「天道虫(てんとうむし)の会」

私たちは、今井信子さんのライフワークでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、「天道虫の会」を立ち上げました。

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート(その5 完)

2017-03-15 11:27:46 | 日記

諸角さんのレポートは、今回で終了です。詳細なレポートありがとうございました。

 

私が見た素晴らしいこと(4):今井信子さんは凄い!

「今井信子さんは凄い!」などと何を今さらという読者の反応を重々承知の上で敢えて、「小樽ヴィオラマスタークラス2017を振り返って~私が見た素晴らしいこと」の最後に「今井信子さんは凄い!」で締めくくりたいと思います。

1月9日小樽市民センター・マリンホールで開催されたニューイヤーコンサートで、今井信子さんはブラームス:チェロソナタ 第1番 (Lionel Tertis編曲)を演奏されました。今井信子さんから、この演奏を録画したビデオも見たいと言われました。多忙な今井さんは、ホテルのレストランのルームサービスでイタリア風サンドイッチを注文されました。私はパソコンを彼女のお部屋に持って行き、彼女の部屋でランチをご一緒させていただきながら彼女の演奏をお見せしました。今井信子さんは、自分の音と草さんのピアノの音の大きさを比較されて、ビデオで確認すると演奏中自分が聴いている自分の音の大きさと草さんのピアノの音の大きさが違う等チェックされていました。

その際にご本人から伺ったのですが、ボストンで名誉博士号をいただいて、マスタークラスのレッスンで受講生の一人が今まで自分が演奏したことのないブラームスのチェロソナタを演奏した話をされました。それで小樽ヴィオラマスタークラスのニューイヤーコンサートで、そのブラームスのチェロソナタをご自分の演奏曲目に選ばれたようです。 アマティー事務所で今井信子さんのマネジャーをなさっている荒木晴子さんに確認したところ、今井信子さんは,2015年の11月にボストンのニューイングランド音楽院で名誉博士号を授与され、名誉博士号の授与式の後にマスタークラスがあり、そこで受講生の一人がブラームスのチェロ・ソナタ第1番のヴィオラ版(Roger Tapping編曲)を演奏したそうです。

数年前今井信子さんから、新しい作品を演奏する時に若い時の5倍のおさらいをしないとだめだと聞いたことがあります。レッスンの受講生が演奏した作品で、今まで自分が弾いたことのない作品に敢えてチャレンジされる今井信子さんは、本当に「「ノー・リスク、ノー・グローリー」という信念を持っているのですね。やはり、「今井信子は凄い!」

今井信子さんは、小樽ヴィオラマスタークラスの後、オランダ・アムステルダムとイギリス・バーミンガムでブラームスのチェロ・ソナタ第1番を演奏される予定だとおっしゃっていました。

(完)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート(その4)

2017-03-05 19:17:12 | 日記

諸角さんのレポート(その4)です。

 

私が見た素晴らしいこと(3):受講生と地元のコミュニティー

小樽ヴィオラマスタークラス実行委員会事務局代表高野るみさんは、地元とのふれ合いの輪を拡げる地道な活動を行っています。今年も受講生は地元のコミュニティーと楽しい時間を満喫したようです。1月7日新光南子ども会 1月12日杜のつどい演奏会、1月9日及び14日街角コンサートなど、受講生にとって地元のコミュニティーとの体験はきっと忘れ難い思い出となったことでしょう。1月14日レッスンの成果を披露するヴィオラブーケコンサートでは、きっと受講生は感謝の気持ちを込めてレッスンで学んだ作品を演奏したことでしょう。

また、小樽・朝里クラッセホテルのナパイア・ルームにおいて、1月6日大槻晃士さんの公開バッハ塾 1月8日受講生のレッスンの模様を直接見ていただく公開レッスン及びミニコンサートが開催されました。

1月9日小樽ヴィオラマスタークラスを支える地元NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会(菊地芳郎会長)の皆様との交歓会では まちづくりの会のメンバーがこの日のために捕ってきたという魚介類や野菜などご馳走が盛りだくさんのサプライズ! 受講生のみならず講師の先生方やヴィオラマスタークラスの仲間たち全員我を忘れてご馳走に箸を運ばせました。まちづくりの会の皆様のおもてなしは料理だけにとどまりませんでした。芸達者なご老人が受講生(どういうわけか女性はかりでしたが)を壇上に呼び込んで民謡に合わせて踊りを指導する余興のサプライズ!、壇上に上がった受講生も最初は恥ずかしそうでしたが、ご老人の指導よろしく最後は一生懸命踊っている受講生の姿にサプライズ! しまいには小樽の副市長さんも壇上に上がって、まちづくりの会の有志の皆様とそうらん節の踊りを披露して会場は大いに盛り上がるサプライズ!小樽ヴィオラマスタークラスとまちづくりの会の皆様との一体感の素晴らしさを再確認いたしました。 最後は受講生から兄貴と慕われるヴィオラアシスタント大島亮さんの手締めで無事おひらきとなりました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート(その3)

