白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

女流棋聖戦

2018年01月20日 23時11分47秒 | 囲碁界ニュース等
皆様こんばんは。
昨日は女流棋聖戦も行われていました。
幽玄の間でも、棋聖戦と共に中継されました。
このようなケースでは片方にしか解説が付かなかったのですが、アップデートにより現在は両方の対局に解説が付けられるようになっています。

それでは、本日は女流棋聖戦の感想を述べたいと思います。
なお、棋譜は特設サイトからもご覧頂けます。



1図(実戦)
黒△は白×の攻めを狙った打ち込みですが、ここで上野愛咲美初段は構わず白△!
要点を先取し、左下は好きなように打ってください、と言っています。

このような打ち方は、上野初段の碁によく見られます。
相手の攻めをいなす展開が得意なようです。





2図(実戦)
謝女流棋聖の黒△は、足が遅いようですが力強い手です。
上下の白の攻めを見られていて、白も怖い状況に見えます。
なにしろ、この碁は持ち時間の無い早碁です。
一歩間違えれば、あっという間に形勢が悪くなるかもしれません。

しかし、上野初段はこうした状況でも落ち着いたものです。
読みに相当な自信を持っているのでしょう。





3図(実戦)
右下、黒△と打った場面です。
お互いの石が切れ、決戦の雰囲気が漂いましたが・・・。





4図(実戦)
白1、3であっさり手を打ちました。
お互いに△の石を取り合う分かれで、下辺の黒地が大きくなっています。
しかし、絶好点の白5に回れば右辺の白模様も大きく、これで十分だと言っているのですね。
この大局観も上野初段の持ち味だと思います。

上野初段にとっては初の大舞台でしたが、堂々とした戦いぶりでしたね。
第2局も楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棋聖戦感想

2018年01月19日 21時57分46秒 | 囲碁界ニュース等
皆様こんばんは。
本日は棋聖戦第1局の2日目が行われました。
注目の封じ手は・・・。





1図(封じ手)
白△の押さえでした!
この手を候補にすら挙げていない、大外れ!

この手自体は、一応浮かぶ手ではあるのです。
しかし、黒Aとハネられて後が続かないように見えるので、1秒で却下してしまいました。
ここで読みを打ち切らないことが、井山棋聖の読みの深さを示しています。





2図(実戦)
白△と囲ったばかりのところに、黒△と打ち込んだ場面です。
ここに入らなくてはいけないのでは、黒が苦しいだろうと思っていました。

ただ、両者の感想からすれば、そうとも言い切れないのかもしれません。
並のプロとは比べ物にならないぐらい手の見える両者にとって、この程度の苦しさは大したことがないのかも・・・。





3図(実戦)
少し進んだ場面ですが、これは一体どうなっているのでしょうか・・・。
お互いの石が生きていない上にコウも絡んでいて、わけが分かりません。
完全に2人だけの世界に入っていますね。





4図(実戦)
黒△と打って、右下白の生死はどうなっているのか?
これも全く分かりません・・・。
ここから、お互いに秘術を尽くした攻防が繰り広げられました。


結果は井山棋聖の勝ちでしたが、どうも内容的には一力挑戦者が押し気味だったかもしれませんね。
今シリーズも面白くなりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

封じ手予想

2018年01月18日 23時32分18秒 | 囲碁界ニュース等
皆様こんばんは。
本日は有楽町囲碁センターにて指導碁を行いました。
お越し頂いた方々、ありがとうございました。

ちなみに、今回も複数のお客様から著書のご感想を頂きました。
確実に広まっているようで嬉しいです。
なお、サインなどは喜んで書きますので、お気軽にお声がけください。
品質については保証できませんが・・・。

また、本日は棋聖戦が開幕しましたね!
七番勝負の1局目は比較的気楽なようで、思い切った碁が多い印象ですが、果たして本局はどうなったでしょうか?





