楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

人生をひらく100の言葉(No.002)

2017-08-09 | 自己改革

-----------------------------------------------------------------------------
人生をひらく100の言葉・No.002

    『栄冠、涙あり:南部忠平・第10回オリンピック三段跳び優勝者 19041997
-----------------------------------------------------------------------------
イガ爺さん、おはよう!?
 今朝も、暑いね!? それでも耶馬の郷は25度だったよ。
 今日は、長崎へ原子爆弾が投下され72年長崎原爆記念日だ!!
 いわずもがな、恒久平和を願って哀悼の」一日としたいよね。
 今日も、昨日から紹介している本から!
---------------------------------------------------------------------------------
人生をひらく100の言葉・No.002
 『栄冠、涙あり:南部忠平・第10回オリンピック三段跳び優勝者 1904~1997』
 このことばは、栄冠を勝ち得た陰には人知れず流された幾多の涙があるという
私の体験から生まれたものです。
 オリンピックの優勝者というと、とかく世間は華やかなものと見るでしょう。
しかし優勝の陰には、ただ競技だけの涙にとどまらず、家庭的な悩み、肉親の死
などの苦しさに流した涙もあります。
 人生には確かにいろいろな出来事が起こります。しかし、それを克服したとき、
人は栄冠をつかみ得るのではないでしょうか。     1976年12月号掲載
---------------------------------------------------------------------------------
イガ爺さん、今日のメッセージはどうでした!?
 やはり、深いよね!!「栄冠を勝ち得た陰には人知れず流された幾多の涙がある」
  ってことだよね。 
「苦難福門」って言葉がある、「天は、あなたが乗り越えられない苦難は与えない」
 何故、人はそれを苦難と思うのか!?「その先にある、福門を知らない」からだ。
 福門をくぐって、振り返れば、「感謝」しかない。
 その中に居るときは気付かなかった虹も、通り過ぎ振り返って、最中に居たことに
 気付くのである。ってね。
-----------------------------------------------------------------------------------------
今日の論語 学而第一 13

01-13
有 子 曰。          ゆうしいわく
信近於義。言可復也。   しん、ぎにちかければ、げんふむべきなり。
恭近於禮。遠恥辱也。、  きょう、れいにちかければ、ちじょくにとおざかる。
因不失其親。亦可宗也。 よることそのしんをわざれば、またたっとぶべきなり。

  • 有子 … 孔子の門弟。姓は有(ゆう)、名は若(じゃく)、字(あざな)は子有。
  • 信 … 約束すること。約束を守ること。
  • 近 … 「近づけば」とも訓読できる。
  • 義 … 道理。
  • 復 … 実行する。履行する。
  • 恭 … うやうやしくすること。
  • 因 … 頼りにすること。
  • 宗 … 尊ぶ。

「有(ゆう)先生がいわれた。
約束したことが正義にかなっておれば、その約束どおりに履行できるものだ。
丁寧さが礼にかなっておれば、人に軽んぜられることはないものだ。
人にたよる時に、たよるべき人物の選定を誤っていなければ、生涯その人を
尊敬していけるものだ」
---------------------------------------------------------------------------------
約束を守り、礼節を重んじる。そんな実践で子(部下)は育つ とイガ爺さんが屁訳してたよね
・「いわずもがな」だがね。 

:耶馬ん婆でした。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生をひらく100の言葉(N... | トップ | 人生をひらく100の言葉(N... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己改革」カテゴリの最新記事