2017-03-02 19:04:00 | 日記

諸角さんのレポート(その3)です。

 

 

 

私が見た素晴らしいこと(2):ヴィオラマスタークラスの仲間たちのパワー

小樽ヴィオラマスタークラスは、ヴィオラ奏者今井信子さんと小樽ヴィオラマスタークラス実行委員会事務局代表高野るみさん、それを支えるNPO法人小樽・朝里まちづくりの会の皆さん、そして様々な才能あるいは行動力を発揮する仲間たちが生み出すパワーが凄いのです。ヴィオラマスタークラスの仲間たちは、日々のレッスンやコンサート等が心地よくスムースに運営されるように持ち味を生かして頑張っています。その結果、ヴィオラマスタークラス全体のプログラムの付加価値が一段と高まっていると思います。

例えば、3年前から今井信子さんのチャレンジングなテーマはバロック音樂あるいはバッハ音樂の理解で、バッハ博士こと大槻晃士さんを招聘しています。大槻晃士さんは、今年もバッハなどバロック音楽の作品のレッスンの講師を務め、バッハ塾を開講して小樽ヴィオラマスタークラス仲間としてその才能をフルに活かして小樽ヴィオラマスタークラスの付加価値を高めています。ここでは、小樽ヴィオラマスタークラス2017を見て素晴らしかった、大槻晃士さん以外の他の仲間たちのパワーをご紹介します。

小樽ヴィオラマスタークラス2017を成功に導いた主役の一人はヴィオラ奏者であり編曲者小早川麻美子と言っても過言ではないでしょう。2013年からスメタナ:交響詩「わが祖国」からモルダウ(ヴィオラ四重奏版)やマスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から間奏曲(ヴィオラ四重奏版)等、その後モーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K364(弦楽四重奏曲版)の編曲を手掛け、最近は彼女のプロフィールにあるように、ヴィオラスペース2015にバッハ/ブランデンブルク協奏曲第3番 ヴィオラ合奏版(小樽ヴィオラマスタークラスによる委嘱作品)を寄稿、その模様がNHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」でも紹介され、待望のヴィヴァルディ/協奏曲集「四季」(ヴィオラ合奏版)全曲の世界初演が、小樽ヴィオラマスタークラス2016及び小樽ヴィオラマスタークラスin台湾2016にて行われました。

今年は小樽市民センター・マリンホール(1月15日)及び東京の浜離宮朝日ホール(1月16日)で開催されたフォーシーズンコンサートで演奏されたヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」の手直しを行い、新たにアストル・ピアソラのブエノスアイレスの四季の編曲に挑戦されました。彼女によると、この作品の編曲には、ブエノスアイレスに出かけてピアソラの息子に会う等1年間の準備をして、彼女のエネルギーを注ぎ込んだそうです。また、ニューイヤーコンサートのプログラムの最後を飾った作品、ヨハン・ストラウス2世の「皇帝円舞曲」作品437の編曲も成し遂げました。「皇帝円舞曲」はフォーシーズンズコンサートのアンコール曲にもなりました。


今年は今井信子さんとのデュオなどコンサートの予定はなかったのですが、後藤和子(ごとうあいこ)さんが、スキー旅行でニセコに行く途中小樽ヴィオラマスタークラスに顔を出されて、リハーサルを大変熱心にご覧になりました。とりわけピアソラのブエノスアイレスの四季は、彼女は実際に演奏した経験があることから、演奏者の立ち位置や音の出し方などこまごまとしたアドバイスをされました。

何しろ後藤和子さんは1975年にシドニーで結成されて以来、国内外で幅広く活動し高い評価を受ける室内管弦楽団、オーストラリアン・チェンバー・オーケストラ(ACO)で日本人初就任のバイオリニストとして活躍しており、セイジ・オザワ 松本フェスティバル(旧称サイトウ・キネン・フェスティバル松本)にも参加される実力の持ち主です。


