上海ビジネスブログ

世界経済を牽引するアジア最大の都市、上海。
上海で手がけている仕事、リアルな生活をお伝えします!

アジアンマーケットの変化

2017-06-08 11:06:54 | ビジネス/プロジェクト

仕事はマーケットに左右される。

建築や商業施設などの場合は、

発展していて施設が足りない場所には

その状況に応じて数々の開発計画が立ち上がる。

 

例えば中国の田舎町では商業施設がまだまだ足りない。

田舎町といっても中国の場合は100万人の都市になる。

その人口と需要は非常に多い。

当然その発展状況に応じて、

求められるもののレベルは変わる。

ネットショッピングが旺盛な中国でさえ、

地方ほどまだまだ物が必要で、

従来型の商業施設が必要な状況だ。

 

その中国を含めて、

熱帯でリゾート地が多い東南アジアでは

特に観光業界のマーケットは伸びしろが大きい。

中国の富裕層含め、マレーシアやインドネシアなどの

巨大なマーケットが物売りからサービスへとシフトしている。

 

旅行や観光産業は他の地域からの流入人口が多いので

他の地域からのアクセスやその立地自体の魅力が

将来のポテンシャルへと直結する。

 

翻って日本を状況を見ると

・遠い東南アジアからの距離

・日本語対応基本

・現金のみの対応の土地も多い

・宗教や食習慣への対応も未整備

などの状況は日本人から見て魅力的な場所ほどよく見られる。

開かれてきてはいるがまだまだ未開拓だ。

 

逆にそれが観光の魅力になっている部分もある。

 

そういうことから考えても、

逆にお客様が来るために、言葉やカード対応のインフラをしっかり整えれば、

日本の本当に魅力的な文化や景観、文化を持つ街は

本当の隠れ家的魅力を持った街になり得るし、

特別な体験をするために訪れる価値を持つ場所になり得る。

 

東南アジアで爆発する観光マーケット。

その中でもひっそりと魅力を放つ特別な場所。

そこに日本の魅力のポテンシャルが隠されている。

 

井口崇

NED Consulting

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住む場所が変わればチャンス... | TOP | 香港で感じる閉塞感とグロー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。