楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule14)

2017-07-06 | 自己改革

著者は、Rule14項【「快感とセット」にする】で、『困難なことを習慣化したいときには、「快感」
とセットにして実行すると長続きしやすいものだ。
 「朝起きたら、何も考えずにまず熱いシャワーを浴びる」ということなどだ。
続けるのが困難な習慣でも。“快感”を得られる行動と結びつけることで、定着の可能性が
高まるのだ。ただし、この方法を実践するにあたって、1つだけ気をつけてもらいたいことが
ある。それは、習慣化したい行動を、毎回「同じ時間」「同じ状況」で実行するというこ
とだ。』と言っています。・・・・・・、本文は、

Rule14 「快感とセット」にする

 困難なことを習慣化したいときには、「快感」とセットにして実行すると長続きしやすいもの
です。 「Lifehacking.jp」というブログの管理人の堀正岳さんが、以前ご自身のセミナー
で、こんな話をしていました。

 堀さんの友人で物理の先生をしている方が「物理学の本を出版したい!」ということで、
毎日学校に出かける前にコツコツ原稿を書きため、ついに完成させた、というのです。
 学校の先生は多忙ですから、授業の前に本を書くとなると、よほど朝早く起きる必要があり
ます。しかも、ただ早起きするだけではなく、「早起きして本を書く」というハードルの高いこと
を続けなくてはならないのです。
 そんなことが続けられたのにはコツがありました。
それは、「朝起きたら、何も考えずにまず熱いシャワーを浴びる」ということでした。
 みなさんも経験があると思いますが、起きぬけに熱いシャワーを浴びることは、とても気持
ちいいものです。続けるのが困難な習慣でも、快感を得られる行動と結びつけることで、
定着の可能性が高まるのです。

同じ時間、同じ状況で、同じ行動をとる

 たとえば、ネズミの前に、レバーを倒したらチーズが出てくる装置を置き、何度かレバーを
倒させます。ネズミにとって「レバーを倒す」という行動は困難ですが、「レバーを倒せばチー
ズが出てくる」という“快感”を学習することで、その後もレバーを倒し続けるようになります。
 何か困難なことを習慣化したいときには、ぜひ“快感”を伴う行動をセットにすることを
オススメします。
 ただし、この方法を実践するにあたって、1つだけ気をつけてもらいたいことがあります。
それは、慣化したい行動を、毎回「同じ時間」「同じ状況」で実行するということです。
 ネズミにレバー倒しを学習させる場合でも、「レバーを倒す時間」を決めレバーを倒したら、
必ず「間髪入れずにチーズが出てくる」ように設定します。
 毎回、同じ条件で「快感」を得られるようにすることが、もっとも早く、確実に行動を習慣化
させる秘訣なのです。
 朝起きてすぐにシャワーを浴びる、という行動も、毎日「同じ時間にシャワーを浴びる=
快感を得る」ようにすることで、より早く習慣化することができます。
 日曜日だからと寝坊したり、起きてからグズグズしてシャワーを浴びる時間がまちまちだっ
たりすると、「快感」が薄れて行動が定着化しにくくなるので注意しましょう。

だってよ、イガ爺さん、それはそうと、昨夜の雨は“おおごと”だったよね
5年前のあの大水害を思い起こしたよね、
今日は、耶馬ん婆、駄弁れません。

:耶馬ん婆でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきらめずに、やりぬく人 ... | トップ | あきらめずに、やりぬく人 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己改革」カテゴリの最新記事