Linuxで始めようPCオーディオ ~Ubuntu Studio編~

「ウインドウズ」なんて蹴っ飛ばせ!!
あなたも「Linux」で、PCオーディオ始めませんか??

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sambaサーバーを設定しよう。

2015年05月24日 06時29分34秒 | オーディオ

ウインドウズPCとLinux PCで家庭内LANを経由して、
ファイルの共有をする仕組みに
「Sambaサーバー」と言うのがあります。
これは、LAN経由でファイルを転送できて便利ですので、
ぜひ、インストールしておきましょう。

「◎」-「Ubuntuソフトウェアセンター」と進みます。
「ソフトウェアセンター」が開きますので、右上の検索窓に「samba」と入力します。
「UNIX用SMB/CIFSファイル、プリンタ、認証サーバー」と「Samba」と「GADMIN-SAMBA」を
インストールします。
インストール時にパスワードを聞かれますので、
Ubuntu Studioをインストールした時に設定したパスワードを入力します。
なお「追加のアドオン」には全てチェックを入れておいたほうが良いでしょう。

全てインストールが終わったら、一旦、Ubuntu Studioを再起動かけます。
Ubuntu Studioの手動再起動方法は、画面右上すみの「ユーザー名」を
クリックすると「再起動」が選べます。

では、Sambaの設定をします。
ウインドウズPCと共有したいフォルダを右クリックして
「プロパティ」を選びます。
「アクセス権」タブをクリックし、
「アクセス権」と「それ以外の人達」を「読込と書込」を選びます。

「◎」-「システム」-「Samba」と進みます。
この時「エラー」が出る場合があります。
「コマンド gksu system-config-sambaの実行に失敗しました」というものです。
でも焦らないでください。
エラーが出たら「◎」-「ターミナルエミュレーター」とすすみ、
ターミナルが開きましたら、


$ sudo apt-get install gksu


と入力します。パスワードを聞かれた場合は入力します。
「Y/N」と聞かれた場合は「Y」を押します。

気を取り直してもう一度
「◎」-「システム」-「Samba」と進みます。
パスワードを聞いてきましたら入力して「OK」です。
「Sambaサーバー設定」と言うウインドウが出ます。
「+」をクリックして「ディレクトリ」の右にある「閲覧」をクリックします。
「ファイルシステム」-「home」-(ユーザー名)と進みますと、
ユーザー名で管理している
「ダウンロード」「ピクチャ」「ミュージック」「公開」その他
などをウインドウズPCと共有できます。
「OK」をクリックします。
画面が戻って「ディレクトリ」に「/home/ユーザー名」が入りました。
「共有名」も自動的に入ったと思います。
「記述」の項目は入力は任意です。
「書き込み可能」と「可視」にチェックを入れます。
「アクセス」タブをクリックし「誰でもアクセスを許可する」をクリックします。
「OK」で閉じます。
「プレファレンス」-「Sambaのユーザー」を選びます。
たぶん、ユーザーには何も入っていないと思います。
「OK」で閉じます。
ユーザーに何か入っていても無視して大丈夫だと思います。
「プレファレンス」-「サーバー設定」を選びます。
「ワークグループ」はウインドウズPCと同じワークグループ名を入れます。
標準では「workgroup」です。
このワークグループ名がウインドウズPCと同じでないと
ファイル共有が出来ませんので、気をつけて下さい。
「セキュリティ」タブをクリックします。
「認証モード」を「共有」にします。
「暗号化パスワード」は「はい」のままで、
「ゲストアカウント」は「ゲストアカウントなし」で大丈夫です。
「OK」で閉じます。

これで、「Samba」の基本的な設定は終わりです。
「◎」-「ターミナルエミュレーター」を開き


$ sudo initctl restart smbd


と入力します。

ウインドウズPCのほうから、Ubuntu Studioの
共有設定したフォルダが見えるか確かめてみます。
ウインドウズ7でしたら、「スタート」-「コンピューター」と進み、
ウインドウの左の「ネットワーク」をクリックします。
ウインドウの中で右クリックして「最新の情報に更新」をクリックしてみます。
Linuxマシンが見えるはずです。
アイコンをクリックすると、共有フォルダが見えるはずです。
共有フォルダを開き、何かファイルを適当にコピーしてみてください。
コピー出来れば成功です。

「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」などと出た場合は、
キャラクターユーザーインターフェイスでの確認が
必要になるかも知れません。
(ここでは、その点については触れません)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まず「root」の設定をしよう。 | トップ | Team Viewerをイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。