徒然幸せ日記

作者が日常の生活で見たこと、感じたこと、感動したこと!を書いています。
特に、「幸せ」とは何かについて考えています。

怒ってばかりの親はほめ方を学ぼう!(NHK「助けてきわめびと」を見て)

2017-01-25 21:17:19 | テレビ番組
先日放送のこの番組。
めったに見る機会がないが、たまたま見たら面白かったので、少しメモしておく。

家でよくあるお母さんの子供への叱り。
「早くしなさい!」「○○したらアカン!」とかいう言葉。
言われた方はいやなもの。
言う方も本当はほめたいが、ほめられないイラダチがあるという。

そこで、登場のきわめびと中井政嗣さん(71、お好み焼きチェーン店の社長)
どう指導するか見ていると、

①ほめ上手は形から(パンと手を打つ)
 叱りたいときに、区切りとして手を打つことにより、相手にもう終わりだよと知らせる。

②子供に変化が出てきたらパチパチと拍手

③ほめ力アップカードを使って、相手をほめる練習をする
 ほめるには、まず、相手のことをよく観察する必要がある。
 目とか鼻とかほめるにも、鼻筋が通っているとか高いとかだけでなく、かぎつける力があるとか鼻毛がないとかいろいろ。

④それでも、叱らないといけない時には叱ってから、「でもね」という
 例えば、「けんかやめなさい」と叱ってから、「でもね、元気でよろしい」とか
     「ごはんだから、本を読むのやめなさい」と言ってから。「でもね、本を読むことはよろしい」とか

こうしていくと、子供から自然と良い行動をしようとするようになるらしい。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家の新築・改築を考えている... | トップ | ちょっと嬉しいとき(2017.1.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。