白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

「やさしく語る 布石の原則」 質問回答その1

2017年09月11日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
新刊「やさしく語る 布石の原則」は、ありがたいことに売れ行き好調とのことです。
精魂込めて作り上げているだけに、沢山の方にご覧頂けるととても嬉しいですね。

ところで、棋士は何かの折に揮毫、いわゆる言葉付きのサインを求められることがあります。
私は当初は色々な2文字をその場の思い付き? で書いていましたが、ある時期から「創造」という言葉が気に入り、一貫して書き続けています。
まあ、棋士としての座右の銘というところですね。
処女作「やさしく語る 碁の本質」にサインを求められた際にも、当然のごとくこれでした。

しかし、2作目が出ることは想定していなかったので、新刊へのサインには悩みました。
正直、「創造」はむしろ新刊にこそピッタリの言葉のような気も・・・。
かと言って、同じ言葉では両方ご購入頂いた方に申し訳ありません。
色々考えた結果・・・。



こうなりました。
私は基本を大切にした指導を心がけていますし、本の内容ともピッタリではないかと思います。
ただ、字のレベルについてはご容赦ください。
基本的にはいつでもサインしますので、どこかで私を見付けられた際は、遠慮なくお声がけください。

さて、本日は新刊について読者の方から頂いた質問へ解答します。



1図
213ページ7図黒2で、本図黒1はどうかというご質問がありました。
ピッタリの封鎖を避けることができ、確かにこの方が勝ります。
ですが、白4が絶好の曲げで、これも白良しなのです。
黒△が腐っている上に、黒はダメ詰まりで中央進出が非常に不自由です。

本では紙面の関係でカットしましたが、この後の進行も考えてみましょう。
黒Aと飛び出したいのですが、白B、黒C、白Dと切られて困ります。
黒は絞られるか中央が止まってしまうかですが、どちらもいけません。
そこで・・・。





2図
黒1の方に飛ぶのが石の形ですが、今度は白2が手筋となります。
ダメ詰まりの黒は抵抗が難しく、結局白6までと完封されてしまいます。
これも明らかに白良しです。





3図
黒1と空き三角に打てば簡単には封鎖されませんが、こういう情けない手を打たされるようではいけません。
この手に対してあくまで白Aから封鎖を目指す手もありますが、白Bぐらいでも十分でしょう。
白Cの押さえが先手であり、白は左右で十分な姿を得ています。
2子の取り合いは、外側に厚みが向いた白有利なのです。
黒△と1線に石があるのもつらい限りですね。


このような形で、読者の皆様からのご質問にも答えていく予定です。
「碁の本質」の方への質問も受け付けています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさしく語る 布石の原則PR

2017年09月05日 23時58分46秒 | 著書
皆様こんばんは。
本日の三星火災杯は、井山九段残念でしたね。
ですが、2勝勝ち抜けのシステムなので、明日、明後日と勝てば16強戦に進むことができます。
本日勝った山下九段小松九段と共に応援しましょう!

さて、本日は新刊「やさしく語る 布石の原則」
PRを行います。
以前は全体像をご紹介しましたが、今回は具体的な内容をご紹介しましょう。

一般に、布石は難しいと言われます。
プロの世界でも、記録に残っている400年ほど前から現在にかけて、布石の考え方は常に移り変わって来ました。
また、同じ時代でも大きな個人差があります。
結局はどう打っても1局の碁であり、そんな自由なところは囲碁の大きな魅力です。

しかし、自由と言っても、本当にどこに打っても変わらない訳ではありません。
広い碁盤には数多くの好点がある一方、悪手になる点もまた多いのです。
そのためには、好手と悪手を見分けるための基準が必要になります。
その基準、つまり布石で重視すべきことは何でしょうか?



