楽天爺さんの気まぐれ日記

・田舎暮らしを楽しんでいます。

あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule18)

2017-07-10 | 自己改革

著者は、Rule18項【流れをイメージする』では『何度も三日坊主に終わった経験がある人
は「今度こそ、挫折しないように慎重に計画を立てよう」と思う傾向にあるのだ。
 慎重になることが悪いとは思わない。しかし、ある段階がきたら、計画を練り続けるのは
やめて、実行に移す必要がある。
 では、どの段階まで計画を立てたら、実行に移せばよいのだろうか?
目安としては、実行に移すまでの流れがスムーズにイメージできたときだ。
 流れがイメージできたら、まず始めること。
そして「あまり変わっていかない現状」にガッカリしないことが大切なだ。』と言っていますが、
                                 本文紹介です。

Rule18 流れをイメージする

 何度も三日坊主に終わった経験がある人は、「今度こそ、挫折しないように慎重に計画を
立てよう」と思う傾向にあります。
 もちろん本書でも、[やりぬくためには、事前にしっかり計画を立てる]ということをオススメ
していますから、慎重になることが悪いとは思いません。
しかし、ある段階がきたら、計画を練り続けるのはやめて、実行に移す必要があります。
 100日間計画を練り続けていても、―日も行動していないのであれば、三日坊主よりなお
悪いからです。では、どの段階まで計画を立てたら、実行に移のでしょうか?
 目安としては、実行に移すまでの流れがスムーズにイメージできたときです。
 たとえば、「ブログを書く」ということをスタートさせたいなら、実際にパソコンを開いてブログ
の1ページ目に書き込むまでに必要な手順をイメージできた段階でスタートさせるのです。
 「どのブログサービスを利用するか」「どんなコンセプトのブログにするか」といったことを、
事前に決めておいたほうがスムーズに実行に移せるでしょう。
 パソコンの前に座って、そこで、はたと止まってしまうようでは、まだ計画は万全とはいえ
ないのです。スタートまでの流れがスムーズにイメージできるようになった時点で、計画
を実に移しましょう。

意志のカをあてにしない

 よく「意志が弱いからものごとが続かない」と言う方がいますが、どんな人だって意志は
それほど強いものではありません。
 たとえば、「英会話をマスターする」という目標を立てた場合、最初はみんな意気込んで
スタートしますが、数週間もすれば初心を忘れてしまいます。
 なぜそのようなことが起こるのでしょうか? たいていの人は「外国人と英語でペラペラ
話している自分」を想像して勉強を始めます。
しかし、数日勉強したからといって、ペラペラになれるわけではありません。
 ひとつひとつ単語を覚え、構文を覚え、話す練習をコッコッやってこそ、やっと話せるように
なるのです。まさに、「千里の道も一歩から」です。
 多くの人は、自分で描いたイメージと、現実とのギャップに耐えきれなくなり、勉強をやめ
てしまうのです。
 ブログだって同じです。―日100万件のアクセスを集めている人気ブログでも、最初は誰
にも注目されない1エントリーから始めています。
 流れをイメージできたら、まず始めること。そして「あまり変わっていかない現状」にガッカリ
しないことが大切なのです。

イガ爺さん、どんな人だって、意志は弱いものだ!!ですってよ!!合点!!だよね。
しかし、”千里の道も一歩から”まずは、最初の一歩だよね。
じゃいつやる!!今でしょうってことになる。 まずは、敢て行う(やってみる)
って事じゃないかな?
 挫折や、失望も、また、奮起も、すべては、行ってみる事からなのだ!!
どうです、成功成就はまずはやってみる、あきらめずにやり続けること。
 :耶馬ん婆でした。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきらめずに、やりぬく人 ... | トップ | あきらめずに、やりぬく人 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自己改革」カテゴリの最新記事