楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

心のルネッサンス 名僧、101の名言・第4章:不運をくつがえす名言その1

2017-02-13 | 駄弁り

グチは不幸を呼ぶ呪文
何か言うときは、よくよく考えて、
相手のためにも、自分のためにもなることを
口にすべきである。(道元)

今、読んでいる本を紹介し始めて、今日で30項目となる。
読み進めるほどに、ちぽっけな我を感じる。ってイガ爺さんが言う!!
この30項目から、第4章へ入る、”不運をくつがえす名言”である。
著者の植西さんは、各項で、エピソードや、事例などを紹介しています。
その事例、エピソードにより先人達の言葉が活きて語りかけてくれます。
今回は、私達は仲のいい人と会話すると、ついつい悩み事を口にしがちです。
「上司が仕事ぶりを認めてくれないし、給料が安いから大変だ」といった様にです。
このくらいだと、相手は的確なアドバイスをしてくれたり、励ましてくれることがあります。
「腹を割って、本音で上司と対話してみたら?給料だって、そのうちアップするだろうから、
それまでの辛抱だよ」と言った様にです。

ところが、時として、私たちは「もう辞めたい」と言った様に言い過ぎてしまう事があります。
 と続きます、うん、うん、あるある、と、相槌を打ちながら、自己反省もしている“おいら”で
あります。 著者は続けます。こうなると、相手はアドバイスも、励ましようもありません。
愚痴になると共感しようがないからです。
そればかりではありません。愚痴はマイナスの自己暗示となって心の奥底にまで浸透していく
ようになります。すると、心がどんどんマイナスに傾いてしまい、運まで低下してしまう可能性
があります。結論的に言えば、愚痴は相手の為にも自分の為にもならないのです。

自他共に不快になるだけで、何のメリットもありません。
自分が悩み事を口にする時は、『相談はOKだが、愚痴はNG]と自分に言い聞かせ、愚痴を
こぼさないようにすることが重要になってきます。

それを肝に銘じるだけでも、運は好転の兆しをみせるようになります。・・・・・・・・と。
                   ポイント:相談はOK,愚痴はNG

イガ爺さん、愚痴や泣き言は、利己心の表れ!!自分はこんなにやっている
なのに、周りは何もしない、してくれない!!などであるよね。
「主体的に実践せよ」と“おいら”は言いたい!?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のルネッサンス 名僧、101... | トップ | 心のルネッサンス 名僧、101... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

駄弁り」カテゴリの最新記事