遺言や相続あれこれ

遺言や相続に関する話題を紹介しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【北朝鮮】金正日氏の遺言通り…核だけでなく生物兵器も非公式に実験繰り返し準備[02/13]

2013-03-07 15:06:46 | 日記
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★
日米をはじめとする国際社会の制止を振り切り、3回目の核実験を強行した北朝鮮。
今回に止まらず、2次、3次と短い期間で立て続けに実験を行うことを示すなど暴走のアクセルを一層踏み込む姿勢も示した。
実験を重ねて核弾頭の小型化、軽量化を実現させ、米国を射程圏に収める長距離弾道ミサイルへの搭載技術の確立を急ぐが、
専門家は「核より不気味な兵器の実験も続けている」と指摘する。

「以前と違い、爆発力が大きいながらも、小型化、軽量化し、高い水準で安全で完璧に実施した」
北朝鮮の国営朝鮮中央通信は12日に実施した核実験について自信ありげにこう宣言した。
韓国政府は前回実験(2009年5月)の2倍程度の威力とし、日本政府は小型化のカギを握る「核分裂強化(ブースト)型」爆弾を使用したとの見方を強めている。

怪気炎を上げる北は、外務省報道官が朝鮮中央通信を通じ、「今回の核実験は1次的対応措置。米国が最後まで敵対的なら2次、3次対応まで続けなければならない」とまで示唆した。
北の対応を受けて、国連安全保障理事会は13日午前(日本時間)、緊急協議を開き、核実験を過去の安保理決議の「重大な違反」と強く非難する報道声明を出し、
常任理事国の米国と中国は新たな制裁決議案づくりに向け折衝を開始。金融制裁や船舶検査義務化などが議論されるとみられている。

米国のライス国連大使は「(核実験で)北朝鮮が現在も将来も利益を得ることはない。『強盛大国』の達成どころかますます孤立し、国民を困窮させる」と警告。
安倍晋三首相は同日午前、韓国の李明博大統領との電話会談で、北について「国連安全保障理事会での制裁強化決議を速やかに採択すべきだ」と強調し、
李大統領は「強い決議が必要だ。韓日両国で連携していく必要がある」と応じた。

国際社会の自制を拒否し、一方的な行動に出た北朝鮮。その真の思惑はどこにあるのか。
北朝鮮専門のニュースサイト「デイリーNK」東京支局長の高英起(コウ・ヨンギ)氏は次のように解説する。

「昨年のミサイル発射の成功で金正恩第1書記は指導力に自信を深めた。核実験の決行日として12日を選んだのは、旧正月明けで新年の仕事はじめにあたる。
市民に核実験の成果を周知徹底しやすかったためだろう。実績が乏しい正恩氏だけに、ここぞとばかりに核武装になだれ込んで国内での求心力を得ていくはずだ」

さらに「実験後、朝鮮中央通信でさっそく『核爆弾の小型化、軽量化に成功した』とアピールした。核ミサイルの実現に近づいたことを示唆している。
『衛星ロケット』や『核の平和利用』などという今までのような詭弁は使わず、堂々と『核ミサイル保有』を宣言する日は近い」と指摘する。

韓国国防省で分析官を務めた経験を持つ拓殖大学客員研究員の高永●(=吉を2つヨコに並べる)(コウ・ヨンチョル)氏は、
「金正日総書記は、遺言・遺訓の中で北が生き残る手段として『核、ミサイル、生物化学兵器』の3つを挙げた。正恩氏は、父親の意向に忠実に従った格好だ。
核実験で自身の体制強化を図るとともに米国、韓国、日本との交渉を有利に進める狙いがある」と説明する。

北が核実験を行った場合、米国が「重大な行動を取る」と強く非難していたが、高永●(=吉を2つヨコに並べる)氏は
「米国にとって、核施設に対するピンポイント攻撃が一番望ましい選択肢だが、中国、ロシアを刺激する恐れがあるのでなかなか難しい。
現実的には、国連と連携しての経済制裁。これに加えて、金融制裁も視野に入れているだろう」とみる。

ただ、高永●(=吉を2つヨコに並べる)氏は、核だけに目を奪われていては「危ない」と指摘し、こう続ける。

「約5000トンも貯蔵していると言われる生物化学兵器の存在だ。猛毒性のサリンや、ペストやインフルエンザウイルス、
さらには豚や牛の家畜が感染しやすい病原体などありとあらゆるものを保有している。
国際社会の非難が核よりも強いため、表には出していないが、非公式で実験を繰り返している。追い詰められると実際に兵器を使いかねない。
核はあくまで抑止力の道具だが、『本当に怖いのは生物化学兵器』と言われている」

暴走の先に未来はない。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130213/plt1302131825006-n1.htm

 

引用元: 【北朝鮮】金正日氏の遺言通り…核だけでなく生物兵器も非公式に実験繰り返し準備[02/13]

 

姫路 遺言 姫路 相続

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加