白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、囲碁棋士白石勇一六段のブログです。
著書「やさしく語る 碁の本質」「やさしく語る 布石の原則」発売中!

読者コーナー(やさしく語る 布石の原則)

2017年08月26日 23時59分59秒 | 読者コーナー(著書)
皆様こんばんは。
著書「やさしく語る 布石の原則」の発売日が2日後に迫りました。
書店や日本棋院の売店、ネット通販などでお買い求め頂けます。
また、それ以外にも私と関わりのあるところではご注文頂けるかもしれません(五反田の教室でも販売しています)。
また、電子書籍版(pdf、Kindle等)も出ておりますので、よろしければご活用ください。

さて、ここで少し残念なご報告があります。
見本を確認したところ、いくつかの誤植等が見つかりました。
今回はミス無くと思っていたのですが、やはり難しかったようです。
正誤表は入っていないと思いますので、ここでお知らせしたいと思います。

〇19ページ下段17行目 (誤)199ページ (正)201ページ
〇46ページ5図 白2の2路下にある筈の白石が無くなっています
〇82ページ1図 右下隅、1間締まりである筈の黒石が2間になっています
〇91ページ2図 白8の位置が微妙にずれています
〇99ページ 黒5、白14の石がずれており、本来はそれぞれ2路左です
〇123ページ4図最後の行 (誤)白も (正)白の
〇201ページ下段2行目 (誤)ニ(カタカナ)間ビラキ (正)二間ビラキ

<追記(判明した順)>
〇67ページ 本来は白4の2路下(4の六)に白20がありますが、図では無くなっています。68、69ページも同様です。
〇216ページ下段6行目 (誤)白1の押しが (正)白2の押しが
〇37ページ3図と4図、35ページのテーマ図2にあった白18が無くなっています。
〇218~222ページ 第8章テーマ図7、三々ツケと呼んでいるが三々の位置ではないので不適切です。「星からのシマリへのツケ」に訂正します。


見た目からすれば図の間違いが痛いですが、本書の理解という観点からは19ページや123ページのミスの方が問題ですね。
ご購入くださった方は、まずこれらをご確認ください。
もし他にも間違いなどありましたら、お手数ですが gotanda@igoshiraishi.com までご連絡頂ければ幸いです。
この記事のコメント欄やFacebookTwitterでも受け付けます。

また、皆様からのご質問も募集しております。
意味の分かりづらかったところ、本書の活用にあたっての疑問点などがありましたら、ぜひお知らせください。
回答は記事の投稿という形で行わせて頂きます。
前作「やさしく語る 碁の本質」についてのご指摘・ご質問も受け付けておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読者コーナー(著書)

2016年11月24日 21時24分19秒 | 読者コーナー(著書)
皆様こんばんは。
本日は、まさかの積雪でしたね。
11月に都心で積雪が観測されるのは、観測史上初めてだとか・・・。
今年は色々な「初」がありましたが、また一つ加わりましたね。

そして本日は木曜日、棋士の対局日でした。
遠くに住んでいる棋士は、気が気でなかったでしょうね。
対局を代わって貰う事はできませんから、どんなに電車が遅れようとも、辿り着かなければいけません。
大雪でなくて良かったですね。

幽玄の間でも、いつものように対局が中継されました。
本日は6局と、いつもに比べてかなり少なめですが、いずれも力の籠った碁でした。
特に金秀俊八段余正麒七段高尾紳路名人山田拓自八段の2局は、物凄い戦いでした。
ぜひご覧ください。
当ブログでもすぐにご紹介したい所ですが、今回は後回しにしようと思います。
本日は皆様にお知らせしたい事があります。

<誤植発覚>
著書「やさしく語る 碁の本質」に、誤植が発覚しました。
図のミスは避けたかったのですが、見落としてしまいました。
86ページ1図黒3の石が、2図では消えてしまっています。<第2刷で修正済み>
これは読者の方にご指摘頂きました。
申し訳ありません。

また、「まえがき」は2ページから始まりますが、目次では3ページと書いてあります。<第2刷で修正済み>
この程度のミスなら、大した事はないのですが・・・。

〇追記
123ページ、下辺星から2路左の白石に、本来ある筈の△印が抜けています。<第2刷で修正済み>
これも読者の方にご指摘頂きました。

135ページテーマ図10で、置き碁でないのに黒石が1つ多いのではないかというご指摘がありました。
確かにその通りで、違和感を感じられた方には申し訳ありません。
なお、テーマ自体に影響はありません。
修正する事も考えましたが、見送る事にしました。

191ページ第8問についても、ご指摘がありました。
4子局と書いてしまいましたが、5子局の間違いでした。<第2刷で修正済み>
校正段階で原稿をチェックし、本になってからもチェックしています。
しかし、それでも見落としがありました。
自分の作ったものを、無意識に信用してしまうのでしょうか・・・。

26ページ4行目、人工が人口になっていました。<第3刷で修正済み>

136ページ2図、2行目の「白8」は「白7」が正しいです。<第4刷で修正予定>


<読者コーナー開設>
著書の読者コーナーを開設します!
といっても、この記事のコメント欄を開放するだけですが。

もし皆様がミスを発見されたら、コメント欄にてお知らせください。
お知らせ頂ければ、該当箇所を当ブログで公表できます。
また、増刷する事になった場合、第2刷では修正できます。

ミス以外にも、「この部分の意味が分からない」「この図でこう打ったらどうなるの?」といったご質問も募集します。
全てのご質問に回答できる訳ではありませんが、全て目を通させて頂きます。
回答は、記事を投稿する形で行わせて頂きます。

コメント欄は承認制なので、反映まで時間がかかる場合があります。
なお、ご指摘・ご質問は、メールでも受け付けます。
メールアドレスは gotanda@igoshiraishi.com です。
よろしくお願いします。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加