白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

本日の対局

2017年11月09日 23時59分59秒 | 対局
皆様こんばんは。
本日は石倉昇九段と対局しました。
棋譜は珍しく幽玄の間で中継されました。

石倉九段は私が初めて対局したプロです。
碁を覚えて1年ぐらいの頃、何かのイベントで多面打ち指導碁を受けました。
4子局で、何か手筋を決めて勝った記憶がありますが・・・。
今振り返ると、そんな置石で勝負になる筈がありません。
しかし、当時の私は無邪気に喜んだでしょうね。
プロを目指すターニングポイントの1局でした。



1図(テーマ図)
私の白番、黒△と打たれた場面です。
ここまで後悔する手が1手ありましたが、概ね上手く打てているつもりでした。
白優勢です。
ここで白Aなど、孤立した白△を補強していれば逃げ切り濃厚でしょうが・・・。





2図(実戦)
放っておいてもなんとかなるだろう、と白1以下左下隅を荒らしに行ったのが貪りでした。
黒12までとなって、はじめて事の重大さに気が付きました。
白△からの3子がすっきり脱出できない上に、左上白一団の死活もぎりぎりです。





3図(実戦)
結果は、秒に追われてのミスもあり、小さく生かされた上に黒Aの取りまで残る大惨事に・・・。
こんなことになっては逆転ムードです。
しかし、黒にもヨセのミスがあり、最後は幸いしました。

囲碁十訣という、囲碁を打つ際の心構えをまとめたものが古来からありますが、その中に不得貪勝というものがあります。
貪りは禁物ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評・第12回 はじめての詰碁 | トップ | AlphaGo Lee対Zero 第7局 »

対局」カテゴリの最新記事