音楽家の健康・演奏の改善と療法に役立つアレクサンダーテクニークの指導教師の小野ひとみさんは、小樽ヴィオラマスタークラスの若い受講生にレッスン中あるいはレッスン終了後、自然に自由に演奏できる息の長い演奏家になるためのアドバイスをします。今年はヴィオラ受講生だけでなく若いピアニストも、彼女のアドバイスを受けて、本人も驚く程の成長をしました。彼女のホームページによると1992年日本人初の英国アレクサンダー・テクニーク指導者協会/STATの公認教師となり、日本に帰国。2012年9月26日よりアマックコーポレーション アレクサンダー・テクニーク 教師養成クラスを開設。日本で初めて、英国アレクサンダー・テクニーク教師協会(STAT)に公認を受けました。同じくホームページに「アレクサンダーテクニークとは理性と身体の関わり方や協調関係を学ぶことにより「身体をうまく使う」が可能になる技術です。心身の動きは、頭と首と背中の協調作用を基軸にしています。身体と理性で構成されている私たちの心身では、この身体のバランスが崩れると、理性や精神は大きな影響を受けてしまいます、このような心身がへたな使い方に陥らないために、アレクサンダーテクニークのレッスンがあるのです。アレクサンダーテクニークを学んで自然に自由に演奏できる息の長い演奏家を目指しませんか。」と紹介さています。

小野ひとみさんは、彼女のアドバイスを受けたたくさんの受講生や講師の方たちから尊敬されている小樽ヴィオラマスタークラスの仲間です。


小樽ヴィオラマスタークラス2017のニューイヤーコンサート及びフォーシーズンズコンサートのプログラムの中で演奏作品について紹介するプログラム・ノートは、2013年から2015年まで受講生として参加した川相美帆さんが書かれています。彼女は現在、今井信子さんが2015年10月に教授に就任されたソフィア王妃高等音楽院に在学中です。第2回東京国際ヴィオラコンクール第一位に輝いたウエンティン・カンさんが同校で今井信子さんのアシスタントをされています。小樽ヴィオラマスタークラス2017の仲間のパワーは凄いだけでなくその輪は拡がっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート(その2)

2017-02-28 09:41:40 | 日記

諸角さんのレポート(その2)です。

 

今年の小樽ヴィオラマスタークラスでは素晴らしいことがたくさんありました。素晴らしさの重要性とか注目度とかの基準で順番を考えずに、ただ思いつくままにまとめてみました。

私が見た素晴らしいこと(1):新しい風
今回米国からヴィオラ奏者小笹文音((Ayane Kozasa、愛称アヤネさん)、ゲストチェロ奏者ポール・賢司・ウィアンコ(Paul Kenji Wiancko、愛称ポールさん)が参加されました。アヤネさんは受講生として参加しましたが、現在米国フィラデルフィア管弦楽団に所属しフィラデルフィア室内管弦楽団ヴィオラ首席奏者です。プロフィールによると、カーティス音楽院卒業後、ドイツ、クロンベルグアカデミーにてマスター修了。2011年プリムローズ国際ヴィオラコンクール優勝、同時に最優秀室内楽賞、最優秀委嘱作品賞受賞。アスペン、マールボロ、ラビニア音楽祭などに数多く招かれ、アメリカ、ヨーロッパ各地で演奏活動を続けているそうです。一方、ポールさんは、プロフィールによると、チェロ奏者兼、作曲家として米国、ヨーロッパ、中南米、日本、および南アフリカで広く活動、ソロ奏者として世界各国のオーケストラとの協演も多く、またミドリ、ヨーヨー・マ、グァルネリ弦楽四重奏団から、テリー・リレー、エッタ・ジェームズ、ジョー・コッカー、スタンリー・クラークなど多彩なアーティストとも共演しているとのことです。

アヤネさんは、1月8日小樽・朝里クラッセホテルのナパイア・ルームで開催されたヴィオラマスタークラス公開レッスンで、今井信子さん、大島亮(神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ヴィオラ奏者)さん、ファイと・ヘルテンシュタイン(バーゼル交響楽団首席ヴィオラ奏者、デトモルト音楽大学教授)さんと共に講師を務めました。同日公開レッスン終了後のミニコンサートで、アヤネさんはテレマン:無伴奏ヴィオラによる12のファンタジーより、第1番、第4番で自然体の美しい音色をを披露しました。ポールさんは、大槻晃士さんのヴィオラ・ダ・スパッラとヴィオラ・ダ・スパッラとチェロによる二重奏曲を演奏されて聴衆を魅了しました。

