白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

情報量

2017年10月06日 23時59分59秒 | 囲碁について(文章中心)
皆様こんばんは。
本日は指導碁の後の手直しの方針についてお話しします。

置碁のした手は、うわ手から見れば数多くの問題手を打っています。
ですが、それを片っ端から指摘すれば良いというものではありません。
むしろ、いかに情報量を減らすかが重要になります。

指導で最も大切なことは、した手の課題はどんなところにあるのか、今後強くなるためには何をすれば良いのかをお伝えすることです。
1局の碁にどうすれば勝てたかを知ることは、その後の上達に関してはさほど重要ではありません。
敗着探しに拘ってしまうと、むしろ雑多な情報に埋もれ、本質的な課題が見えにくくなってしまうでしょう。

私は著書でもこの点を強く意識しています。
極力情報量を減らし、上達のために重要なことだけが見えるような構成を目指しました。

さて、ここまでは私の指導者としての姿勢をお話しした形ですが、これらは受け取る側のあるべき姿勢にもつながると思います。
皆様が指導を受けた際、全てを持ち帰る必要はありません。
ここが重要というところを1つか2つ持ち帰って頂ければ十分であり、細かいことはすべて忘れて構いません。
細かいことまで覚えようとすると、本質を見失ってしまうことはありがちです。
情報量の多さに惑わされず、常に本質を意識して頂きたいですね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 囲碁と年齢 | トップ | 阿含桐山杯結果 »

囲碁について(文章中心)」カテゴリの最新記事