白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

AI竜星戦

2017年12月10日 21時49分51秒 | AI囲碁全般
皆様こんばんは。
本日はAI竜星戦が行われました。
UEC杯コンピュータ囲碁大会の後継となる大会ですね。
プロレベルのプログラムがかなり増えているようですが、決勝は予想通りDeepZenGoと絶芸(FineArt)で争われました。



1図(実戦)
DeepZenGoが黒△と伸びた場面です。
ここで最も将来性のある場所は上辺一帯です。
黒×が大きな勢力なので、これを活用してどれだけ大きな黒模様や地を作れるかどうかが焦点となっています。
赤印あたりを囲うのでは小さいですが、青印あたりまで模様が広がる可能性もあります。
そこで、白は右上黒の薄みに目を付けて白Aから仕掛け・・・。





2図(実戦)
白△までと進みました。
こうなってみると、黒の打ち方が難しくなっています。
白の形が薄く見えるかもしれませんが、ここから白×を千切りに行くのではものが小さく、黒勝てそうになりません。

そこで、実戦は黒Aから丸飲みを狙うかのような攻め方を選択しました。
ただ、周辺の黒にもいくつか弱点があるので、そう強気に戦えるという感じもしません。





3図(実戦)
結果、白の反撃を受けて要石の黒△を取られることになりました。
こうなっては白成功で、人間レベルでも逆転が難しい形勢になったように思います。
この後黒は左下隅を取るなどして頑張りましたが、及びませんでした。


もはや絶芸やDeepZenGoが強いことは分かり切っていて、私としては後発のプログラムがどこまで追随できるか、あるいは個人レベルのプログラムがどこまで健闘できるかというところに注目しています。
これからは、公開されている情報を利用すれば、純粋な個人でも棋士レベルのプログラムが作れるようになりそうです。
以前の私は、ソフトが棋士を超えるためには量子コンピューターが実用化されるぐらいのことが必要かと思っていましたが・・・。
世の中どうなるか分かりませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AlphaGo Lee対Zero 第9局

2017年11月21日 23時32分07秒 | AI囲碁全般
皆様こんばんは。
最近はいよいよ寒くなってきましたね。
我々の対局は、風邪を引いてもインフルエンザに罹っても、誰にも代わって貰えません。
体調管理には一層気を付けておきたいですね。

さて、本日はAlphaGo Lee対Zeroの対局をご紹介します。



1図(テーマ図)
Zeroが下辺に白△と打ち込み、黒△までと進んだ場面です。
流れからすれば、白AやBから生きを図ることを考えそうですが・・・。





2図(実戦)
前図の状態のまま、お互い下辺を放置して他で戦いました。
そして、40手ほど進んだところでようやく白1、3と打ちましたが、これだけ打ってまた放置・・・。

恐らく、黒は1手で白を取り切ることができず、2手かけて取るようでは効率が悪いということなのでしょうが・・・。
打ち込み以降、見た目には白はわざわざ図体を大きくしてから取られるようで、人間には気が付き難い打ち方のような気がします。





3図(実戦)
さらに30手ほど進んで白△と打ちましたが、これは完全に白×を捨てる打ち方ですね。
白の打ち込みからの一連の打ち回しは、捨てることを本線としていたかもしれません。
この表現がAIの思考を表すのに適切かどうかは謎ですが・・・。





4図(実戦)
最終的に、白×を捨て石として活用することで、白〇を先手で生き、さらに白Aで黒△を分断する手を残しました。
それを横目に白△と右辺黒に攻めかかり、白が主導権を握っているように見えます。

打たれてみればなるほどとも思えますが、ちょっと真似できる気はしませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AlphaGo Lee対Zero 第8局

2017年11月19日 21時41分59秒 | AI囲碁全般
皆様こんばんは。
最近、右肩の痛みに悩まされています。
マウスを触っている間が酷く、これが主な原因でしょうか・・・。
確かに、ここ数年でパソコンを使う仕事が増えてました。
スマホなどの影響も考えられ、いずれにしても現代病でしょうね。
私は病院嫌いなのですが、一度診て貰うことにします。
差し当っては、マウスを左手で操作することにしました。

また、明日は有楽町囲碁センターで指導碁を行います。
ご都合の合う方はぜひお越しください。
碁を打つことに支障は無いので、どうぞご遠慮無く!(笑)。

さて、本日はAlphaGo Lee対Zeroの対局をご紹介します。



1図(テーマ図)
ここでZero、黒△と白△がくっついた所から離れて白1と打ちました。
調子が外れた手のようですが、棋士の対局でも打たれることがあります。
黒Aから小さく生きるならどうぞということですね。
そして、黒が他に打ったのを見て白3と手を入れました。

ただ、この打ち方をするためにはある問題があります。
それは・・・。





2図(実戦)
黒1から動いてきたらどうするのか? ということですね。
白4までと取りに行って、確かに生きるためのスペースは足りません。
しかし、白の外勢にも隙があり、本当に取れているかどうか?
こういう状況を、専門用語で味が悪いと称します。

取れていそうに見えるけれども、実は黒から上手い手があって生きられたり、あるいは捨て石で大きな利益を上げられてしまうかもしれない・・・。
棋士はそんな状況はなるべく避けたいですし、もし打つなればしっかりと読み切った上でのことと考えます。
しかし、本図の後の変化は多く・・・。





3図(変化図1)
例えば黒がこのように動いてくることが考えられます。
この図はAの所でのコウ争いになりますが、そうなった時の判断が必要です。
また、白2で他の手を選び、丸取りにできるかどうかも読まなければいけません。





