楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule03)

2017-04-29 | 自己変革

著者の佐々木さんは、現状を手放すことの大切を、書いています。
今の現状を脱するためには、一気に変えるのではなく、まず、現状の
「快楽を捨てる」という事に力を注ごうと提案しています。
Rule 03:現状を手放す
 「何かを始めることができない」という心理の裏には、「いまやっていること

をやめて後悔したくない」という心理が働いています。「現状を維持したい」
という気持ちが強いのです。これは「所有意識」と似ています。 

◎マグカップの売値は買値より高い 
「マグカップの売値は、つねに買値より高い」という実験結果があります。
「500円で買ったマグカップは少なくとも1000円以上でしか売りたくな
い」などという心理が働くのです。
 自分の所有物は、お店にあるものとはわけが違います。自分のものには愛着
があります。だから手放すのには「心理的な苦痛」がともなうのです。
 オークションの値がつり上がっていくのも、こうした心理的な背景がありま
す。特にオークションの最後のほうでは、激しい競り合いが起こります。あれ
は、競り合っている人たちにとって、その品が「ほぼ自分のものになっている」
状態だからです。
 ほぼ自分の所有物になっているものを手放すことはとてもつらいことなの
です。だからどうしても手に入れたい。結果として、どんどん値段が上がって
いきます。
◎「快適な現在」を手放したくない
 人は、すでに持っているものを失いたくない。これは「状況」にも同じこと
がいえます。現在の「心地よい状況」を失いたくないということです。「も
しかしたら現在の状況よりも悪くなるかもしれない」から、新しいことを始め
られない
のです。

 たとえば、いまソファに座ってテレビを見ている。そして、明日までに仕上
げなければいけない仕事がある。早くソファから立ち上がって机に向かわなけ
ればいけないのに、動けない。こんな体験はないでしょうか。
 「いい気持ち」はすでに手に入れている。それを手放して、苦痛をもたらすで
あろう「やるべきこと」をなぜしなければいけないんだI・ こういう心理状態
では、たしかにいつまでたってもテレビから離れられないでしょう。
 ダイエットができない、貯金ができない、というのもこの心理です。ダイ
エットをすれば少なからず苦痛をともないます。食べたいものを我慢したり
運動をしなければいけない。いまは、たしかにちょっと太ってはいるけれども
「心地よい状態」
にいます。その現状を失いたくない。だから、すぐやれない

のです。
 この現状を脱するためには、一気に変えようとしてはいけません。一気に変
えようとすると反動がきます。まず、現状の「快楽を捨てる」ということに注力
してみてください。

 イガ爺さん、人は、より善く生きるために、この世に生み出されたと聞きます。
 現状がこのより善く生きる姿(心)でない情況にあっても、満足
している、現状!!、常に前向きにある人は、そんな現状を打破す
ベく、努力精進(実践努力)をする。
 今日の学びも、イガ爺さんには、耳に痛い項目がいっぱいあったよね。
リタイヤ後、悠々自適に生活してる?とよく人から言われてるよね。
しかし、その実、このままではいけないのではないか?と、考えるかな?
イガ爺さんの課題ですが、アクッション(身を起こす)が出来てない。
まだまだ、洟垂れ小僧だよ、即実践(身を起こす)じゃろが!?
                       :耶馬ん婆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先送りせずに、すぐやる人 ... | トップ | 先送りせずに、すぐやる人 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己変革」カテゴリの最新記事