1月9日小樽市民センター・マリンホールのニューイヤーコンサートでは、お二人はパーセル:3声のソナタ第1番(大槻晃士編曲)及びルトスワフスキ:牧歌集(ヴィオラとチェロのための)の演奏で息のぴったりあったデュオを披露しました。

1月14日ヴィオラブーケコンサートではお二人はポールさん自ら作曲された「アメリカン・ハイク」の作品を選びました。プログラムの解説によると、この作品は「日系アメリカ人としての自己への想いであり、また簡潔な言葉で心を詠む俳句への頒歌でもある。繊細で微妙な音色の変化に伴われたAmerican Haikuは遥か彼方から、移行、祖国への三部よりなる長い旅を表現している。」とのことです。

小樽市民センター・マリンホール(1月15日)及び東京の浜離宮朝日ホール(1月16日)で開催されたフォーシーズンズコンサートでは、アヤネさんはピアソラ:ブエノスアイレスの四季及びヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」で重要なパートを演奏し、ポールさんはピアソラ:ブエノスアイレスの四季で、彼独特の味わい深いリズムとメロディーで聴衆の心を掴みました。演奏終了後、チェロの音色は素晴らしかったとの観客の声を耳にしました。

もうひとつの新しい風は、上野学園から若い二人のピアニスト、古賀大路さん及び高橋優介さんがピアノアシスタントとして、今回初めて小樽ヴィオラマスタークラスに参加したことです。2016年8月11日(木)から14日(日)まで上野学園エオリアンホールにて、「今井信子特任教授ヴィオラ公開マスタークラス2016」が開催された際に、両名はピアノ伴奏を任されました。その実績が評価されて、今井信子さんは、ピアノ伴奏の実践を通して同年代の受講生と切磋琢磨して音楽をより深く理解する機会をお二人に与えたと理解しております。

受講生の持ってくるたくさんの作品、初めて伴奏する作品が多かったことでしょうが、お二人共レッスンをこなしていく自分に興奮しておりました。ご参考までに録画したレッスンの中から各々伴奏をしたレッスンのいくつかをDVDにして差し上げますから、お気に入りのレッスンを挙げてくださいと申しましたら、自分の伴奏したレッスンの全てのビデオが欲しいとの反応に驚きました。彼等は、本当に小樽ヴィオラマスタークラスのレッスンのピアノ伴奏で激しく燃えたのですね。ちょっと大変ですが、その要望には応えるつもりです。小樽ヴィオラマスタークラスのレッスンのピアノ伴奏で受講生から絶大な信頼を得ている百戦錬磨の草冬香さんが、今回は指導者として彼等を厳しくも優しく叱咤激励しました。今回草冬香さんの表情は指導者としても凛として輝いていました。

今回「フォーシーズンズコンサート」のヴィヴァルディの協奏曲集「四季」にはチェンバロが入り本格的な演奏になりました。ゲストチェンバロ奏者として吉見伊代さんが参加しました。彼女のプロフィールによると、東京藝術大学チェンバロ科卒業、同大学院修士課程修了。チェンバロを橋本ひろ、鈴木雅明、広澤麻美の各氏に、室内楽を故小島芳子、鈴木秀美、若松夏美、野々下由香里、山岡重治の各氏に師事。2011年、イタリアへ渡り、ナポリのチェンバロ奏者エンリコ・バイアーノ氏のもと研鑽を積む。また、オルガンをフランチェスコ・ブラーヴォ氏に、アンサンブルをピエルフランチェスコ・ボッレッリ氏に師事。イタリア国立ドメニコ・チマローザ音楽院に在籍し、2014年、褒賞最高点を受けディプロマを取得。現在、ソロとアンサンブルの両方において国内外で演奏活動を行っているとのことです。

高野るみさんがメールで「ヴィヴァルディの四季には新たにチェンバロも加わることになりました。どんどん大所帯になっていきます。よい演奏会になるよう皆でいい音楽を作ってまいります。」と興奮気味でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス2017レポート

2017-02-25 19:27:25 | 日記

「ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス」のサポーターとして、ビデオ撮影やタイムキーパー等を担当していらっしゃる諸角様が他のサイトに掲載されているレポートをご了解を得て掲載させて戴きます。

小樽ヴィオラマスタークラス2017を振り返って(その1)(諸角憲治)

今年の第13回ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス(小樽ヴィオラマスタークラス2017)には、例年同様13名の受講生が参加しました。受講生の国・地域別ポートフォリオは日本7名、台湾3名、韓国2名、中国1名で、6名が初参加でした。

