白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

12月の情報会員解説

2017年12月08日 19時47分29秒 | 日本棋院情報会員のススメ
皆様こんばんは。
明日は最近囲碁アイドル企画で話題の、永代塾囲碁サロンにて指導碁を行います。
午後1時から1時間ほど解説会を行い、その後指導碁に入る予定です。
今回は昔の名人の打ち碁解説などしようかと思っています。
なお、指導碁の後はその場で棋譜をお渡ししています。
ご都合の合う方はぜひお越しください。


さて、本日は毎月恒例、日本棋院情報会員のPRを行います。
なお、過去の記事はこちらです。↓
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回
棋譜再生ソフトの使い方は第4回で詳しく解説しています。

今月の私の担当分は、
2017崋山国際囲碁大会決勝 柯潔九段対周睿羊九段
第43期棋聖戦ファーストトーナメント 伊了初段金沢真七段
の2局を解説しました。
今回は大熱戦となった柯-周戦の解説の一部をご紹介しましょう。



1図(テーマ図)
Kiin Editor」キャプチャー画面です。
今白△と打ったところです。
切りを見られているので、黒の次の一手は決まっている・・・ように見えるのではないでしょうか。





2図(実戦進行)
ところが、実戦はこのように進行しました。
えっ、何で黒2子を取られたの!? と驚かれる方が多いのではないでしょうか。
こういうところはプロの碁が難しく感じる要因の1つでしょうね。
ですが、これには分かり易い理由があります。
それでは順にみていきましょう。





3図(参考図)
ほとんどの方は、テーマ図の後は本図黒1とつなぐでしょう。
ですが・・・。

「黒1のつなぎも先手で打てますが、これを打ってしまうと、せっかくの狙いの厳しさを損なってしまいます。」

黒には大きな狙いがあり、黒2子を助けるとそれを邪魔してしまうのです。
その理由はこの後分かります。





4図(実戦)
実戦の進行に戻ります。

黒3「この白を攻めるのが黒の狙いでした。
左辺での動きも、全てはこのためだったかもしれません。」


左辺での動きとは、テーマ図以前の応酬を指します。
黒はずっと前から右上白への攻めを狙い、準備を重ねていたのでしょう。

ここで参考図が2つ入り、黒2子を助けなかったことの種明かしをしています。





5図(参考図1)
「後に黒1と押さえると、白は2と切る下がる一手です。 ※間違いがありましたので訂正予定です。
そこで、黒3と切っていく味があるのです。
例えば、このようになれば先手で外側が止まりますし・・・。」

攻め合いが1手差で、左辺白は中央へ出て行けない形です。
別の見方をすれば、右上白一団が左辺白とつながる可能性が無くなるとも言えます。
3図と本図を比べれば、本図の方が右上白への攻めが厳しくなることは明らかですね。





6図(参考図2)
前図では白がまずいので、対応を変えてくることが考えられます。

「あるいは、このような進行も考えられます。
現状白は捕まりませんが、これを横目に無数の利き筋ができます。
つまり、この周辺に見えない壁ができるので、それを利用して右上白を厳しく攻めようというのです。」


結果、白は中央を完全に塞がれることは防ぎましたが、それでも中央に黒石が増えたことには変わりません。
右上白を攻めるための援軍になるでしょう。
ここに示した2図は数ある変化のほんの一部ですが、白がどんな対応を選んだとしても、中央に黒の勢力が築かれるとご理解ください。

ただ、黒としてもこの狙いを決行する時期が早過ぎると後手を引いてしまったり、石を捨てることによる地の損が大きくなるかもしれません。
ですから、3図のようにつなぐ可能性も残しておき、白の出方に応じて選ぼうというのです。
言わば黒は後出しジャンケンをしようとしているようなものです。
なんとズルいことを考えているのでしょうか(笑)。
そして、プロは皆このズルさを持っています。





