白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

攻めの方向

2017年10月24日 22時10分27秒 | 仕事・指導碁・講座
皆様こんばんは。
本日は有楽町囲碁センターにて指導碁を行いました。
お越し頂いた方々、ありがとうございました。

最近、指導碁に行くたびに私の本を探してしまいます(笑)。
今回は「布石の原則」が目立つところに飾ってありました!

さて、本日は指導碁に現れた場面を題材にします。
6子局です。



1図(テーマ図)
白△と打った場面です。
この白は弱い石ですが、どうやって攻めますか?
攻めの方向が問われます。





2図(失敗図1)
黒1と切りたくなる方が多いのではないでしょうか。
しかし、白2、4とはみ出され、黒△が弱くなってきましたね。





3図(失敗図2)
そこで、黒1、3と守りましたが、その間に白4とカケられ、中央が止まってしまいました。
黒は白△を取ったものの、地が少し増えただけなので小さい利益です。
右辺黒模様が広がる余地は無くなり、むしろ白Aと打ち込まれたりすると黒△が攻められます。





4図(正解)
攻めと石を取ることは違います。
黒にとって将来性のある地域は右上一帯であり、これを育てるように攻めるのが正しい攻めの方向です。

ということで、黒1が正解です。
黒7まで、白にダメをつながっただけですが、その間に打った黒石は全て模様拡大の役に立っています。
右上一帯が大きくまとまり、立派に攻めの利益が上がりました。


弱い石を攻めることの重要性は、私も著書で強調しているところです。
ただし、攻め方を間違えると自分の石を弱くしたり、自分の模様を台無しにしてしまうことがあります。
攻めの方向には気を付けたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石の方向

2017年09月23日 21時25分29秒 | 仕事・指導碁・講座
皆様こんばんは。
数日前、スマホが水没しました。
スマホを取り落とすことは日常茶飯事ですが、とうとう落ちてはいけない所に落ちてしまいました・・・。
元々買い替え予定だったとは言え、データが取り出せなくなるのは痛いですね。
とりあえず新しい機種を購入したので、本日からは普通に連絡が取れます。
最近私にメールなどを送って返事がなかったという方は、お手数ですが再送して頂けると助かります。

さて、本日は石の方向についてのお話です。



1図(テーマ図)
9子局、白△と押した場面です。
次に白Aと2目の頭をハネられるのが怖いので、黒は受けているのが本手です。
しかし、大丈夫と読んだようで手抜きをしました。

さて、それでは次に黒はどこに向かうべきでしょうか?
黒BとCの2択で考えてみてください。





2図(失敗)
実戦は黒1でしたが、これは不正解です。
白2と割られ、左右の黒△が弱い石になってしまいました。
この後は白Aから大きく攻められ、右下隅が白地になるなど、黒は様々な不利益を被ることになりました。





3図(正解)
白△の勢力があり、そこに近付いている黒△は弱い石です。
そこで、両者を握手させる黒1が正解になります。
この手によって黒石全体が強くなり、同時に右下一帯が大きな勢力圏になりました。

さらに、黒1は白全体の出口を塞ぐ攻めの手にもなっているのです。
将来黒Aの切断や、黒B、白A、黒Cと全体を閉じ込める攻めにもつながります。
一石二鳥にも三鳥にもなる好手なのです。


このような2択問題では正解しやすいのですが、実戦ではあらぬ方向に打ってしまう方が多いのです。
石の強弱を第一に考えていれば、むしろ方向を間違える方が難しいぐらいなのですが・・・。

置き碁ではこのような石の方向を問われる場面が毎回現れますし、正解・失敗の差もはっきりしています。
対局を振り返って反省する際は、こういうところを意識すると良いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

攻めの方向

2017年09月18日 22時08分07秒 | 仕事・指導碁・講座
皆様こんばんは。
本日は中央大学囲碁部時代の後輩の結婚式に出席しました。
幸せな二人を見るのは良いものですね。
こういう時は毎回多くの仲間が集まるので、それも大きな楽しみです。
つい飲み過ぎてしまうのが問題点ですが・・・。

さて、今回のテーマは攻めの方向です。
昨日打った7子局を題材にしてみます。



1図(実戦)
白△と打ち込まれた場面です。
ここでどうすれば良いのか、「やさしく語る 碁の本質」、「やさしく語る 布石の原則」でお伝えした考え方によって判断してみましょう。