4図(変化図2)
黒にはこんな手も考えられます。
もしこうなってしまうと逆に白が取られるので、白は他の打ち方を考えなければいけません。





5図(実戦)
実戦は黒が隅の石を捨て、上辺に展開する作戦を採りました。
そちらでプラスが得られますし、また隅の石もまだ盤上に残っているので、何かの拍子に黒Aからの救出が実現するかもしれません。
となるとこの周辺で白は打ち方が制限されることになり、それも黒にとってプラス要素です。
こういった展開で実は白が良くないということも多く、白としてはこの進行にも気を付けておかなければいけません。

これらの図は一例ですが、つまり1図は白にとって心配が多い形なのです。
時間をかけて読みと判断の裏付けを取っておかないと、選びづらいのではないでしょうか。

しかし、Zeroは1手を0.4秒で打っているそうです。
そんな時間で読み切れるのでしょうか?
それとも、勘で大体分かってしまうのでしょうか?
こんなところからも、Zeroの部分戦での強さを感じ取れますね。

私の勘違いでした。
公開された対局は持ち時間2時間だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AlphaGo Lee対Zero 第7局

2017年11月10日 23時50分56秒 | AI囲碁全般
皆様こんばんは。
棋聖戦の挑戦者は一力八段に決まりましたね。
今年3つ目のタイトル挑戦とは、流石に驚きです。
井山一強時代に風穴を開けることができるでしょうか?

さて、本日はAlphaGo Lee対Zeroの棋譜紹介を行います。



1図(テーマ図)
白2の2間ビラキに圧力をかけるには、黒Aの詰めが普通です。
しかし、Leeは黒△とツケて行きました。
これは高等テクニックで、時々プロの対局にも現れます。





2図(変化図)
白1、3と受けさせておいて黒4と、上下を両方打とうという狙いです。
白は狭い所に石が密集して効率が悪いですし、根拠の不安も生じるかもしれません。





3図(実戦)
実戦、Zeroは黒4までを交換した後、白5、7と隅に転じました。
Aの傷が残っていますが、大丈夫でしょうか?





4図(実戦)
白10までと進みました。
黒9の突き抜きを許し、白△がますます弱くなっています。





5図(実戦)
そして黒1と切られると、白△は動けません。
しかし、ここまで白の作戦(?)通りです。
身軽になったので、白6の大場に転じることができました。
この後の展開によっては、白×も捨ててしまう予定でしょう。

Zeroの柔軟な捌きは流石のものですね。
そして、この後は打って変わって剛力を発揮します。
一旦捨てた白△を逃げ出し、逆に黒の壁を取ってしまいました。
Leeの弱点が出たのか、Zeroの力が強過ぎるのか・・・。
まあ、両方なのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AlphaGo Lee対Zero 第6局

2017年11月03日 23時59分59秒 | AI囲碁全般
皆様こんばんは。
本日はAlphaGo Lee対Zeroの棋譜紹介シリーズです。



1図(テーマ図)
Leeの黒番です。
白△とつないだところですが、ここまで第3局と同一の進行です。
人間には向きが違っていることが気になりますが、Alには関係無いようです。

さて、第3局では黒A、白Bと進みました。
黒△が要石なので、当然そうやって守りたくなります。
ところが・・・。





2図(実戦)
なんと、手抜きで黒1!
すると当然ながら白2と切られ、黒の外勢が崩れました。
白4の後に白Aとでも打たれれば、黒はますます悲惨な姿になります。
こうなってはいけないということは、初級者の方でも教わっていることが多いでしょう。

しかし、黒はあくまで右上には構わず、黒5と左下白への攻撃を続行しました。
この黒の打ち方を単純に説明しますと、「元々右上白は生きている石なので、そこから地を増やしても大したことがない」と主張しているということになります。
とはいえ、景色が大きく違うので、なかなかこの打ち方はできませんね・・・。

Leeは登場当時残した棋譜が少なく、その打ち筋は一面しか見ることができませんでした。
しかし、こうして見ると、この時点でも人間の打ち筋とは大きく異なりますね・・・。
5線に肩ツキするとか、人間が打たないノゾキを打つといったこともありましたが、そんなレベルではない違和感を覚えます。
第3局では人間的な打ち方をしているので、これが絶対の正解と判断している訳でもないのでしょうが・・・。

さて、左下白の対応ですが、棋士の対局ではほとんどの場合白B~Dのいずれかが選ばれます。
これらについては「やさしく語る 布石の原則」でも解説しています(宣伝)。
ところが・・・。





3図(実戦)
Zeroの対応はそのどれでもない、白1、3でした。
これはそう難しい手ではありませんが、棋士の対局ではあまり現れていないでしょう。
と言うのは・・・。





4図(実戦)
黒1、5のポン抜きを許してしまうからです。
ポン抜きによって1眼できた黒の厚みは強力です。
白も黒2子を取って生きたとは言え、厚みが外側に向いている黒が有利に見えます。

ただ、白は結果的に黒△の位置がおかしいと主張しているのですね。
ポン抜いた黒と黒×では後者の方が弱いので、そちらに寄せて黒Aの方が良いのです。
実戦では白から隙間への打ち込みを狙われます。

この打ち方を選んだ理由はそれだけではなさそうですが、まあ私なりに理解したつもりにはなれます。
それでも、この打ち方には抵抗がありますね。
AIにはポリシーネットワークがあってもポリシーは無く、そこが人間の碁に比べてドライに感じる理由でしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加