ある大学教授の思い

ある女子大学で情報、統計、ファイナンスなどを教えております。気がついたことなどまとめてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パフューム

2007年03月05日 10時13分47秒 | Weblog
http://iiaoki.jugem.jp/


パフューム Perfume
 舞台は18世紀のパリ、究極の香水を作るためのある男の物語である。昨日、3月3日に公開された映画は日本名では『パフューム ある人殺しの物語』となっている。映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーンが話題となっているが、裸を露出しているにもかかわらず、映倫からは何ら指定を受けていない。この映画の画面と物語の芸術性の高さを示しているのかもしれない。

Perfume

 内容は究極の香りを追求する主人公の禁断の行為を描いた物語で、世界45か国で発売されて1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化したものである。
*映画:http://perfume.gyao.jp/
ジャンル:
文化
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松坂投手の初登板 | トップ | 「おふくろさん」の争い »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
私の愛した本たち (私の愛した本たち)
元・本の虫が紹介する役に立った本とかなんとか