1図(7路盤)
最近は入門は7路盤で行うことが主流になっています。
7路盤では、まずしっかりと石同士をつなげることが重要になります。
一例として図のようにお互い自分の石をつなげていけば、自然と陣地らしきものができて行きますね。
自然とこういった打ち方ができるようになれば、7路盤では合格点が得られるでしょう。





2図(9路盤)
では、9路盤ではどうでしょうか?
1間飛びの黒、一歩ずつの白では、目に見えて陣地の大きさが違いますね。
盤の大きさに関わらず、石同士がつながることは大事ですが、一歩ずつでは非効率なのです。
9路盤で打つようになったら、つながり方のレベルを上げる必要があります。





3図(13路盤)
13路盤になると、一気に碁盤が広がります。
打ち方の幅も大きく広がり、隅・辺・中央という区分もはっきりして来ます。
自由度も広がりますが、石がつながることの重要性は同じです。
例えばこの図のように、ひたすら1間飛びやケイマを打っているだけでも立派に布石が打てます。
もちろん、途中で相手の陣地に入って行ったり、逆に入って来られれば難しくなることもありますが、そこからは中盤戦なので別の問題となります。





4図(19路)
さて、今度は19路になりました。
布石が本当に難しいのはここからです。
試しに白8までお互いに隅を確保してみましたが、それぞれの距離は大きく開いており、間の空間をこれからどう開拓したものか悩ましいですね。
正解は沢山ありますが、失敗もまた沢山あります。
例えば黒Aの開きは締まりからの距離が近すぎて良くないですし、黒Bは白に近付き過ぎて悪手となります。
では、どこまで開くことができるのでしょうか?
その答えは、勢力圏という概念を元に導き出すことができます。

石の周囲には勢力圏が存在します。
本図で言えば、それぞれの締まりの周囲に勢力圏が生じています(※赤印は具体的な範囲を示したものではありません)。
勢力圏とは、簡単に言えば相手が近寄り難い、入り難い地域です。
この勢力圏という概念が本書の肝となります。

前作「やさしく語る 碁の本質」では、碁の本質は石の強弱にあることを説明しました。
自分の弱い石を守ったり、相手の弱い石を攻めることでポイントを挙げることができます。
この考え方を布石に応用すると、自分に弱い石ができず、相手だけに弱い石ができれば理想的な布石ということになります。
それを目指すためには、勢力圏を意識して打つことが近道なのです。
本図は「布石の原則」の中には出て来ませんが、読者なら悪い手を打つことは無くなるでしょう。





5図
これは本書に出て来る図です。
この布石、どちらが良いと思いますか?
この答えを即答できない、もしくは間違えてしまう方にはぜひ本書をご覧頂きたいですね。
私の経験上、有段者でも分かっていないことがあります。


さて、少々漠然とした話になってしまったかもしれませんが、本書は布石を簡単に考えられるようになるための本です。
勢力圏と石の強弱を基準にすれば、悩まなくても石が良い所に行くようになるのです。
読者の皆様が楽しく布石を打てるようになると信じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊、発売!&例のツケ

2017年08月28日 23時22分51秒 | 著書
皆様こんばんは。
この度、新刊「やさしく語る 布石の原則」が発売されました!
早速多くの方にご購入頂けているようです。
ありがとうございます。
当ブログでは読者コーナーでご感想・ご質問や誤植等の情報を募集しておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。
実は、早速メールで誤植の情報が寄せられました。



67ページの問題はこれが正しい図なのですが、本では赤印の白石が消えてしまっています。
68ページ1図、2図も同様です。
配置としては違和感が無く、これは私も見落としていました。
申し訳ありません。
このような情報は随時読者コーナーに反映させて行きますので、引き続き情報提供をよろしくお願いいたします。


さて、今回は幽玄の間で中継された、柯潔九段と朴廷桓九段の対局に注目してみます。
中国ナンバーワンと韓国ナンバーワンの、頂上決戦のような1局でしたね。



1図(テーマ図)
柯潔九段の黒番です。
黒△と引いた場面です。
私は似たような局面で白Aとつなぎ、黒B、白C、黒D、白Eと進みました。
多少位置をずらす手は色々とありますが、流れとしてはごく一般的なものです。
それで白に不満が無いと見る棋士がいる一方、「いや、開いたところをまた白Eなどと守らされるのは不満だ」と考える棋士もいます。
朴九段もそのタイプなのか、実戦は・・・。





