らもすの日記

日常を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

介護施設の入居条件とは?ケア体制は?

2016-10-11 10:28:25 | 日記
各ホームには入居条件(年齢、健康状態、要介護度など)と退去条件がありますので、住み替えせずに終のすみかとする場合は、要介護度が上がった場合、認知症が進んだ場合、医療行為が必要になった場合、長期入院した場合でも住み続けられるのか、しっかりと確認しておきましょう。また、入居時には身元引受人(身元保証人)が必要になります。いない場合は身元保証を請け負う社団法人やNPOを利用するのもひとつです。ホームによっては別途費用を支払うことで代替できるところもあります。

どれだけ手厚いケアが受けられるかは、スタッフの数によって違ってきます。介護付有料老人ホームの場合は、入居者3人に対して介護スタッフ1名以上を配置する「3:1」が国の最低基準です。これよりも多ければ多いほど手厚い介護が受けられることになります。夜間はスタッフが少ないことも頭に入れておいてください。看護職員の有無や勤務体制(昼間のみ、24時間勤務など)、医療機関との連携、日常的な健康管理、機能訓練指導員(リハビリ専門員)の有無、緊急時の対応や体制、看取り体制などもチェックしておきたいポイントです。 なお、住宅型有料老人ホームの場合は、外部の事業者との契約で介護サービスを受けるシステムなので、介護スタッフは常駐していません。生活支援サービスをしてくれる施設スタッフの人数(夜間体制含む)、看護職員の有無、医療機関との連携、緊急時の対応などをチェックするようにしましょう。

デイサービスおとも
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めて事業計画書を作る時に... | トップ | メーカーの試作能力 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。