楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule06)

2017-06-28 | 自己改革

著者は、Rule06項【まずは小さなゴールを目指す】で、前項で紹介のタイプA:「何らかの
目的を達成するために継続するもの」、について、このタイプは、ゴールがハッキリしている
ため、継続も簡単そうに思えますが、実は落とし穴がある。
 自分の勝手な都合で予定を変更してリズムが狂いがちになる、という点だ。
大きな目標を立てるのではなく、まずは、小さな目標を立てることで継続しやすくなるのだ。
 と、言っていますよ。それでは、本文は・・・・・・。

Rule06 まずは小さなゴールを目指す 
 まず、タイプA:「何らかの目的を達成するために継続するもの」からです。
たとえば、「マイホームの頭金をためる」という目標を立てだとします。この場合、漠然と
「お金をためる」というだけでは、いつまでもたまりません。まずは、頭金として「いくらためた
い」のか、「いつまでにためたいのか」というゴール設定が必要になります。
 仮に、「5年間で500万円ためる」というゴールを設定したとすると、1ヶ月にいくらずつ貯
金をすればよいのかがハッキリしますから、アクションも起こしやすくなります。

ペースの乱れを防ぐために途中のゴールを決める
 このタイプは、ゴールがハッキリしているため、継続も簡単そうに思えますが、実は落とし

穴があのです。
 それは、「今月はボーナスが入ったから、多めに貯金しよう」とか、「今月はピンチだから、
少なくてもいいだろう」というように、自分の勝手な都合で予定を変更してリズムが狂いがち
になる、という点です。
 人は、リズムが狂ってしまうと習慣化が困難になってきます。ただでさえ不安定なモチベー
ションがさらに不安定になり、いつしか、「給料も上がらないから、貯金はもうやめようか…」
なんてことになりかねません。こうした事態に陥らないためには、「到達可能な小さなゴール
を決めておく」必要があります。たとえば、500万円に到達するまでの一里塚として、「まず
は10万円」という小さなゴールを設定するわけです。10万円なら、がんばれば数ケ月で達
成できそうですから、モチベーションも維持しやすくなります。
 ダイエットもこれと同じです。いきなり「10キロやせる」という大きな目標を立てるのではな
く、「まずは3キロ」といった小さな目標を立てることで継続しやすくなるのです。

イガ爺さん、今日は早朝から博多へ行ってきたんだってね!!
研修ですか? 少し、顔つきが締まってきた感じが!!**かな?
正直、耶馬ん婆も疲れてます。 駄弁りませんと駄弁っておしまいです。
            :耶馬ん婆でした。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきらめずに、やりぬく人 ... | トップ | あきらめずに、やりぬく人 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己改革」カテゴリの最新記事