さじ1
・ナンプラー…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・にんにく(チューブ)…2cm
・レモン汁…大さじ1
・塩…小さじ1/2

【作り方】
1. 大根・にんじんは皮をむき千切りに、水菜は5cm幅に切る。
2. 軽く砕いたミックスナッツと調味料を全て混ぜ、ドレッシングを作る。
3. 野菜とボイルえびを皿に盛り付け、ドレッシングをかけてできあがり。


【2品目】
ちょっとおしゃれに。バーニャカウダ





女性に人気のバーニャカウダ。おつまみにはもちろん、来客のおもてなし料理にもぴったり!もちろん大根だけじゃなく、他の生野菜や温野菜を並べても◎。意外と簡単なのに華やかでおしゃれなのがいいですよね。

【かかった費用】
370円

【材料】





・大根…3cm(スライス切りで16枚ほど)
・アンチョビ(缶詰)…100g
・にんにく(チューブ)…3cm
・オリーブオイル…大さじ1
・牛乳…大さじ2

【作り方】
1. 大根を薄くスライスし、お皿(またはカッティングボードなど)に盛り付ける。
2. アンチョビをフォークの背で軽く潰す。
3. オリーブオイル、アンチョビ、にんにくを鍋に入れて中火で火を通す。
4. 沸騰したら火を止めて牛乳を加える。よく混ぜたらバーニャカウダソースのできあがり!
小皿にいれてディップしても、直接かけちゃってもOK。


【3品目】
新食感!大根おろし入り和風オムレツ





大根おろしは「添える」だけじゃありません。たっぷりの大根おろしを卵と一緒に焼けば、食感がとっても楽しいオムレツに!野菜嫌いのお子さんにもおすすめですよ。ちなみに具材はお好みで。

【かかった費用】
465円

【材料】





・大根(すりおろし)…3cm(両手ですくいきれる程度)
・卵…3個
・にんじん…2cm
・干ししいたけ…1株
・鶏ひき肉…50g
・めんつゆ…大さじ1
・油…小さじ1

【作り方】
1. 干ししいたけは水で戻し(戻し汁は使うので残しておきましょう)、にんじんと一緒にみじん切りに。大根はおろす。
2. 熱したフライパンに油をひいて鶏ひき肉を炒める。焼き色がついたらにんじん・干ししいたけ・めんつゆ・干ししいたけの戻し汁大さじ2を加え、3分間弱火で煮込む。
3. ボウルに卵を割りほぐし、そこへ水気を絞った大根おろしと(2)を入れて軽く混ぜる。
4. (3)をフライパンに流し入れ、蓋をして弱火で約3分焼く。
5. 半熟になったら半分に畳み込んで、お皿に盛り付ければできあがり。


【4品目】
濃い味おかず。大根と鶏だんごのはさみ焼き





外はパリパリ&中はジューシーに仕上がる、大根と鶏だんごのはさみ焼き。ヘルシーなのに味付けはしっかり濃いめで満足感は充分。日本酒やワインなど、お酒のおつまみにもどうぞ。

【かかった費用】
336円

【材料】





・大根…2cm (5mm幅にスライスした大根6枚程度)
・鶏だんご(市販のものでもOK)…6個
・油…大さじ1
・片栗粉…大さじ1

<タレ用の調味料>
・砂糖…大さじ1
・みりん…大さじ1
・水…100ml
・醤油…大さじ1
・酢…小さじ1

【作り方】
1. 大根を5mm幅にスライスして、500wの電子レンジで1分ほど加熱する。
2. 鶏だんごを大根で挟んで軽く潰し、片栗粉を叩いて、油を敷いたフライパンで焼く。
3. 弱火でじっくり焼いてつくねに火が通ったら、少し火を強めて焦げ目がつくまで焼く。
4. 両面に焦げ目がついたら、タレ用の調味料をすべて混ぜ合わせて加える。とろみがついたら火を止めて、できあがり。