7図(実戦)
実戦に戻ります。

白1「何はともあれ、白はこの石を逃げ出します。」
黒2「応急処置を施しました。
地を守るというより、白の眼を奪った意味でしょう。」


右辺を地にしているように見えるかもしれませんが、あくまで黒の狙いは右上白一団です。
黒2のノゾキの意味は次の参考図で解説しています。





8図(参考図)
「このように1目取る手があったところです。」

1目取れば1眼できるので、白が生きに近付いてしまいますね。
これを防ぐためのノゾキでした。





9図(実戦)
実戦に戻ります。

黒1「そして、上下の連絡を絶っていきました。
大石の取りかけをも狙っている雰囲気があります。
さて、ここで白はどう守ったものでしょうか?」

白2「切って禍根を絶ちました。
地の得も小さくありませんが、何より絡み攻めを防いだ意味があります。
さて、ここで黒はどう攻めたものでしょうか?
一方石に死に無しと言いますが・・・。」


右上白を攻められているのに、白2と離れたところに打ちました。
これも実は右上白を守った手です。
後出しジャンケンを防ぐために、手札ごと奪ったということです。
その価値は次の参考図をご覧頂ければ感じられるでしょう。





10図(参考図)
前図白2を打たなかった場合の変化です(黒14は25の所)。

「白1などと守ると、かえってこのような絡み攻めを誘発する可能性があります。
一例として黒30までとなると白潰れです。」


図で見ると頭が痛くなりそうな長さですね。
白1を見て黒は用意の手札を切り、左右の白の絡み攻めに持ち込みました。
結果中央白が取られることになったという図です。

棋譜を見ているだけだと水面下の動きが見えないので、実戦の進行はわけが分からないように感じる方が多いでしょう。
ですが、種を明かしてしまえば、双方の考えていることは意外にシンプルだと分かります。
もっとも、対局者は膨大な読みの裏付けのもとに打っていますが、そこは把握できなくても大丈夫なのです。

9図の後、黒は右上白大石に迫るため、さらなる大作戦に出ました。
そちらも面白いところなので、ぜひ全ての解説をご覧ください。

なお、来月は
第22回LG杯準決勝 井山裕太九段対柯潔九段
おかげ杯国際新鋭囲碁対抗戦 村川大介八段対李映九九段
の2局を解説します。
お正月ということで、日本棋士の好局をのんびり楽しんでください。

ところで、私は詳細かつ分かり易い解説を心がけていますが、語りが少し硬過ぎるような気がしています。
来月からはもっと感情を出して、私自身の感動を皆様に直接お伝えするような内容を目指していこうかと思っています。

ご興味をお持ちになった方は、ぜひ日本棋院情報会員にご入会ください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の情報会員向け解説

2017年11月01日 23時59分59秒 | 日本棋院情報会員のススメ
皆様こんばんは。
本日は毎月恒例、日本棋院情報会員のPRを行います。
なお、過去の記事はこちらです↓
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回
棋譜再生ソフトの使い方は第4回で詳しく解説しています。

最近は日本棋院のホームページでも毎月の情報会員向けのコンテンツ内容をお知らせするようになりました。
11月の内容はこちらからご覧頂けます。

私は第43期名人戦予選A 富士田明彦六段武宮正樹九段
第5期立葵杯予選 杉内寿子八段上野愛咲美初段

の2局を解説しました。
今回は杉内-上野戦の解説の一部をご紹介しましょう。

97歳の杉内雅男九段については、当ブログでも時々ご紹介していますね。
ですが、夫人の杉内八段も現役2番目の年長棋士として活躍しているのです!
今回の90歳と15歳の年の差対決は、ぜひご覧頂きたいと思いました。



1図(テーマ図)
Kiin Editor」キャプチャー画面です。
白△のツケから・・・。





2図(実戦進行)
このように進行しました(白6はAの所)。
何が何だか分からない、という方も多いのではないでしょうか。
そこを具体的な読みの内容と共に、分かりやすく解説しています。





3図(実戦)
黒1「愚形のようですが、力強い反撃です。
ここは簡単にはつながらせたくないところです。」


なぜ黒1と空き三角に打ったのでしょうか?
参考図を2つ使って解説しています。





4図(参考図1)
3図黒1で、本図黒1と受けた場合の図です。

「黒1と受けるのは利かされで、黒としてはつらいのです。
一例として白10までの進行が考えられますが、こうなった時に白△は上辺白の根拠を広げていて、大きな利かしになっています。」


