白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

昨日の対局

2017年09月08日 21時45分55秒 | 対局
皆様こんばんは。
昨日、ブログの画像が消えるトラブルが発生しましたが、現在は復旧しています。

囲碁界ニュースです。
許家元四段棋聖戦Sリーグ昇格を決め、七段に昇段しました!
Cリーグに入ってからノンストップで駆け上がり、僅か3年で上位6人の中に食い込みました。
来期の棋聖戦リーグがますます楽しみになりましたね。

さて、本日は私の対局を振り返ります。
対局相手は菅野尚美三段でした。



1図(テーマ図)
私の黒番です。
白△と挟まれ、黒△が弱くなっています。
ですから、基本的な考え方からすれば・・・。





2図(実戦)
弱い石を動く、黒1などが考えられます。
勢い黒7と反撃し、本図の後は戦いになります。

これはこれで互角の進行でしょうが、左辺は白石の多い場所であり、そこで戦うのは私の好みではありません。
そこで実戦は・・・。





3図(実戦)
黒1、3と下辺に展開しました。
そして白4とコスミツケられ、黒△が弱くなっています。
黒は弱い石を放置したことになりますが・・・。
本に書いてあることは嘘だったのか? と言われてしまうかもしれませんね(笑)。

しかし、これも基本的な考え方を応用したものなのです。
石が攻められないためには守ることが基本ですが、いっそ捨ててしまえば守る必要も無くなるということです。
もし白4の後、続けて白Aとでも打ってくれれば、大喜びで他の大場に先行します。
もっとも、白Aのような手はプロは絶対に打ちませんが・・・。
そういう手が良くないということは、私の本にも書いているぐらいですからね(笑)。

さて、その後黒5とカカり、白6と挟まれた場面ですが・・・。





4図(実戦)
ここでも手抜きで黒1の大場に先行しました。
実戦はこの後白Aと打ちましたが、もし白Bと打って黒△を攻めて来た場合は、構わず黒Cあたりに開くか・・・。





5図(実戦)
本因坊道策風? に黒1から捌くような図も脳裏をよぎりました。
これが妥当な進行とはとても思えませんが、打っていると色々な図を考えるものです。


難しい碁でしたが、途中で相手にミスが出てから急に黒の流れになりました。
次の対局も頑張りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の対局

2017年09月01日 21時30分48秒 | 対局
皆様こんばんは。
まずはお知らせです。
新刊「やさしく語る 布石の原則」ですが、新たに間違いが見付かりました。

〇37ページ3図と4図、35ページのテーマ図2にあった白18が無くなっています。
〇218~222ページ 第8章テーマ図7、三々ツケと呼んでいますが三々の位置ではないので不適切です。「星からのシマリへのツケ」に訂正します。

前者はよくあるタイプの誤植ですが、後者の方は完全に私の記述ミスです。
執筆中、私の中で何故かその手が三々ツケということになっていたようです。
私の脳は大丈夫でしょうか・・・。
なお、誤植の一覧は読者コーナーにまとめてありますのでご確認ください。


さて、本日は昨日の対局を振り返ります。
天元戦予選で三谷哲也七段と対局しました。
三谷七段とは7年ぶりの対局です。

以前の対局は、最近囲碁・将棋チャンネルの「記憶の1局」コーナーで流れていたそうです。
当時の私は、今より少しだけ強かったですね。
そんなこともあり、昨日の対局はいつもより気合が入っていたかもしれません。



1図(テーマ図)
私の黒番です。
左上の形を見て、ピンと来た方はなかなかマニアックですね(笑)。
Masterと古力九段の対局に登場した型が少し変化したものです。

さて、ここで白1の5線肩ツキは意外な手でした。
多くの場合、肩ツキは相手の模様を消す目的で打たれます。
そう考えると、この後白A、黒Bという進行が自然ですが、このようなほどほどの打ち方は三谷七段のイメージと違います。





2図(実戦)
実戦は、白1のツケから白3の切りを入れ、白5、7!
凄いところから仕掛けて来ました。
白△を援軍に、上辺黒の構えを破壊しようというのです。
三谷七段らしいパワフルな打ち回しです。
私には一生気付かない発想ですね。





3図(実戦)
その後、白△と飛んだ場面です。
手筋に明るい方なら、ここである一手が思い浮かぶでしょう。
白×を取ることができるのですが・・・。





4図(変化図)
それが黒1です。
これで白3子は動けませんが、白6までとなると黒△が弱く、黒は左辺で苦戦を強いられます。
また、後に白Aの渡りが非常に大きく、黒Bとなると黒地がへこんでしまいます。
という訳で、手筋とは言え黒1は採用できません。
石を取れば良いとは限らないのです。





