苦楽時雨つれづれ草紙

フリーライター・三文コラムニストのニュース・文学 政治、経済破り読み!
常識なんて鉛の靴で蹴っ飛ばせ!

鳥越俊太郎 東国原にやられ放し

2016年10月12日 18時18分14秒 | 日記
2、3日前に坂上忍MCのバイキングで
鳥越俊太郎がゲスト出来ていた。

政治評論家やコメンテーターや東国原、神奈川の元知事が
出ていたが
鳥越の惨めだったこと。

東国原に突っ込まれて
返答も出来なかった。
しどろもどろでうろたえていた。

この人は知事選に落選して正解と思った。
なんのポリシーもない。
政治評論家という看板が泣くほどヒドイ。
この人が知事になっていれば
議会で都議から突っ込まれたとき
返答が出来ないと感じた。

生真面目なのは分かるが
余りにもお粗末。
政治評論家が泣く。
線が細い。

理論整然としていると思っていたが
ちゃらんぽらんだ。

都知事選に出なければ
今まで通りの人気はあったと思うが
今じゃ落ちぶれた田舎侍。

刀折れ
矢が尽き
高校野球の敗戦投手より惨め。

でも死ぬまでに
もう一度復活して欲しい。
その場所があるかどうかだが?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空白の一ヶ月 | トップ | 落ちぶれた豪腕 小沢一郎は... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む