白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

やさしく語る 布石の原則

2017年08月20日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
本日行われたアマチュア本因坊では、高校2年生が優勝しました。
芝野虎丸竜星といい、若い世代の活躍は目覚ましいものがありますね。

さて、本日は出版間近となった新刊のPRを行います。



前作「やさしく語る 碁の本質」の続編です。
タイトルも装丁もそっくりですね。
前作は主に中盤戦を扱いましたが、本書は布石がテーマになります。
内容は独立しており、どちらか片方だけご覧頂いても理解できるようになっていますが、両方ご覧頂ければ序盤から中盤までの線がつながるでしょう。
それでは、本書の構成の説明に入りたいと思います。

〇序章「本書の内容と活用法」
導入部分です。
19路盤の広さ・自由度を再確認して頂くような内容になっています。
俗に「布石はどう打っても1局」と言いますが、基本的な考え方を身に付けていることが前提です。
本書は、読者の皆様に基本的な考え方を身に付けて頂き、自然な布石が打てるようになって頂くことを目標にしています。

〇第1章「勢力圏を意識する」
布石での具体的な考え方を学ぶ前に、そもそもどういう布石を打てれば成功なのかを知る必要があります。
キーワードは勢力圏です。
布石は一言で言えば勢力圏争いであり、それに勝った方が有利な中盤戦を迎えることができます。
本章では勢力圏とは何かということと、その重要性について解説しています。

〇第2章「勢力圏争いに勝つ」
本章では、勢力圏争いに勝つための具体的な考え方を、3つの「原則」としてまとめています。
前作と同様、考え方をパターンとして身に付けて頂くことが狙いです。
いつでもこの考え方ができるようになれば、細かい技術が足りなくても、石が自然と良い所に向かうようになるでしょう。

〇第3章「確認問題1」
練習問題です。
第2章で学んで頂いたことを、実戦形式で練習して頂きます。
教えを受け取るだけでなく、自分の頭で考えることが上達への近道です。

〇第4章「勢力圏への入り方」
本書では、まずは第2章、第3章の内容をしっかりと練習して頂くことが大事です。
今までできていなかった方であれば、それだけで十分と言っても良いぐらいです。
ですが、そこまでの内容が身に付いた方には、上級編として新たな考え方を学べるようになっています。

それが「勢力圏への入り方」です。
実際の対局では相手もいることですから、勢力圏争いに勝てないことがあります。
そんな時は、相手の勢力圏に入って行くことも必要になります。
そのためにはどんな考え方で着手を選べば良いのかということを、これも3つの「原則」としてまとめています。

〇第5章「確認問題2」
練習問題です。
第4章で学んで頂いたことを、実戦形式で練習して頂きます。
上級編なので一部高度な内容も含みますが、理解が難しそうであれば飛ばして頂いても構いません。

〇第6章「布石紹介」
第5章までの内容をしっかりと練習して頂ければ、布石の考え方は身に付くようになっています。
ただ、考え方を学ぶだけでは、実際の布石の流れをイメージし難いかもしれません。
そこで、三連星や中国流などを題材に、布石のお手本を示しています。

〇第7章「実力テスト」
出ました、実力テストです(笑)。
ただ、今回は布石という分野の性質上、正解の幅が広くなっています。
私と全く同じ答えである必要はなく、ゲームと思って楽しんで頂ければ幸いです。

〇第8章「知識編」
前作では序章に用語集が入っていましたが、今回は最終章である本章に入っています。
また、今回は覚えておくと役に立つ定石や定型もご紹介しています。
本書の内容とも関りが深く、まずこの章からご覧頂いても良いでしょう。


以上、序章+8章の構成となっています。
多少の違いはありますが、前作とほぼ同じ構成と言って良いでしょう。
構成や文章など、大半を私が手掛けているところも同じです。

布石の考え方は漠然としたものになりやすく、本作をまとめるにあたってはかなりの苦労がありました。
当初は布石の全てを説明しようとしていたのですが、気が付けばかなりの難易度に・・・。
これでは単なる自己満足になってしまうということで、最初から作り直しました。

読者の皆様に対局で役立てて頂くことを考えると、シンプルであることが一番です。
そこで、結局は前作の形式に落ち着きました。
メインターゲットは1桁級の方ですが、2桁級の方や有段者の方にも参考にして頂けるのではないかと思っています。

私も苦労しましたが、原稿の遅れで関係者の方には多大なご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫びしたいと思います。
その代わり、本書は私としては満足の行く出来になりました。
多くの方に活用して頂ければ幸いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見本到着 | トップ | 石の強弱 »

著書」カテゴリの最新記事