2図(実戦)
白1のMaster(AlphaGo)流!
既に実戦例もかなり多いですが、何度見てもこの手には驚きます。
白の狙いとしては、この後・・・。





3図(実戦)
大体このような図を目指していると考えられます。
黒Aの厳しさを緩和し、右辺一帯を効率の良い構えにする狙いです。
その分右上の黒も固まっており、損得は微妙なところですが、どちらかと言えば白を持ちたい棋士が多いかもしれません。





4図(実戦)
そこで実戦は、黒7の打ち込みを急ぐためにこのような進行に・・・。
何となく白がやれそうに見えますが、良い勝負なのでしょうね。
ツケの後ここまでは自然に予想できそうな変化で、双方の研究範囲内でしょう。
世界トップの両者の碁だけあって(?)、この後は訳の分からない展開になって行きました。


AIの台頭により、流行の布石は大きく変わって行きます。
色々と試してみるのも面白いでしょうが、流されてしまうと自分の碁を見失う恐れがあります。
上手く距離感を取って向き合いたいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさしく語る 布石の原則

2017年08月20日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
本日行われたアマチュア本因坊では、高校2年生が優勝しました。
芝野虎丸竜星といい、若い世代の活躍は目覚ましいものがありますね。

さて、本日は出版間近となった新刊のPRを行います。



前作「やさしく語る 碁の本質」の続編です。
タイトルも装丁もそっくりですね。
前作は主に中盤戦を扱いましたが、本書は布石がテーマになります。
内容は独立しており、どちらか片方だけご覧頂いても理解できるようになっていますが、両方ご覧頂ければ序盤から中盤までの線がつながるでしょう。
それでは、本書の構成の説明に入りたいと思います。

〇序章「本書の内容と活用法」
導入部分です。
19路盤の広さ・自由度を再確認して頂くような内容になっています。
俗に「布石はどう打っても1局」と言いますが、基本的な考え方を身に付けていることが前提です。
本書は、読者の皆様に基本的な考え方を身に付けて頂き、自然な布石が打てるようになって頂くことを目標にしています。

〇第1章「勢力圏を意識する」
布石での具体的な考え方を学ぶ前に、そもそもどういう布石を打てれば成功なのかを知る必要があります。
キーワードは勢力圏です。
布石は一言で言えば勢力圏争いであり、それに勝った方が有利な中盤戦を迎えることができます。
本章では勢力圏とは何かということと、その重要性について解説しています。

〇第2章「勢力圏争いに勝つ」
本章では、勢力圏争いに勝つための具体的な考え方を、3つの「原則」としてまとめています。
前作と同様、考え方をパターンとして身に付けて頂くことが狙いです。
いつでもこの考え方ができるようになれば、細かい技術が足りなくても、石が自然と良い所に向かうようになるでしょう。

〇第3章「確認問題1」
練習問題です。
第2章で学んで頂いたことを、実戦形式で練習して頂きます。
教えを受け取るだけでなく、自分の頭で考えることが上達への近道です。

〇第4章「勢力圏への入り方」
本書では、まずは第2章、第3章の内容をしっかりと練習して頂くことが大事です。
今までできていなかった方であれば、それだけで十分と言っても良いぐらいです。
ですが、そこまでの内容が身に付いた方には、上級編として新たな考え方を学べるようになっています。

それが「勢力圏への入り方」です。
実際の対局では相手もいることですから、勢力圏争いに勝てないことがあります。
そんな時は、相手の勢力圏に入って行くことも必要になります。
そのためにはどんな考え方で着手を選べば良いのかということを、これも3つの「原則」としてまとめています。

〇第5章「確認問題2」
練習問題です。
第4章で学んで頂いたことを、実戦形式で練習して頂きます。
上級編なので一部高度な内容も含みますが、理解が難しそうであれば飛ばして頂いても構いません。

〇第6章「布石紹介」
第5章までの内容をしっかりと練習して頂ければ、布石の考え方は身に付くようになっています。
ただ、考え方を学ぶだけでは、実際の布石の流れをイメージし難いかもしれません。
そこで、三連星や中国流などを題材に、布石のお手本を示しています。

〇第7章「実力テスト」
出ました、実力テストです(笑)。
ただ、今回は布石という分野の性質上、正解の幅が広くなっています。
私と全く同じ答えである必要はなく、ゲームと思って楽しんで頂ければ幸いです。

