白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

囲碁アイドル&書評・第13回 どん底名人

2017年11月11日 22時09分38秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日は永代塾囲碁サロンにて、講座と指導碁を行いました。
毎月第2土曜日が指導日となっています。

最近、永代塾では囲碁アイドルなる企画を始めたようですね。
囲碁初心者のアイドルが毎週成長していく様を、ファンが見守るというものです。
ある意味では、NHKの囲碁フォーカスに似ている気もしますね。
あちらも聞き手にはあまり強い人は採用しておらず、読者と一緒に学んでいくような形になっています。
前任の戸島花さんは、最終的には見事初段になって卒業していきましたね。

ただ、囲碁フォーカスは講座なので視聴者が主体ですが、囲碁アイドル企画においてはアイドルが主体です。
早い話、碁のルールを全く知らない方でも、まず視聴から入る可能性があるわけですね。
従来は囲碁のルールを覚える→番組を楽しむ、という流れが基本でしたが、逆の流れも期待できます。
企画の名前だけ見ると軽いイメージを受けますが、講師陣も囲碁に打ち込んできた方ばかりなので、囲碁自体を軽く扱うことは無いでしょう。

新しい試みだけに、成功するかどうかは未知数です。
正直なところ、商業的には厳しいのではないかとも思っていますが・・・。
しかし、意欲的な試みは応援したいですね。
成功するか分からないチャレンジは、なかなか我々の組織ではできないことです。



さて、本日は発売されたばかりのどん底名人をご紹介しましょう。
タイトル獲得数35の大棋士、依田紀基九段がこれまでの人生を自らの手で振り返る、一種の自伝のようなものかもしれません。
ただ、ゴーストライターを使わず、依田九段自身が文章を書いていることもあって、深い所まで踏み込んだ内容となっています。
自身の欠点や失敗がこれでもかというぐらい書かれており、依田九段の本気度が伺えます。
本書を遺言と称するだけありますね。
本日購入して、一息に読み終えました。

囲碁界は極端に実力重視の世界であり、そこに生きる棋士は世間一般の人々とは違った常識や感覚を持っています。
近年は加藤一二三九段を筆頭に、将棋界の方に突き抜けた方が多い印象ですが、かつては囲碁界も負けて(?)いませんでした。
古くは呉清源九段や藤沢秀行名誉棋聖など、そして現役の棋士なら例えば・・・おっと、それはやめておきましょう(笑)。

ともかく、破天荒と言われる棋士は多かったのです。
しかし、それはあるいは依田九段が最後になるかもしれません。
その下の世代では、一見すると普通に見える棋士が多くなりました。
囲碁界だけでなく、世の中全体が変わったのでしょう。

ところで、依田九段は物凄い記憶力を持っていることでも有名です。
子供の頃の会話や食事メニューなどを、何故克明に思い出せるのでしょうか・・・。
碁以上に才能の差を感じます。
依田九段の記憶力は、本書の執筆にも存分に生かされたようです。
自身のことはもちろん、他の棋士などのエピソードも語られており、興味深いところです。
例えば、先に挙げた藤沢名誉棋聖は数々の逸話を残していますが、多少は尾ひれがついているだろうと思っていました。
しかし、依田九段が語ることで、真実味を帯びてきますね・・・。

依田九段は、本書を通して自身の子供たちに語りかけています。
自身の経験を次世代の役に立てたいということで、これは確かに「遺言」です。
成功体験も失敗体験もとてつもなく大きく、読者は人生にはこんなこともあるのかと驚かされるでしょう。
こればかりは、普通の人には決して語れないことですね。

ただ、1つだけ突っ込みたいのですが・・・。
本書は、子供に読ませるには手加減の無い表現が多くありませんか?
そこもまた依田九段らしいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評・第12回 はじめての詰碁

2017年11月08日 23時59分59秒 | 書評
皆様こんばんは。
明日は棋聖戦挑戦者決定戦が行われます。
一力七段が勝って挑戦権を獲得するか、山下九段が勝って次局に望みをつなぐか?
注目の大一番ですね。

さて、本日はこの本をご紹介します。



以前、「ひと目の詰碁」をご紹介しましたが、本書はさらに解きやすい難易度になっています。
多くの問題が1手で解決するので、最近ルールを覚えたばかりという方でも大丈夫です。
もちろん、間違えてしまうこともあるでしょうが、正解を見れば納得できるものがほとんどでしょう。

2桁級の方々がまず覚えるべきことは、石の生き死にです。
難しい死活が分かる必要はありませんが、2眼で生きる感覚や、眼と欠け眼の区別をしっかりと身に付けておかなければいけません。
本書の問題を見た瞬間に答えが浮かぶよう、繰り返し解いて頂くと良いでしょう。

本書が簡単と感じられるようになったら、同じシリーズの「やさしい詰碁」、「初段になれる詰碁」にステップアップしていくと良いでしょう。
無理をして難しい問題を解こうとすると、楽しみよりも苦しみが大きくなってしまいます。
詰碁の勉強は難しいものという先入観は捨て、楽しみながら上達して頂きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評・第11回 石の形 集中講義 完全版

2017年11月02日 23時59分59秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日は棋士の手合日でした。
幽玄の間でも多くの対局が中継され、その中には杉内夫妻(97歳、90歳)の対局も含まれていました。
残念ながら両者ともに敗れましたが、最後まで戦い抜いていたのは流石です。
皆様もぜひご覧ください。

さて、本日は書籍をご紹介します。
今回ご紹介するのは「石の形 集中講義 完全版」です。
原作が出版されたのは2006年であり、完全版は2012年です。
ということで、残念ながら現在は絶版になっています。

