徒然幸せ日記

作者が日常の生活で見たこと、感じたこと、感動したこと!を書いています。
特に、「幸せ」とは何かについて考えています。

どんなときも。 - 槇原敬之(高音質)

2017-04-19 16:59:18 | 音楽
どんなときも。 - 槇原敬之(高音質)


さっき、もう一つ。この動画にも出会った。
これも、きっとエールだろう。
非常に有名な曲だけど、歌詞をつぶさに見たのは初めてだった。

以下はウィキペディアの解説だが、この曲のタイトルに「君の名は。」みたいに「。」がついているの知ってました?


槇原敬之の代表曲の1つであり、シングルでは自身の最大のヒット曲。この曲によって槇原の名が広く知られることになる。
映画『就職戦線異状なし』主題歌となり、3作目のシングルにして初のオリコン週間チャート100位以内にチャートインさせる。発売から約1ヵ月半後の同年(1991年)7月29日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得。累計売上は167.0万枚。
1999年の不祥事以降暫く音楽活動を自粛し、メディアへの露出が激減していたが、2003年に「世界に一つだけの花」をSMAPのシングル曲に提供してから槇原の楽曲が注目されたこともあり、同曲も再び売り上げが伸びた。累計出荷枚数は190万枚弱。

1992年には選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用された。また後にケンタッキーフライドチキンのCMソングにもなった。
2007年には、ニューバージョンが、NTT東日本のコマーシャルソングとなった。ちなみに、このニューバージョンは、2007年8月15日に発売されたシングル「GREEN DAYS」のカップリング曲として収録されている。
2016年には、ヤマハ発動機の「めざせ、ころばないバイク。LMW 雨上がりのタンデム篇」のコマーシャルソングとなった[1]。

槇原の楽曲でタイトルに句点がついているのはこの曲と「超えろ。」のみである[2]。

同曲を作るきっかけとなったのは、槇原がある音楽関係者から「今、織田裕二主演の映画の主題歌を募集しているから槇原君も送ってみれば?」と勧められたことによる。その時にふと頭に浮かんだフレーズが『どんなときも』であった。
槇原本人は当初、あまりに単純でストレートなフレーズに「捻りがない」と思い、このフレーズがダサいと思って最初自信が無かったが、他の語彙やフレーズを模索したがしっくりこなかったことに加え、この『どんなときも』というフレーズが脳裏から離れなかった。直感を信じて楽曲を制作して応募。そして主題歌に選ばれることになった[3]。

ちなみに、歌詞の中に出てくる「古ぼけた教室」とは、槇原の母校大阪府立春日丘高等学校の木造校舎だった時代の情景を指した詞だと、後にインタビューで語っている。
また、この曲がヒットしたことによって、当時フジテレビの人気バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』で、ウッチャンナンチャンの内村光良が『ドンナトキモ槇原』というパロディーコントを作った(槇原自身も、内村と対面した際、「いつも見てますよ」と発言するなど、好意的に受け止めている)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気を出して - 竹内まりや | トップ | 夢を叶える17の法則(山﨑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。