楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule52)

2017-06-17 | 自己変革

著者は、Rule52項【作業モードを把握する】で、先送りしたい仕事が、いつも同じ仕事とは
限らない。反対に、比較的取りかかりやすい仕事も、いつもそうであるとは限らないのだ。
 先送りする前に、休憩を取って、先送りしたくなった作業と似た作業を行なってみると、意外
とスムーズに取り組めるものだ。と言っていますよ!!、さっそく本文を紹介いたします。

Rule52
 作業モードを把握する
 先送りしたい仕事が、いつも同じ仕事とは限りません。

反対に、比較的取りかかりやすい仕事も、いつもそうであるとは限らないのです。
 たとえば、パソコンに触っているときにやりやすい仕事と、パソコンに触っているときには、
やる気になれない仕事というものがあります。
 私の場合ですと、パソコンの前にいればメール処理などがやりやすいですが反対に税務
関係の書類記入などはやりにくくなります。
 パソコンの前でキーボードを打っていると、ペンでの記入がひどく面倒に思えるのです。
しかし逆に、役所などで住民票請求資料に記入した直後などは、たとえば手にスマート
フォンを持っていて、その場でメールが返信できたとしても、ちょっと面倒な気がしてしまい
ます。 逆に、そんなときにこそ、税務関係の書類記入などは手がける気になります。
 人は、自分がその時に行なっている活動と類似した活動を行なうほうが簡単だと感じる
のです。

休憩時の行動は大事
 ですから、先送りしたくなったら、先送りしたくなっている仕事はどんな「作業モード」である

かを考えてみるとよいでしょう。
 これからやらねばならない作業が、たとえば経費精算で、それが先送りしたくなったとした
ら、経費精算は「何」であるから、先送りしたいのでしょうか? 計算だからでしょうか? 
それならちょっと休憩を取り、簡単な計算を手元でやってみます。
 書類記入だからでしょうか?それならやはりちょっと休憩を取って、氏名や住所をメモに書
いてみましょう。先送りする前に、休憩を取って、先送りしたくなった作業と似た作業を行なっ
てみると、意外とスムーズに取り組めるものです。

先送りしたくなったら、先送りしたくなっている仕事はどんな「作業モード」である
かを考えてみるとよいでしょう。とあります、少し、休憩をとってみると、答えがある。
 ってことかぁ!!。

PS:紹介してまいりました、この本(先送りせずに、すぐやる人に変わる方法:佐々木正悟著)
  も、55項で終わりです。残り3項となりました。このままいくと620(火)で終わり
  なります。さて、その後の駄弁りは、凡人で勉強不足、クオリティが低いイガ爺さんを、心配!!
  しながら、しかし、そんな、心配をしていましたら、見つけましたよイガ爺さんが読んでた
「あきらめずにやりぬく人に変わる方法
  佐々木正悟著」・・・・・・・・・。この本を紹介していきま~す。  

 今日の耶馬の郷、予報通りの、快晴の朝をだった!!
空梅雨、世界では異常気象が?と言われるが、人間が感じる自然の運航も、人間側からの
とらえ方である。
 自然とともに共生している、自然界の他の動植物は、大自然の流れに沿って、生きている
それが、桜の開花である。2月の寒波(人間側からは異常ナ!!)があっても、しかし、3月
に入ってからの、温暖が、開花を速めた、それって、桜が、自分の都合をなどなく、すべては
大自然と共生しているのだ。どうです、イガ爺さん、深いでしょ(^^!!
 衆生の中で、人間だけが他の衆生と違うのは何故か?
それは、【心の生態系】と言うシステムがある。そして、その心の生態系の核となるものが
報恩感謝である。自分を生かしてくれているあらゆる「恩」に気付き、その「恩」に感謝し、
その「恩」に報いる事によって、初めて人間らしい生き方が出来るようにつくられている。
これこそ、他の生物に備わっていない、人間だけが持つことを許された、そして、持つこと
を義務づけられた生き方なのだ と、・・・・・・・・  耶馬ん婆は教えてもらった。
まだまだはなたれ小僧のイガ爺さん、どこまでも自己改革の旅を続けようね。
  :耶馬ん婆でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先送りせずに、すぐやる人 ... | トップ | 先送りせずに、すぐやる人 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む