まず、白△は弱い石です。
弱い石なので攻めたいところですが、この場合根拠を奪う攻め方の出番ですね。
A周辺とB周辺が候補になりますが・・・。





2図(失敗)
黒1と隅の確保を優先させる方が多いですが、白2と滑られて失敗です。
眼を確保しながら黒陣に入り込まれてしまいますし、右上も後に白Aの嫌がらせに困るケースが多いですね。
もちろん、黒が悪手を打ったとまでは言えませんが、碁が紛れる原因にはなるでしょう。





3図(正解)
打ち込まれた時にまず確認することは石の強弱であり、これは絶対に忘れてはいけません。
しかし、下方の黒は石数が多くて見るからに強いですし、右上黒△の小ゲイマ締まりもしっかりとした構えなので、どちらも問題ありませんね。
となれば、次に確認するべきは勢力圏です。
すると、右上隅は黒の勢力圏ですが、それよりも右下一帯の方が明らかに大きな勢力圏であることが分かります。
という訳で、そちらを大切にする黒1が正解です。





4図(正解・その後)
その後は黒8までの進行が一例です。
右上の黒には不安がありませんし、右下の勢力圏が着々と強化・拡大されていることが感じられるでしょう。

攻める気持ちを持つことは、有段者はもちろんですが級位者にも大切です。
しかし、上手の石をただ闇雲に追いかけて失敗することもありがちですね。
そうならないためには、どう攻めれば得をできるのか、イメージしてから打つことが大切です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石のつながり

2017年09月16日 16時22分49秒 | 仕事・指導碁・講座
皆様こんにちは。
明日は武蔵小杉の永代塾囲碁サロンにて行われる、ウイークエンド交流会にゲスト参加します。
講座では三谷哲也七段との対局を解説します。
皆さんに楽しんで頂ける内容になるのではないかと思いますので、ぜひお越しください。
台風が気になりますが・・・直撃しないことを祈っています。

さて、本日は指導碁によく現れる形をご紹介します。



1図(テーマ図)
白に両ガカリされた形です。
白△と渡ったところで、黒の次の一手はAでしょうか、Bでしょうか?





2図(実戦)
ここで黒1と打ってしまう方が非常に多いですね。
級位者はもちろん、有段者でもよく見かけますし、果ては高段者まで・・・。
右辺の白1子に動かれるのが怖いのでしょうが、白2と裂かれると黒△が弱くなりますし、黒模様のスケールも非常に小さくなっています。
黒1は置き碁の優位性を自ら手放す手で、敗着と言っても過言ではありません。
実際、私の経験ではこの形を作って勝った黒は皆無に近いはずです。





3図(実戦)
黒1と飛び、黒△と握手するのが正解です(高段者ならAも良いでしょう)。
不安な石が無くなり、全体の黒模様のスケールもぐっと大きくなります。
この後白△が動き出して来たとしても、一方的に攻めるチャンスです。
もっとも、それでも紛れの余地はあるので、「やさしく語る 碁の本質」では別のコースをお勧めしていますが・・・。

定石を沢山覚えるよりも、このような場面で石の方向を間違えないことの方が遥かに大切です。
置き碁ではこのような場面が多く現れますが、落ち着いて正解して頂きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

攻めの方向

2017年09月10日 22時33分23秒 | 仕事・指導碁・講座
皆様こんばんは。
本日は二十四世秀芳囲碁さろんにて、グリーン碁石交流会が行われました。
私は隔月で講座と指導碁を行っています。
参加者の年齢層は様々で、私に近い年の方から、90代の方まで・・・。
囲碁は健康長寿にもつながるゲームです。

さて、今回は指導碁の1局を題材にしましょう。



1図(実戦)
4子局、白△とつないだところです。
下辺の白は白Aと打っても2眼できません。
格好の標的と言えますが、黒は左と右、どちらから攻めるべきでしょうか?





2図(実戦)
実戦は白△の石を気にして、黒1と打ちました。
しかし、白2と進出されるとむしろ右下黒が心配になっています。
そこで黒3から守りましたが、白8まで白は全体がつながってしまいました。





3図(実戦)
黒1など、右下隅を守りながら左右の白を割く打ち方が正解です。
黒13まで、白を一方的に攻める態勢ができました。


相手の石を攻める時に、自分の石を弱くしないことは基本です。
しかし、実際に打っているとついそれを忘れてしまうのですね。
攻めと守りは表裏一体ですから、常に意識しておきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加