つれづれなるままに・・・☆

関俊彦さん・中居正広さん・SMAP・高岩成二さん等々の話題から日常まで取りとめもなく。
毎日書く事だけを目標に☆

「事実」の不自然さと揺るぎなさ

2016-11-08 03:15:14 | 中居正広さん・SMAP
あの衝撃の日の翌日、このBlogでも書きましたし、某所でも何度か書いてることなんですけど。
ですから恐らく、「もういいよ」とう人も多いと思いますが、一先ず読んで欲しい。
色々書き並べたいのは山々ですが、今回は2つの「事実」を書こうと思います。



ジャニーズ事務所の公式発表文。
「(SMAPメンバー)全員一致の意見ではない」のに、「彼らの功績を尊重」し「解散」させる。

今、ワイドショーや週刊誌、スポーツ新聞の論調、そしてそれらを見た世間の論調は、「5人が話し合って『解散』を決めた」となってる。
でも少し待ってください、ジャニーズ事務所は公式発表文に確かに「全員一致の意見ではない」と書いてる。
「5人が話し合って」全員一致の意見として決めたことではない、と他でもないジャニーズ事務所が確かに認めています。
それなのにいつの間にかテレビも週刊誌もスポーツ新聞も、「いい大人が決めたことなんだからファンは尊重してあげなさい」となっている。
これは一体、どうしてなんでしょうか?
加えて少なくとも自分の知る限りテレビの全国放送で、この「全員一致の意見ではない」のに「彼らの功績を尊重」し「解散」させる、ということに対して「ジャニーズ事務所へ疑問を投げかけている」コメンテーターや芸能人や著名人は未だに誰もいない。
この、不自然さ。
どうしてジャニーズ事務所に、SMAPメンバー全員が納得いくまでとことん話し合って結論を出すように促す、そういう至極真っ当な意見が出て来ないのか。
出て来るのは、事務所は頑張ったけど、事務所は説得したけど、というジャニーズ事務所の言い訳とSMAPへの責任転嫁の言葉ばかり。
「「解散」しても5人全員ジャニーズ事務所に残る」とジャニーズ事務所が公式発表文に書いているにも関わらず、です。

この不自然さこそが、今の芸能界を覆っている闇、そのものだと思います。
ジャニーズ事務所へ苦言を呈する著名人が誰1人としていない、その理由は一体何なのか。
そもそも、このSMAP解散騒動とは、一体何なのか。



「解散」を発表してもなお、今でも冠番組『SMAP×SMAP』の中で、東日本大震災への支援金と熊本地震への義援金のお願いを、深いお辞儀とともに流しているSMAP。
5年以上もの長い間一度も変わらずに、これも揺るぎのない「事実」です。
今は他の番組で一切観ないことから考えても、並大抵の精神力で出来ることではない。
そんな彼らを、「どうでもいい」という言葉一つで「無情」という名の荒波に放り出さないで欲しい。



ファンの端くれからのお願いです、どうか今一度、SMAPを見つめ直してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憂い | トップ | さーむーいー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。