〇第8章「知識編」
前作では序章に用語集が入っていましたが、今回は最終章である本章に入っています。
また、今回は覚えておくと役に立つ定石や定型もご紹介しています。
本書の内容とも関りが深く、まずこの章からご覧頂いても良いでしょう。


以上、序章+8章の構成となっています。
多少の違いはありますが、前作とほぼ同じ構成と言って良いでしょう。
構成や文章など、大半を私が手掛けているところも同じです。

布石の考え方は漠然としたものになりやすく、本作をまとめるにあたってはかなりの苦労がありました。
当初は布石の全てを説明しようとしていたのですが、気が付けばかなりの難易度に・・・。
これでは単なる自己満足になってしまうということで、最初から作り直しました。

読者の皆様に対局で役立てて頂くことを考えると、シンプルであることが一番です。
そこで、結局は前作の形式に落ち着きました。
メインターゲットは1桁級の方ですが、2桁級の方や有段者の方にも参考にして頂けるのではないかと思っています。

私も苦労しましたが、原稿の遅れで関係者の方には多大なご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫びしたいと思います。
その代わり、本書は私としては満足の行く出来になりました。
多くの方に活用して頂ければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やさしく語る 碁の本質」質問回答その1

2016年12月09日 23時46分19秒 | 著書
皆様こんばんは。
明日は13時より、永代塾囲碁サロンで指導碁を行います。
ご都合の合う方は、ぜひお越しください。

さて、著書「やさしく語る 碁の本質」の「読者コーナーでは、多数のご質問を頂きました。
本日は、その中でも特に疑問に思われた方が多かった2つをご紹介しましょう。



<テーマ図1>
最も多かったご質問は、106ページ2図白2で、白1と打たれたらどうするか?というものでした。
実は、ここは本書で最も大きな失敗でした。
プロは白1のような強引な手は、殆ど打たないのですが、確かにアマ同士だとありそうです。
これに対する応手を解説していきましょう。





(正解)
結局の所、黒1、3の対応が最も覚えやすそうです。
これは手順が違うだけで、1図と同じです。
この図を避けようとしたのが失敗でした。

ポイントは、黒△の石は全て助けるという事です。
それさえ守れば、石数に勝る黒が、必ず有利に戦えます。





(変化図1)
白1、3には黒4が絶対の一手です。
これで白は根拠が無く、見るからに苦しい状況です。
要石の白△は、とても逃げる暇がないでしょう。





(変化図2)
強い人だと、白1を先に打ってくるかもしれません。
これにも黒2と押さえ、白に根拠を作らせない事が重要です。
黒8まで、前図よりは白にゆとりがあります。
しかし、白△を逃げる暇がない事には変わらず、黒有利な戦いです。

白がどう変化しようとも、相手が同じぐらいの力量であれば、石数の多い黒が必ず良くなります。
もし置き碁であれば、周囲はさらに真っ黒なはずなので、やはり黒有利です。





(テーマ図2)
もう1つは、139ページテーマ図11で、黒AやBと2線に置いて攻めるのはどうか?というご質問です。
こういう手はプロがたまに打ちますが、格好良いので、確かに真似したくなるかもしれませんね。
ではどうなるか見ていきましょう。





(変化図1-1)
黒1に置けば、白8までのような進行が想定されます。
直接的に白の眼を取って、厳しい行き方ですが、中央に先行される欠点があります。
欠点はもう1つあり・・・。





(変化図1-2)
それは白の2線の押さえが来て、外側の黒が弱くなるという事です。
一例として白1の三々入りがあり、白Aが渡りを見て先手のため、無条件で生きてしまいます。





(変化図2-1)
黒1の方に置くと、同じような形で、方向が変わります。
この後は、先の図とは逆に・・・。





(変化図2-2)
今度は下方の黒が手薄になります。
白1が狙いの一例で、白Aの連絡を見ているので、黒は対応が悩ましくなります。

このように、2線の置きは自分の石を弱くしてしまう可能性があり、攻め方の基本からは外れます。
プロの碁でも、このような攻め方をするケースは少ないです。
高段者なら試しても良いかな?といった所ですね。

それでは、今回はこんな所で。
他にも面白いご質問がありますので、随時お答えしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加