苦楽時雨つれづれ草紙~

本音でトーク
ニュース・文学・政治・経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

プラネタニュームを見に行って

2017年04月05日 21時52分07秒 | 日記
もう夜の空を見なくなって何年になるだろう
今この姫路の片隅で
夜の空を見ても
まるで賞味期限の切れた空のようで
ロマンも夢さえも湧いてこない
そんな時ふと
本物の空を見たくなるのだ
プラネタリウムの空はいつも未来や夢や
何か大きな純粋な希望がもらえるような気がする
子供の頃見た空がそこにある

もう とっくに失ってしまった記憶が
プラネタリウムを見ていると蘇ってくる気がする
そしてその記憶を拾って
十分に元気が湧いてくる

その上
賞味期限の切れた思い出したくもない思い出も
風化した事件も悲惨な事も情火させて
浄化し発酵して
帳消しにしてくれる役目も果たしてくれる
その上
いつも遠い未来に連れて行ってくれるし
いつまでも生き続けられる錯覚まで起こさせてくれる
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつまで続く旅 | トップ | 裏切りについての考察 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事