ということで、本図黒1は却下です。
選択肢はもう1つありそうですが・・・。





5図(参考図2)
3図黒1で、本図黒1とハネ出す変化です。

「黒1のハネ出しは一見すると形が良いですが、白2と切られていけません。」

黒が取られてしまいますね。
4図も5図も良くないということで、3図のグズミが正着でした。





6図(実戦)
実戦の進行に戻ります。

黒2「先手で切りが入ります。」
黒4「そして下がれば、この黒石はなかなかしぶといです。」
白5「白はこちらに活路を求めました。
白としても、この進行は想定していたでしょう。
捨石作戦かもしれません。」


攻め合いの格好になりました。
白5で黒を取りに行くとどうなるでしょうか?
参考図で解説しています。





7図(参考図)
「白1から直線的に取りに行くのは無理です。
白17まで、白の不利な一手ヨセコウになります。」


前図白5が成立しないことを示しています。





8図(実戦)
実戦に戻ります。

黒1「というところで、逆に黒は白の作戦を見破って変化しました。」

何故押さえではなく、切りを入れたのでしょうか?
参考図を2つ使って解説しています。





9図(参考図1)
前図黒1で本図黒1と押さえた場合の変化です。
手順が長いので図では見づらいかと思いますが、ソフトでは1手ずつ再生できるのでご安心ください。

「ハネに黒1と押さえた場合、白2と打てば黒2子を取ることはできます。
ただ、これは小さく取らされ、白がいけません。」


この図は黒良しです。
では、何故黒はこう打たなかったのでしょうか?





10図(参考図2)
「黒1には白2とつなぐ予定でしょう。
黒3と打たれると攻め合いには負けますが、捨石で外側に石を持って来る作戦です。
白14までは一例ですが、黒△が宙に浮いて白有利です。」


この変化があるので、黒は8図の切り込みを選択したのでしょう。
相手の意図の裏を行く駆け引きです。





11図(実戦)

黒2「石塔絞りを狙う手筋です。
白は黒2子を取るわけにはいきません。」


何故黒2子を取りに行けないのかについても参考図で解説していますが、省略します。

白3「切りを防いで、この一手です。」
黒4「白1子を取ることができました。」
白5「この当ては先手で打てますが・・・。」
白7「ここに一手必要で、白が後手になりました。」

白7を打たないとどうなるかは参考図で解説していますが、省略します。

黒8「絶好の伸び切りを打つことができました。
白に隅を譲りましたが、なんといっても中央の勢力争いを制したのは大きいです。
黒十分の分かれでしょう。」


このように、両者の読みや駆け引きによって生まれた変化でした。
プロの考え方の一端をお伝えできたのではないかと思います。

若い上野初段は当然強いのですが、杉内八段が常にしっかり読みを入れて打っていたことが印象的でした。
全く年齢を感じさせません。
夫婦そろってレジェンドですね!


なお、もう1局の富士田-武宮戦も大変見どころの多い1局でした。
特に富士田六段の斬新な序盤構想には注目です。
ご興味をお持ちになった方は、ぜひ日本棋院情報会員にご入会ください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかげ杯国際対抗戦

2017年10月14日 20時31分35秒 | 日本棋院情報会員のススメ
皆様こんばんは。
本日は第4回おかげ杯国際精鋭囲碁対抗戦の1日目が行われました。
おかげ杯の成績上位者3名+女流棋士2名で日本チームを組み、中国、韓国、台湾チームを招待して対抗戦を行うというものです。
世界で活躍する棋士も多く、日本の若手にとって貴重な機会でしょう。

1日目は、日本チームが韓国と台湾を破って2連勝!
暫定トップに立つ健闘を見せています。
ただ、明日の中国戦に勝たないと決勝戦は打てないかもしれません。
厳しい相手ですが、なんとか頑張って欲しいですね!