【5品目】
箸やすめに。大根とさつま揚げの煮物





大根とさつま揚げの煮物は、ほっこり懐かしさを感じさせてくれる定番の味。白いご飯にも合うので、「もう一品欲しいな」なんて時に役立ちます。

【かかった費用】
140円

【材料】





・大根…4cm(スティック状で16〜20本ほど)
・さつま揚げ…2枚
・砂糖…大さじ2
・みりん…大さじ1
・醤油…大さじ2
・ごま油…大さじ1
・鷹の爪…1本
・水…具材がひたひたになる程度

【作り方】
1. 大根は厚さ1cm、幅4cmのスティック状に切る。さつま揚げはタテ5等分に細切りする。
2. フライパンにごま油と鷹の爪を入れて火にかける。
3. 鷹の爪が黒っぽくなったら取り出し、大根を入れる。大根の外側が透き通るくらいまで中火で炒める。
4. さつま揚げを加え、油が全体に回ったら、砂糖とみりんを加えて炒める。
5. 具材がひたひたになるまでフライパンに水を入れ、醤油を加えて中火にかける。煮汁がほとんどなくなるまで煮切ったらできあがり!


【6品目】
お子様にも人気!コロコロ大根の唐揚げ





揚げるイメージがあまりない大根ですが、油で揚げることでジューシーかつヘルシーなおつまみに大変身!フライパンだけで簡単につくれます。そして注目いただきたいのが「かかった費用」。なんと最安値を弾き出しました!お子様から大人まで、ついついお箸が伸びちゃう一品です。

【かかった費用】
40円

【材料】





・大根…3〜4cm(1cm角切りで15〜20個程度)
・油…大さじ3
・片栗粉…大さじ2

<漬け込み用の材料>
・醤油…大さじ2
・砂糖…小さじ1
・にんにく(チューブ)…2cm

【作り方】
1.大根は皮付きで1cm角に切り、電子レンジで1分間加熱する。
2.粗熱が取れたら、片栗粉以外の調味料に10分ほど漬け込む。
3.片栗粉をまぶして、油を熱したフライパンで揚げ焼きしてできあがり。


【7品目】
メインディッシュはこれで決まり!大根ステーキ





肉厚でジューシーな、大根でつくるメインディッシュ。豪快な厚さで輪切りにした大根をフライパンで焼くだけと、調理方法はとてもシンプル。そしてこちらも素敵なお値段。安くつくれるのに食べ応えたっぷりなんて、なんとも素敵なステーキです!

【かかった費用】
57円

【材料】





・大根…5cm(2〜3cmの大根が2つ)
・にんにく(チューブ)…2cm
・油…小さじ1
・醤油 大さじ1
・バター…10g

【作り方】
1.大根は皮付きのまま2〜3cmほどの厚さに輪切りする。表面に格子状に隠し包丁を入れる。
2.電子レンジで1分半加熱する。油を熱したフライパンに温めた大根を並べて、弱火で5分ほどひっくり返しながら蓋をしてじっくり焼く。
3.焼き色がついたら、バター・醤油・にんにくを混ぜ合わせたソースを回しかけ、大根に絡ませたらできあがり。


【8品目】
おろし大根の和風パスタ





千切り、拍子切り、大根おろしと、大根はパスタの具材としてどう使ってもおいしいんです。ランチや軽食にはもちろん、食べ盛りの男性やお子さんのメインディッシュにも!今回は、一番さっぱりとパスタがいただけるおろし大根でパスタを作りました。

【かかった費用】
213円

【材料】





・大根(すりおろし)…3cm
・パスタ…80g
・水菜…1/2束
・ツナ缶…1/2缶(35g)
・酢…大さじ1
・砂糖…小さじ1
・塩…小さじ1/3

【作り方】
1. 大根はすりおろし、水菜は5cmの長さに切りそろえる。
2. フライパンにツナ缶を油ごと入れ火にかけ、大根おろし(汁ごと)、調味料をすべて加えて沸騰させる。1分ほど煮込んだらパスタソースの完成。
3. 茹で上がったパスタに水菜を散らし、ソースをかけてできあがり。


