つれづれなるままに・・・☆

関俊彦さん・中居正広さん・SMAP・高岩成二さん等々の話題から日常まで取りとめもなく。
毎日書く事だけを目標に☆

不思議

2017-06-19 22:25:40 | 中居正広さん・SMAP
やっぱり爆弾が投下されましたね、文面の論調は相変わらずですが。
動揺を全くしていないといえば嘘になります、それでも昨日ぐっと腹に力を込めたお陰か衝撃は想像より少ないです、あくまでも比較の問題だけどね。



個人的に、不思議に思うこと。
あくまでも個人的に、ですけども。



去年からずっと純粋に不思議に思っているのは、どうして彼らだけ「直接ファンに対して話す場がない」んだろう、ということ。
一方で去年から今年にかけて、後輩の皆さんはいいにつけ悪いにつけ、全てとは決して言いませんが直接ファンの前で話をする機会が与えられてきました。
一部報道であったような、「彼らが自分たちの口でファンに直接話すのを嫌がってる」とは全く思わない。
だって彼らは今まで、それこそ彼らが20代の頃のあれこれも、30代のあれも、直接自分たちの言葉で直接ファンを前にして話して来ました。
ましてや去年も今回のも一大事です、かつて「これからはファン孝行を」と言い切った彼らがファンを置き去りにするわけがない。
去年の一連は決して彼らの意志ではないと考えている自分、今回のことも彼らの意志なのかそうじゃないのか見極める必要があると思っています。


相手は彼らを野に放たれる子ウサギくらいにしか思っていないかもしれない、けれど彼らは間違いなく眠れる獅子です。
そして残った彼らも、また同様に。
特に放たれた彼らの本質をどうもあっちが理解していないように見えるんですよね、本当に不思議。
「いや、理解しているのか?しているからこそ、なのか?」とも思えるが、だったら飼い慣らせるように努力すればいいだけの話。
だからこそ、本当に不思議でならない。
つまり、本質を見極める目を全く持っていないのか、あるいは飼い慣らせる自信が全くないんでしょうね、としか思えない。


事務所を辞めると今の仕事が続けられない、という暗黙の了解とやら、これまた不思議で仕方がない。
スポーツ選手も移籍したからといって、しかもそれが古巣にとって大打撃だからといって、試合に出れないということはない。
それに全てが全てではないと思いますけども、声優さんも独立しても移籍しても「それまでの仕事を奪われる」というのは聞いたことがない。
某芸人コンビが独立しても冠持ってると某所で出た際に「彼らは円満だから」と書いてる人がいましたが、少なくとも表向きは「事務所はこれからも応援します」というスタンスのはず、つまり円満なんですよね?ということ。
円満な契約終了だ、と事務所が公式に発表しているのだから、辞めて事務所が仕事を奪うなんていう理不尽があるはずがない、だったら「今の仕事が続けられない」ということはないはず。
ましてや、本人たちはこれからも今の仕事を続けたいと公言しているわけで、本当に不思議で仕様がない。


あ。
4:1の理論が破綻したからか、今度は3:1:1、これはもう論外。
帰りのタクシーでさえ「(4人乗りだから)4:1になるの嫌だから3:2で帰ろうよ」、ですからね、自分は4:1の時点で信用しておりません。


何にせよ。
自分は彼らがどんな形に変化しても、彼らを、SMAPの彼ら全員を、ずっと応援していくだけだ、と決めておりますので。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐるぐる | トップ | 考え事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。