5図(実戦)
前図ではつらいので、強く黒1と出るのがプロの感覚です。
これで白を取れれば、お互いの地が前図とは比べ物になりません。
そこで、白も4、6と動き出すことになりました。

黒4子と白6子の攻め合いの形ですが、実は黒勝てません。
しかし、それを承知の上で黒1と出たのです。





6図(実戦)
その後の局面です。
上辺は元は黒模様でしたが、黒×を取られて白地になってしまいました。
しかし、左辺一帯の姿が4図とは比べ物にならないことが感じられるでしょう。
黒石は強く、白×を大きく飲み込む勢いです。
白地も多いですが、これで1局打てると思いました。

この後、白×を動き出して戦いになりましたが、見落としがあって打ちにくい碁にしてしまいました。
それでも粘っていたのですが、またしてもミスが出て敗勢に・・・。
気合とは裏腹に、後半まずい碁になってしまって残念でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の対局

2017年08月24日 19時34分10秒 | 対局
皆様こんばんは。
本日は第66期王座戦予選林子淵八段と対局しました。
明日は王座戦挑戦者決定戦、一力遼七段芝野虎丸七段の対局が行われることは昨日お伝えした通りですが、そちらは第65期です。

プロ碁界では年中様々な棋戦が入り組んで行われています。
棋戦の年間スケジュールをご覧頂ければ、何となくイメージを掴んで頂けるでしょう。
ただ、実際にはこの表に加えて、前後の期も絡んで来る訳です。
ややこしい限りですね。

さて、それでは対局の方を振り返って行きましょう。



1図(実戦)
私の白番です。
白1ではAやBが定石ですが、一路広く開いてみました。
最善手はとても分かりませんが、最近はこういう時に打ちたい手を優先させることにしています。
打ちたい手を打っていれば、仮に上手く行かなかったとしても後悔はありません。
中心からずらした白7の開きも、似たような気分です。

ところで、この後隣で石音が聞こえたので、チラッと見やったところ・・・。





2図(隣の対局)
白△と打ったところでした。
配置が全く違うので、真似した訳ではないでしょう。
しかしこの瞬間、心なしか隣から視線を感じたような・・・(笑)。





3図(実戦)
黒1に白2、4のツケ伸びも、打ってみたくなった手です。
両ガカリされた時以外のツケ伸びは、プロの対局ではあまり打たれません。
私も初めて打ったはずです。
一言で言えば、左辺を立体的に構える目的です。





4図(実戦)
黒5と侵入されて左上隅が弱くなりました。
白8、10のツケ伸びは、頭を出しながら隅に根拠を求める打ち方です。
この系統のツケ伸びは実戦によく現れますね。





5図(実戦)
出来上がり図です。
左下黒△とほぼ同じ形が左上でもできました。
妙な碁になったものです(笑)。
この後白8から左辺黒を攻める展開になりました。

この後優勢になりましたが、例によって勝ち切れず、残念な1局になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の対局

2017年08月04日 23時45分32秒 | 対局
皆様こんばんは。
幽玄の間では、DeepZenGoが相変わらず大人気です。
棋士全員が打てるようになってからまだ4日目ですが、既に56局もの対局が行われています。
昨日など、公式戦があった棋士も夜当然のように打っていましたね。

恐ろしいことに一時38連敗を喫していましたが、ここでも芝野虎丸七段が登場、見事連敗を止めました。
最近の芝野七段は、本当にやりたい放題です(笑)。
なお、その後大矢浩一九段も勝って人間側の通算3勝となっています。
ナショナルチームメンバーのみの時と勝率が違うようですが、切り替えのタイミングでバージョンアップが入ったのか、単なる偏りなのか、はたまた他の理由か・・・。
結論を出すにはまだ時期尚早ですね。

さて、本日は昨日の対局を振り返ります。
王座戦予選、大西研也三段との対局です。



1図(テーマ図)
私の白番です。
黒5までの布石は、手順と向きこそ違いますが、いわゆる秀策流ですね。
首を左に90度傾けてご覧頂ければ確認できるでしょう(笑)。

ただ、現在は右上へのカカリは7の小ゲイマではなく、白6の高ガカリが主流です。
あくまで趣向であったこの手が市民権を得たのは、幕末~明治初期の巨匠、本因坊秀和の影響が大きいでしょうね。

黒11の後は白A付近に開くのが定石ですが、黒BやCにゆったり構えられて面白くありません。
白は勢力を作ったので、これを生かして左上黒に迫りたいという感覚があります。





2図(参考図)
そこで、白1と迫ってから白3に開くのが、古くから定番となっている打ち方です。
白3ではAと高く開くこともありますし、開く前に白Bとさらに迫って行く打ち方もあります。
幽玄の間で中継されていた安斎伸彰七段大竹英雄名誉碁聖の対局では、後者の打ち方が現れました。