さて、今回は村川大介八段と李映九九段の対局をご紹介します。
相手は九九段みたいで物凄く段が高そうですね。
しかし、かつて日本には三七一七段という空前の高段者が存在したという事実が・・・(笑)。



1図(テーマ図)
村川八段の黒番です。
白△と打たれた場面ですが、普通に打っていると白地が赤印の線でまとまってしまいそうです。
死に切っていない黒×を活用して、なんとか踏み込みたいところですが・・・。





2図(実戦)
実戦は黒9まで、鮮やかな捌きを見せました!
白△の動きが不自由ですし、白×の一団も急に心細くなって来ました。





3図(実戦)
しばらく進み、黒△と打った場面です。
白はなんとか右辺を守り切ったものの、上辺白が風前の灯火です。
勝負あったという印象です。

本棋戦の対局は全て幽玄の間にて中継されています。
若手の奮闘ぶりを、ぜひご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月の情報会員向け解説

2017年10月13日 23時39分10秒 | 日本棋院情報会員のススメ
皆様こんばんは。
明日は午後1時から永代塾囲碁サロンにて講座・指導碁を行います。
ご都合の合う方はぜひお越しください。
ちなみに、お昼はメイド喫茶イベントを行っているそうですが・・・。
囲碁サロンの看板が怪しくなって来た気がします(笑)。


さて、本日は毎月恒例、日本棋院情報会員のPRを行います。
過去の記事はこちらです→第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回

棋譜再生ソフトの使い方は第4回で詳しく解説しています。
・・・過去の記事一覧を並べるのも、そろそろ鬱陶しくなって来ましたね(笑)。
解説を担当するようになってから、既に1年半以上経過しました。

今月は第65期王座戦本戦 芝野虎丸三段余正麒七段
第36期女流本因坊戦準決勝 謝依旻女流棋聖木部夏生二段
の2局を解説しました。
今回は芝野-余戦の解説の一部をご紹介しましょう。
また芝野かと言われてしまいそうですが・・・。



1図(テーマ図)
いつも通りの「Kiin Editor」キャプチャー画面です。
余七段の強手から・・・。





2図(実戦進行)
このように進行しました。
何が何やら分からないような感じですが、必然性のある進行なのです。
それでは進行の意味を解明して行きましょう。





3図(実戦)
黒1「ボウシに対しては曲げがプロの感覚です。」

まず、この曲げがプロの碁を理解するためには非常に重要です。
似たような形ができると、プロは99%ぐらい曲げている気がします。
何故なら・・・。





4図(参考図)
アマの皆さんは、前図黒1で本図黒1と打つ方が多いですね。
これは高段者にも当てはまります。

「黒1はどちらの白にも響かず、あまり考えたくない手です。
白4以降、一方的に攻められそうです。」


黒1は決して悪手ではありません。
しかし、プロが共通して物足りなさを感じる手なのです。
この感覚を身に付けるのはなかなか大変ですが、そういうものだと知っておくだけでも、プロの碁を理解しやすくなるでしょう。





5図(実戦)
実戦に戻ります。

黒2「曲げとセットの手筋です。
ボウシすれば、ここまで想定できますが・・・。」

白3「ここで割り込みが成立すると読んでいました。」

黒2で3のところに打つ手は、空き三角の形になるのでよくありません。
また、黒2でAとハネる手は無理です。
それぞれ参考図で解説していますが、ここでは省略します。

白3とは強引なようですが、こう打たなければならない理由があります。
それも参考図で解説しているので、ご覧頂きましょう。





6図(参考図)
前図白3で本図白1と引いた場合の図です。

「ここで白1と伸びるようでは、黒2が有名な好形です。
黒AやBの後続手段があり、かえって黒を強くした結果になってしまいます。」


黒△の石から、カケツギの形で進出するのは有名な好形です。
有名と言っても、呼称は定まっていないと思いますが・・・。
それはともかく、この形もまた非常に重要です。
この形が好形であることを覚えておくと、プロが相手にこの形を作らせまいとしていることも把握しやすくなるでしょう。
もちろん、皆様自身の対局にも役立ちます。





7図(実戦)
実戦に戻ります。

黒1「取られては終わりなので、黒は逃げ出します。」
黒5「これで黒AとBが見合いになるというのは、プロには簡単な読みです。」

では、黒AとBが見合いになっていることを参考図で確認しましょう。





8図(参考図)
白が7図Aの方を守った場合の図です。

「白1なら黒2で脱出できますし・・・。」

これは白の得た物が何も無い図ですね。
では、見合いのもう片方を打てばどうなるでしょうか?





