「天道虫(てんとうむし)の会」

私たちは、今井信子さんのライフワークでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、「天道虫の会」を立ち上げました。

ヴィオラスペース2017 vol.26

2017-04-29 13:45:11 | 日記

フランスが生み出した芸術音楽 “ESPACE D’ALTOS” 

2017年は、アントワン・タメスティがプログラム構成を担当して5年目となり、満を持して、タメスティの母国「フランス」をテーマに開催します。フランス人作曲家による作品だけではなく、フランスに触発されて生まれた作品まで、ヴィオラを基調に様々な作品を取り上げます。タメスティによるユニークなアイディア満載のフレンチ・セレクションに大いに期待が高まります。 

 名古屋|NAGOYA

 5月24日(水)公開マスタークラス 愛知県立芸術大学

5月25日(木)コンサート 電気文化会館ザ・コンサートホール

 

東京|TOKYO

 5月27日(土)&28日(日)公開マスタークラス

5月30日(火)&31日(水)コンサート

上野学園 石橋メモリアルホール

 

大阪|OSAKA

 6月1日(木)公開マスタークラス 相愛大学・南港ホール

6月2日(金)コンサート

      あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール 

ヴィオラスペース2017に寄せて・・・アントワン・タメスティ

 音楽家、アーティストの表現活動は、おのずからそれぞれの文化的なバックグラウンドと密接に関わりを持っています。ヴィオラスペースに自分の祖国フランスの色を加えたいということは私の長年の夢でもありました。

 昔から数多くの作曲家たちがフランスの芸術文化の影響を受けてきました。今日フレンチ・スタイルと呼ばれる様式は19世紀にはベルギーやスイスにまで広がっていました。今回のヴィオラスペースでは、その作品にフランスの影響が色濃く見られるヴュータン、武満、ストラヴィンスキーといった作曲家による名曲の数々をご紹介します。ヴュータンはベルギー人ですが、パリを拠点に大活躍した作曲家です。ストラヴィンスキーは長年フランスに滞在し、フランスの文化人との交流も盛んに行いました。そして武満は、フランス印象派、とりわけドビュッシーの影響を受けたことを公言していました。もちろん、フランスを代表する作曲家として忘れてはならない3人、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレにも光を当て、それぞれの傑作のうちヴィオラのための作品を取り上げ、また現代のフランス人作曲家の作品も紹介します。 

http://www.tvumd.com/program/detail/?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第13回ゆらぎの里ヴィオラマ... | トップ | ヴィオラスペース2017東京公演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。