私としても、この中のどれかを選ぶつもりで打っていました。
ただ、いくつか想定図を作っているうちに、ふと疑問が・・・。





3図(実戦)
それは、白1、3と両方高く構える打ち方は何故人気が無いのか? というものです。
これは黒Aの滑りや、場合によっては黒Bあたりに打ち込まれる弱点があるので、地を作ることだけ考えるとマイナスです。
その代わり、中央への発言権が強いというプラスがあるので、一長一短と言えます。

しかし、プロの対局では前図の構えは数え切れないほど打たれているのにも関わらず、本図の高い構えは何故かプロの対局ではあまり見たことがありません。
具体的にまずい理由があるのかもしれませんが、思い付かなかったので実際に試してみました。

私は常々、公式戦を楽しむ余裕は無いと言っていますが、考えてみればこのぐらいの段階では結構楽しんでいるかもしれません。
明らかにおかしなことさえしなければどう打っても1局の碁であり、敗着が出ることはまずあり得ないからです。
プレッシャーも少なく、自分の感性を自由に表現することができます。
芝野七段も、碁の良いところに「自由なところ」を挙げていましたね。





4図(実戦)
相手も悩んだ末、裏定石のような黒1以下を採用。
白△の位置を意識してのものでしょう。





5図(実戦)
白5まで、見たことの無い局面になっています。
この後は白Aの切りから戦端が開かれました。
少し位置をずらしただけで、ずいぶん展開が変わったものです。

この碁は少し負けそうでしたが、相手に錯覚があって逆転勝ちとなりました。
対局中は形勢が悪い自覚が無かったのですが、もし気付いていたら無茶をやって自滅したかもしれません。
知らぬが仏ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の対局

2017年07月27日 22時37分00秒 | 対局
皆様こんばんは。
本日は棋聖戦Cリーグで安達利昌四段と対局しました。
変化が多くて非常に難しい碁でした・・・。
今回は盤面の移り変わる様子を、スライドショーのようにご覧頂きましょう。



1図(実戦)
手順を示すのはこの図だけです(笑)。
私の黒番、白1、3のアルファ碁流(?)に対して、すぐに黒4と打ち込んで行きました。
白1の石を攻める構想ですが・・・。





2図(実戦)
駆け引きの結果、逆に白が攻勢に立つことになりました。
地ではリードしたものの、右辺黒を攻めながら中央に壁を作られ、形勢は良くないと感じていました。





3図(実戦)
しかし、その後色々あって、意外な振り替わりになりました。
黒は×を取り、白は黒×の構えを突き破っています。
この結果は中央白の厚みを破壊したことの価値が大きく、形勢は黒リードに変わりました。





4図(実戦)
ところが、そのまま勝ち切れないのが私の碁・・・。
手所の読みに不足があり、黒×が取られる結果になりました。
周辺で利益を上げているのでただ取られではありませんが、形勢は白リードに変わりました。





5図(実戦)
ただ、白もリードを過信して着手が甘くなります。
白が堅く打っている間に左辺が黒地になり、勝負はまた分からなくなりました。
一時は勝勢を確信するところまで行きましたが、打った瞬間に気が付くミスを犯し、半目勝負に・・・。





6図(終局図)
黒△と半コウをつないで終局です。
19×19=361の盤面にはかなりの隙間がありますが、これで345手です。
何しろコウ争いを繰り返し、お互いのアゲハマは黒35対白34です。

ところで、アマの皆様には整地が苦手な方が多いですね。
そこで以前、整地のコツをご紹介しましたね。
しかし、この碁の整地は異常に楽でした。
何しろ、地を数えやすくする手続きが一切なく、ただアゲハマを埋めることしかしていません(笑)。





7図(整地後)
整地後の盤面を再現しました。
白地が無いどころか、アゲハマが1つ余っており、白地マイナス1目です。
一方黒地は5目、ということは・・・。
5引くマイナス1=6で盤面黒6目勝ち、コミ6目半があるので白半目勝ちです。

途中の計算で、半目負けになるような気はしていました。
しかし、まさか白地がマイナスになるとは思いませんでしたね。
これはひょっとしたら、計算違いで1目半勝っているのではないかと淡い期待をしましたが・・・やっぱり駄目でした。

昔から計算は苦手で、作ってみたら思っていたのと結果が違っていた、ということは過去に何度かやっています。
しかし、何故か半目勝負ではあまり間違えた記憶がありません。
集中力の違いでしょうか・・・。

以前は半目負けすると悔しさ倍増という感じでしたが、今はそれほどでもありません。
何故か私の碁には半目勝負が多く、本局で17回目です。
半目負けの悔しさにも多少は慣れました。
これでCリーグは陥落、というか退場になったのは残念ですが、実力不足だったので仕方ありません。

なお、半目勝負については、また別の機会に詳しく語ろうと思います。





あ~悔しい・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加