今回今井信子さんをサポートする演奏家の顔ぶれは、バッハスペシャリスの大槻晃士さん、専属ピアニストの草冬香さん、ヴィオラアシスタントの山本由美子さん、大島亮さん及びファイト・ヘルテンシュタインさん、ゲストチェロ奏者奥泉貴圭さん、そしてヴィオラ奏者で編曲者の小早川麻美子さんといういつものメンバーに加えて、ピアノアシスタントとして上野学園から若い2名のピアニスト、古賀大路さん及び高橋優介さん、米国からゲストチェロ奏者ポール・賢司・ウィアンコさん、そしてゲストチェンバロ奏者吉見伊代さんが初めて参加されました。新しい風が吹き込まれたように感じました。

受講生のレッスンは1月3日午後からスタートして12日まで行われ、13名の受講生は各々4回のレッスンで研鑽を重ね、1月14日に小樽市民センター・マリンホールにて開催されたヴィオラブーケコンサートで大いにその成果を披露しました。1月9日に恒例のニューイヤーコンサートが、1月15日に今井信子さんが「二つの四季を聴き比べる贅沢」と表現されたヴィヴァルディとピアソラの四季の作品をメインのプログラムとする「フォーシーズンズコンサート」が小樽市民センター・マリンホールにて開催されました。小樽ヴィオラマスタークラスは今年13年目を迎えて、初めて東京にその活動の輪を拡げて、1月16日に「フォーシーズンズコンサート」を浜離宮朝日ホールにて行うという快挙を達成しました。「フォーシーズンズコンサート」は小樽及び東京にて共に大盛況でした。

2017年の干支は「丁酉(ひのととり)」です。丁(ひのと)は、従来の主流がなお持続する中、下から新しい力が伸びてくる、また、幹を表すとされ、木が成長し繁茂する姿ともいわれるようです。酉(とり)は、元来酒を醸造する器の象形文字で醗酵を表し、その意は、成る・熟する、中にある新しい力が溢れ出てくるとされています。今回の小樽ヴィオラマスタークラスから見えたもの、レッスンからコンサートのリハーサルに至るまで期間中一貫として肌で感じたものは、今井信子さんの底知れぬ気迫です。その気迫は、今井信子さんが春秋社から出版された「今井信子 憧れ ヴィオラとともに」のタイトルにある「憧れ」、そして終章「ノー・リスク、ノー・グローリー」を思い起こさせる程に凄まじく、今年の小樽ヴィオラマスタークラスは、まさに何か新しい力が溢れ出てきたと感じる出来事だったように思います。その今井信子さんの気迫に寄り添うように対応されたヴィオラマスタークラス実行委員会事務局代表の高野るみさんのこれまた凄まじい気迫には感服いたしました。

「ヴィヴァルディ四季」小樽マリンホール (実行委員会フェイスブックより)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天道虫(てんとうむし)の会」のご案内

「天道虫(てんとうむし)の会」のご案内 ―小樽ゆらぎの里での今井信子さんの音楽活動を応援する会―   私たちが敬愛する今井信子さんが小樽「ゆらぎの里」朝里川温泉で始めたヴィオラマスターコースは、今年の正月で10周年を迎えました。此の間多くの教え子がここから育ち、年々今井先生に憧れ慕う俊秀のアーティストがこの地を訪れるようになり、先生を囲み、手伝い、研鑽し、コラボレートする世界にも類のない活動の拠点として高まっています。 この度、私たちは、今井信子さんのライフワークの一つでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、それぞれの立場でできる支援を行うとともに、それぞれのネットワークを通してこの活動を知ってもらい、ANAが企画するツアーとも連携して、多くのクラシックファンに珠玉のコンサートに触れていただくお手伝いをしようと、「天道虫の会」を立ち上げました。 皆さまには、「天道虫の会」の活動にご理解いただき、それぞれにできるご支援・ご協力いただければ幸いです。この会へ参加いただける方は発起人までご連絡ください。会員には、会のシンボルとなる竹製てんとう虫のバッチをお渡しします。 2014年6月23日 発起人メンバー 高野るみ、諸角憲治、砂岡茂明、樋口義洋、青木真也、須藤正實 <天道虫の会の由来>  天道虫は、太陽=天道(今井信子さん)に向かって飛ぶ習性があるという由来から名付けました <ANAツアー>  来年も、「ヴィオラマスタークラス記念コンサートin小樽3・4間」が企画されており、9月に公開されます <ホームページ> 会の活動、小樽での音楽活動、ANAツアーなど適宜掲載します