楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

老子の言葉その29

2016-12-20 | 駄弁り

老子:道経:重徳第二十六
重徳第二十六
重爲輕根、靜爲躁君。
是以聖人、終日行不離輜重。
雖有榮觀、燕處超然。
奈何萬乘之主、而以身輕天下。
輕則失臣、躁則失君。
--------------------------------------------------------------------------------
重は軽の根(こん)たり、静は躁(そう)の君たり。
ここをもって聖人は、終日行けども輜重(しちょう)を離れず。
栄観ありといえども、燕処(えんしょ)して超然たり。
いかんぞ万乗(ばんじょう)の主にして、身をもって天下より軽んぜん。
軽ければすなわち臣(しん)を失い、躁なればすなわち君を失(うしな)う
--------------------------------------------------------------------------------
男よ、弱き者を守るためにさらに精進せよ
重いものは、どっしりとした根っ子となって、軽い枝や花を支えている。
弱い者は、なぜに、さらに強くたくましくならなければならないのか。
それは弱い者を守り育てるためなのだ。
--------------------------------------------------------------------------------
精神的にまだまだ弱い青年が、恋愛し彼女のために強くなり
そして、結婚し子供ができて、家族のために奮闘し、強くなる
--------------------------------------------------------------------------------
自分だけが強くなって、いい気になろうとするのはエゴイストである。
人間の本当の生き方は、弱肉強食ではない。とくに男は弱い人の
人生に花を咲かせるために、大地の中の根のように、太く、広く
たくましく精進をするのである。
--------------------------------------------------------------------------------
終日行けども輜重(しちょう)を離れず。
「輺(し)」はほろをかけた車、「重」は、重い荷物「輺重」とは、
重い荷物を載せたほろ馬車。たとえばみんなで、旅をしているときでも\
食糧等をたくさん載せた重たいほろをかけた車をはなれないで、一日中
その車の後押しをするような力を、男子は、常に養っておくべきだ。
弱い者を守り育てるのは、人間の究極の課題である。
--------------------------------------------------------------------------------
イガ爺は、いつも道場から帰って即、玄関の掃除、トイレの禊、
等々、喜んで実践できてますよね(^^
常在実践がなんて、深く考えなくても・・・・・・・・。
 自然体がいいよね!!
究極の常人(凡人)を目指しています“おいら”とイガ爺、努力精進を怠りませんように
     などと・・・・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老子の言葉その28 | トップ | 老子の言葉その30 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

駄弁り」カテゴリの最新記事