ですが、電子書籍版が出ているので、そちらは現在でも購入できます。
本書は352ページという超ボリュームなので、むしろ電子書籍版の方が扱いやすいかもしれませんね。
良い時代になったものです。
なお、マイナビの商品ページはこちらです。

さて、本書は表題通り石の形に特化した内容となっています。
私も常々お伝えしている通り、石の形は非常に重要です。
読みの力などと同様に、上達のためには欠かすことができない、土台となる分野なのです。
土台がしっかりしているかどうかで、上達のスピードは何倍も違ってきます。

本書の構成は、石の形を裂かれ形2目の頭空き三角などのパターン別に分類し、その良し悪しや何故そういった形ができるのかを解説していく形になっています。
この何故を知ることが非常に重要なのです。
形の名前やパターンを知っていても、実戦で出来上がり図を見て気が付くようでは遅いのです。
また、その直前で気が付いて回避できることもあるでしょうが、手遅れになっていることもしばしばです。
そうならないために、原因を知っておかなければなりません。
特に前述の名前の付く形については、しっかりと身に付けておきたいですね。

本書は非常に分量が多く、対象の棋力もかなり幅広くなっています。
初級者の方が必ず覚えるべき分野もあれば、高段者でも間違える問題も含まれています。
ですが、全てのパターンを理屈からきっちりと理解しようとする必要はありません。
示されている正解の手を繰り返し眺めるだけでも、十分に石の形を学べるのです。
むしろ考え過ぎは害になると言っても過言ではないでしょう。

これは石の形に限りませんが、上達のためには楽しく学ぶことが大切です。
肩肘を張らず、気楽に読み進めて頂くと良いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評・第11回 「炎の勝負師 坂田栄男」シリーズ

2017年10月10日 23時59分59秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日ご紹介するのはこちらのシリーズです。



本シリーズの主役である坂田栄男九段はタイトル獲得数64の大棋士です。
全盛期には30勝2敗という信じられない年間成績を残すなど、今の井山裕太六冠に匹敵する傑出度でした。
本シリーズでは、そんな坂田九段の名局や印象的な対局がまとめられています。

坂田九段の異名はカミソリです。
かつては棋士に異名を付くことは珍しくありませんでしたが、その中でもこれは秀逸です。
坂田九段の特徴をたった1つの単語で表すことに成功しています。

坂田九段の打ち碁の魅力は、鮮やかな決め技が多く現れることです。
瀕死に見える石を手筋一閃で凌ぐようなことは、最も得意とするところでした。
また、時には相手の大石に襲い掛かり、急所に迫って仕留めてしまうこともありました。
ヨセでもその能力は発揮され、鮮やかな手筋で抜き去ったり、相手の地を破壊してしまうようなこともしばしばでした。
勝ち方の鮮やかさは歴代の棋士の中でもトップクラスであり、棋譜並べをしていても爽快です。

本シリーズ(全3巻)の出版は1991年なので、当然ながら絶版になっています。
ですが、日本棋院の電子書籍として復刻されているので、パソコンやタブレット、スマートフォンでご覧頂けます。
情報量という点では、現代は本当に良い時代ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評・第10回 剛腕丈和

2017年09月29日 23時49分21秒 | 書評
皆様こんばんは。
昨日の書評で、1つお伝えし忘れていたことがありました。
古典名局選集シリーズは、恐らく全て絶版になっています。
碁の本は寿命が短いですね・・・。

ですが、日本棋院の電子書籍にて復刻されており、パソコンやスマートフォン、タブレットで読むことができます。
値段も安くなっているのでおすすめです。

さて、ついでと言ってはなんですが、今回は同じシリーズの1冊をご紹介しましょう。



本書の主人公は本因坊丈和です。
歴代の名人の中でも屈指の実力の持ち主であり、知名度も高い方でしょう。
ただ、人気は必ずしも高いとは言えません。
それは棋風によるところもあるでしょうが、一番の理由は盤外での権力闘争に力を入れ過ぎたことでしょうね。
盤上で白黒つけず、政治力で名人位に就いた丈和にはダーティーなイメージが残ってしまいました。

ただ、当時の事情も勘案する必要があるでしょう。
名人就位運動を起こした時点で、丈和は既に40歳を超えていました。
全盛期はとうに過ぎていた筈で、丈和もそれを自覚していたようです。
それでも実力は紛れもなく碁界一でしたが、当時の名人にはただ一番であるだけでなく、二番手以降と別格の強さが求められました。
ハンデを与えた上で勝たなければならず、ここが現在のタイトル戦とは大きく違うところです。

そして、名人位の持つ権威も大変なものであり、名人になれば碁界を支配できると言っても過言ではありません。
本因坊家を束ねる立場でもあり、丈和にかかる責任は重大でした。
権謀術数を巡らす姿は美しくありませんが、必ずしも責められるものではないと思います。

さて、人物の評価はさておき、丈和は素晴らしい作品を多数残しています。
本書のタイトルにもなっているように、丈和と言えば剛腕というイメージがあります。
優れた大局観を持ちながらも、全力で戦って相手を打ち倒しました。
戦いの碁が好きな方なら楽しく鑑賞することができるでしょうし、良い教材にもなるでしょう。

本書の解説は高木祥一九段です。
この世代の棋士の勉強法として古碁を並べることは必須であり、碁の骨格作りに大きく影響を与えています。
それだけに、本書は技術的な解説にとどまらず、高木九段の丈和への強い思い入れが表れていると思います。
ただ手順を追うだけでなく、当時の対局姿を想像しながら並べるとより楽しめるのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加