「天道虫(てんとうむし)の会」

私たちは、今井信子さんのライフワークでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、「天道虫の会」を立ち上げました。

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート(その4)

2017-03-05 19:17:12 | 日記

諸角さんのレポート(その4)です。

 

私が見た素晴らしいこと(3):受講生と地元のコミュニティー

小樽ヴィオラマスタークラス実行委員会事務局代表高野るみさんは、地元とのふれ合いの輪を拡げる地道な活動を行っています。今年も受講生は地元のコミュニティーと楽しい時間を満喫したようです。1月7日新光南子ども会 1月12日杜のつどい演奏会、1月9日及び14日街角コンサートなど、受講生にとって地元のコミュニティーとの体験はきっと忘れ難い思い出となったことでしょう。1月14日レッスンの成果を披露するヴィオラブーケコンサートでは、きっと受講生は感謝の気持ちを込めてレッスンで学んだ作品を演奏したことでしょう。

また、小樽・朝里クラッセホテルのナパイア・ルームにおいて、1月6日大槻晃士さんの公開バッハ塾 1月8日受講生のレッスンの模様を直接見ていただく公開レッスン及びミニコンサートが開催されました。

1月9日小樽ヴィオラマスタークラスを支える地元NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会(菊地芳郎会長)の皆様との交歓会では まちづくりの会のメンバーがこの日のために捕ってきたという魚介類や野菜などご馳走が盛りだくさんのサプライズ! 受講生のみならず講師の先生方やヴィオラマスタークラスの仲間たち全員我を忘れてご馳走に箸を運ばせました。まちづくりの会の皆様のおもてなしは料理だけにとどまりませんでした。芸達者なご老人が受講生(どういうわけか女性はかりでしたが)を壇上に呼び込んで民謡に合わせて踊りを指導する余興のサプライズ!、壇上に上がった受講生も最初は恥ずかしそうでしたが、ご老人の指導よろしく最後は一生懸命踊っている受講生の姿にサプライズ! しまいには小樽の副市長さんも壇上に上がって、まちづくりの会の有志の皆様とそうらん節の踊りを披露して会場は大いに盛り上がるサプライズ!小樽ヴィオラマスタークラスとまちづくりの会の皆様との一体感の素晴らしさを再確認いたしました。 最後は受講生から兄貴と慕われるヴィオラアシスタント大島亮さんの手締めで無事おひらきとなりました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第13回ゆらぎの里ヴィオラマ... | トップ | 第13回ゆらぎの里ヴィオラマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。