【9品目】
大根の“皮”の塩きんぴら





普段なら考えず捨ててしまいがちな大根の皮(あれば葉も)を使った、目からウロコの技ありレシピ。1本まるごと余すことなく使う検証もついに佳境です。これだけ作ったらすでにお腹も満足ですが、これぞ料理の腕の見せどころ!という一品。

【かかった費用】
48円

【材料】





・大根の皮…100g(千切りにした大根が両手いっぱいになるくらい)
・にんじん…3cm
・大根の葉…3cm
・ごま油…大さじ1
・塩…小さじ1
・酒…大さじ1

【作り方】
1. 大根の皮、にんじんはそれぞれ3cmの千切りに切り揃える。大根の葉はみじん切りに。
2. フライパンにごま油を熱し、にんじん→大根の皮→大根の葉の順に入れ1分ほど炒める。
3. 酒を加えてアルコールを飛ばしたら、塩を高い位置からパラパラとまんべんなく振り、さっと混ぜ合わせてできあがり。

※高い位置から塩をふるのは、全体に満遍なく混ぜ込むため。味のムラが無くなります。
※お好きなハーブ(ローズマリー、タイム、ローリエ等)をふりかけてアレンジしても美味!


【10品目】
最後の最後に…大根とレモンの塩麹マリネ





まだ作れました!10品目めのこちらは、塩麹と合わせた、どんな料理にも合うフルーティーなマリネ。メインディッシュの副菜として、さわやかに食卓を盛り上げてくれます。常備菜としても大活躍!

【かかった費用】
92円

【材料】





・大根…4cm(いちょう切りにして30枚ほど)
・レモン…1/4個
・塩麹…大さじ2
・はちみつ…小さじ1/2

【作り方】
1. 大根は3mm幅の薄切りにして4等分のいちょう切りにする。レモンは1mm程でいちょう切りにする。
2. 塩麹とはちみつ、お好みでハーブ(なくてもOK)をジップロックに入れて30分以上寝かせたらできあがり!


***

結果的に何品の料理をつくれたかというと…

【検証結果】大根1本で10品も料理ができた!





じゃじゃん!
なんと大根1本で10品もつくれました!

大根1本でこんなにバラエティ豊かな食卓ができちゃうなんて驚きの結果ですね。テーブルに並べてみたら圧巻…大根尽くしの食卓の、できあがりです!


〜大根1本まるごとレシピまとめ〜

【1】エスニック大根サラダ:294円
【2】大根バーニャカウダ:371円
【3】大根おろし入り和風オムレツ:465円
【4】大根と鶏団子のはさみ焼き:336円
【5】大根とさつま揚げの煮物:140円
【6】コロコロ大根の唐揚げ:40円
【7】大根のステーキ:57円
【8】大根の和風パスタ:213円
【9】大根の塩きんぴら:48円
【10】大根とレモンの塩麹マリネ:92円


さすが安価な大根。ボリューム満点の大根づくし10品で、かかった費用は合計2056円と、信じられないほどリーズナブル!

今回紹介したレシピはどれも簡単なので、ぜひお試しあれ。旬でおいしく、お財布にもとっても優しい大根。今度スーパーで見かけたら思い切って1本丸ごと買ってみては?





ステーキにオムレツ!唐揚げまでええええ!
美味しそうです!
サラダやマリネだけじゃないんだな~
勉強になります!!!
次は大根まるまる一本買っちゃおうと思いますー!!
以上!!飯田祐巳でした~!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯田祐巳、本日の一品♪【クリ... | トップ | 飯田祐巳、本日の一品♪【ふわ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。