楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

荘子の言葉・その33

2016-10-18 | 賢者の言葉

之聴以心:之を聴くに、心をもってせよ(人間世)
---言葉の奥に心がある---

「耳で聞く」のと「心で聴く」、どう違うのか?

人の話を聞くには、心で聴くことが、肝心である。
 人の話は、普通は、耳で聞く。「耳で聴く」のと、「心で聴く」のとは、どのように違うのか。
「耳で聞く」とは、是非善悪の考えをはっきり持って、相手の話を聴くことをいう。
この聞き方は、常によく相手の意見を聞き取っていなくてはならない。
 考えが相手と会えば、相づちを打つが、考え方が違うと、すぐに首を横に振らなくて
はならない。

 では、「心をもって聞く」とは、どういうことなのか。
 相手を好きならば、「好きな心」で、相手の言葉を聞く。
相手を愛しているなら、「愛の心」で、相手の話を、広く大きな心で聞いてやるのである。
 いま、相手を本当に愛しているなら、相手がどんなことを言おうと、冷たく「ノー」とは、
言えないであろう。「心をもって」機器、優しい「心をもって」話す時、会話によって、
お互いの心の寒さを温めあうことなのだ。

 耶馬の郷は、今日も澄み渡る青空が広がっていた?
イガ爺は、リタイア後、ちゃこ婆と、一日中、顔をつき合わせているよね。
 働いていた頃は、そんなに、顔を合わせなくても、よかったのにね、
しかし、今は、やむなしだよね。
荘子の言葉どうり、「心で聴く」事の大切さを痛感してるんじゃないの?。
 恋愛中の、あの、愛はないが、敬の心は、あるよね、が、・・・やはり、言葉を受け
切れない事ってたくさんあるんだね。

でもよく考えてごらんなさいよ。 若い頃、大いにもてていた、チャコ婆が、
よりによって、何処の馬の骨か解らないイガ爺と結婚してくれたのだから、
感謝しなくては、チャコ婆に思いを寄せていた多くの男性に、申し訳ない!!
         まあ、とりとめない・・・・”おいた”だが

                           21:05分投稿

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荘子の言葉・その32 | トップ | 荘子の言葉・その34 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む