9図(参考図)
白が7図Bの方を止めた場合の図です。

「白1には黒2と出て、逆に白を取れます。」

これも白がダメですね。
どちらの参考図もダメとなれば、白が困ったようですが・・・。





10図(実戦)
白1「しかし、ここで覗く手を見ていました。」
黒2「中央黒の脱出は許しますが・・・。」
白3「タケフに打って、AとBの切断が見合いです。
余七段らしい深い読みでした。」


テーマ図の時点から、9図まではプロなら簡単に読めます。
そしてテーマ図のボウシは無理だと諦めてしまいがちですが、余七段はその先まで読んでいたのです。
ここから黒B、白Aとなって戦いは続いて行きますが、その進行もある程度見通しは立っていたでしょう。


この碁は最初から最後まで全て見所と言って良いほど中身が濃く、解説者にも普段の倍ぐらい時間がかかりました(笑)。
大熱戦の模様を、ぜひ多くの方にご覧頂きたいと思います。

また、もう1局の謝-木部戦も大変熱い戦いでした。
来週の週刊碁で木部二段の講座がスタートするそうですが、そちらの題材にもなっているようですね。
ちなみに、木部二段の解説方法は視覚的に分かり易く、私も時々真似しています。
今後広まって行くのではないでしょうか。

なお、来月は
第43期名人戦予選A 富士田明彦六段対武宮正樹九段
第5期立葵杯予選 杉内寿子八段上野愛咲美初段

の2局を解説します。
ご興味をお持ちになった方は、ぜひ日本棋院情報会員にご入会ください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評・第9回 黎明秀甫

2017年09月28日 23時59分59秒 | 日本棋院情報会員のススメ
皆様こんばんは。
本日はこの本をご紹介します。



以前玄妙道策をご紹介しましたが、同じシリーズです。
本書は幕末~明治にかけて活躍した、村瀬秀甫が主人公の打碁解説です。

皆様は家元制時代の棋士というキーワードで、誰を思い浮かべますか?
恐らく、本因坊道策または本因坊秀策を挙げる方が多いと思います。
次点は本因坊丈和、本因坊秀和、本因坊秀栄あたりの争いでしょうか。
いずれも素晴らしい大棋士であり、彼らの残した棋譜には現代の棋士も大いに影響を受けています。

本書の主人公である秀甫も、彼らに劣らぬ大棋士です(道策は別格かもしれませんが・・・)。
ただ、残念ながら知名度には大きな差があります。
碁も強ければ人物も魅力的だと思うのですが、生まれた時代の問題でしょうか・・・。
家元制の崩壊により御城碁(将軍御前での対局)を打つ機会に恵まれず、さらに本因坊就位後僅か4か月で没するという不運もありました。

さて、知名度はさておき、秀甫の残した碁は素晴らしいです。
江戸時代の名棋士たちから受け継いだ技術をベースにしつつも、先進的な考え方を取り入れて新しい境地を切り開きました。
著書「方円新法」の解説はレベルが高いうえに分かりやすく、現代でも通用します。
高校生の頃の私は、学校の図書館で現代語訳版を読んで感動した記憶があります。
また、入段試験に向けて修行していた時期は、秀甫の打碁集を自分で作って並べたものです。

本書ではそんな秀甫の碁を、石田章九段が解説しています。
秀甫の碁の本質に迫り、その魅力を無駄無く伝えているのは流石ですね。
レベルはかなり高い筈ですが、何となく眺めるだけでも楽しめるのではないでしょうか。

現代から見ても水準の高い棋士が江戸時代から数多く存在していたのは日本だけです。
昨今の世界戦では中国や韓国が台頭していますが、それでも囲碁は日本の国技と言って良いでしょう。
情報の多い現代ですが、過去の名棋士達のことをもっと知って頂けたら嬉しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加