1図(実戦)
これは・・・明らかにAIの影響を受けた布石ですね。
棋聖戦の大舞台で打たれたということには感慨深いものがありますが、この布石自体にはさほど驚きはありません。





2図(実戦)
しかし、左下の分かれ・・・これは一体!?
これには本当にビックリです。





3図(打ち掛け局面)
黒△と打った場面で打ち掛けとなりました。
黒×の石は打ち込みの急所で、白はこれにどう対処するかが問題です。
他に向かうことは考えられず、ほぼ白A~Cの3択でしょう。
一応、白Dという手も無いとは言い切れないので、大穴として挙げておきましょうか。





4図(封じ手予想)
私の予想は白1です。
直感では白Aが浮かびましたが、先に白△と打った手が気になりました。
何となくですが、こう打った方が白△を生かしているような気がします。


名人戦では第5局にしてようやく当たりましたが、今回はどうなるでしょうか?
選択肢の少ない場面はチャンスなので、今のうちに当てておきたいですね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年を振り返る(囲碁界編)

2017年12月31日 20時59分29秒 | 囲碁界ニュース等
皆様こんばんは。
本日は指導碁を2局打ち、今年の仕事納めとなりました。
と言っても、実際には溜まっていた仕事を片付けていたりします。
小学生の夏休み最終日のようなものですね(笑)。

ともあれ、今年もあと数時間となりました。
今年の出来事を振り返ってみましょう。

<Master、出現!>
今年一番の衝撃と言えば、私にはこれしか考えられません。
結果も内容も、とても信じられないようなものでした。
AIのレベルが人間とは別の次元に行ってしまったことを、まざまざと見せつけられましたね。

<井山七冠、LG杯決勝進出!>
日本最強棋士の井山七冠が、国際棋戦のLG杯で決勝進出しました!
決勝戦は2018年2月5日、7日、8日に日本棋院で行われます。
久しぶりの日本勢の世界一に期待しましょう!

<杉内雅男九段、死去>
現役棋士として長年活躍されてきた杉内九段が、97歳で亡くなりました。
若い頃にはタイトル戦出場などで活躍されましたが、それ以上に大きな足跡を残されたと思います。

<若手の時代>
3棋戦でのタイトル挑戦を決めた一力遼八段、竜星戦や新人王戦で優勝、名人戦と本因坊戦ではリーグに入った芝野虎丸七段、阿含桐山杯優勝の六浦雄太七段など、若手が大暴れした1年でした。
一時のものではなく、この流れは今後も続いていくでしょう。
時代は変わっていきますね。


他にも大きなニュースは沢山ありますが、時代の変化という意味では、これらのニュースが特に印象的でした。
驚き、がっかり、感動・・・とにかく心を動かされることが多かったですね。
業界で生活する人間としては、昨年に引き続き人生観が変わるほどの1年でした。
思うところは色々とありますが、ともかく今後も精一杯生きていかなければいけませんね。

皆様、今年は大変お世話になりました。
よいお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉内寿子八段

2017年12月21日 23時59分59秒 | 囲碁界ニュース等
皆様こんばんは。
本日、日本棋院で今年最後の対局が行われました。
棋戦は祝日や国民の休日には関係無く年中行われますが、唯一年末年始の僅かな期間だけがオフシーズンとなります。

本日の注目の対局は、何と言っても一力遼八段と志田達哉七段の対局でしょうか。
十段戦挑戦者決定戦進出をかけた大一番は、じっくりとした勝負になりましたね。
最近の一力八段の碁はかなり激しくなった印象ですが、志田七段はじっくりタイプの代表。
今回はどちらかと言えば志田七段の土俵での戦いになったでしょうか?
なお、棋譜は幽玄の間で中継されました。


そして、注目の対局はもう1局あり、それが扇興杯予選、杉内寿子八段と青葉かおり五段の対局です。
寿子八段が落ち込まれていないか心配でしたが、少なくとも盤上では絶好調のようでした。
なんと、50歳以上離れた相手に見事勝利!
何というか・・・観戦していて、寿子八段が強過ぎて笑ってしまいました。
元気いっぱいに戦われることはよく知られていますが、実はヨセもかなり正確であることを知りました。

通常、ヨセはプロが年齢を重ねていく中で最も衰えやすい分野の1つです(もう1つは計算ですね)。
何しろヨセは対局の後半ですから、そこに辿り着いた段階で疲れてしまうのですね。
持ち時間3時間の対局なら大体夕方頃ですから、それも当然というものでしょう。
しかし、寿子八段は平然と乗り切ってみせました。
90歳にして、信じられないような集中力です。

もっとも、最後の方にうっかりミスが出て3目ぐらい損したように見えましたが、それは愛嬌ということで(笑)。
私は思わず悲鳴を上げましたが・・・。
3目半勝てそうな碁が半目勝ちになりましたが、負けにならないあたりは寿子八段も「持っている」棋士なのかもしれませんね。

今後も寿子八段の対局に注目していきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加