苦楽時雨つれづれ草紙~

本音でトーク
ニュース・文学 政治 経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

ショートストーリー 親切なのか注意なのか

2017年06月10日 19時22分00秒 | 日記
神戸から電車で通勤してくるB子さん。
 ぼくがバイトしているセルフガソリンスタンドで
ガソリン専用カードを勧誘するのが仕事である。
 やわらかい顔をしたなかなかの美人である。
 現金客をつかまえてカード会員に入ってもらうのが仕事だが、
一度客をつかまえるとねちっこく、なかなか解放しない。
 その為、若い男子のお客なら、その美貌とねちっこい対応に、
『ひょっとすれば自分を好いてくれているのじゃないか』
と錯覚をおこしカード会員になってくれる。
美人は何をしても得である。
勿論、五人ほど派遣会社の女の子がやってくるが、彼女の成績が一番いい。


その彼女、ここにくる途中電車の中で、
隣の席に怖そうなおっちゃんがスポーツ新聞を広げて読んでいるのに出くわした。
阪神ファンの彼女は巨人に阪神が三連勝した記事が気になって仕様がなかった。
横から阪神の記事を盗み見していた。
チラ、チラッと新聞を覗き見しては気付かれないように、気を配っていたそうな。
 

 ところがついに、覗き見しているのに気付いたおっちゃん、彼女の方に顔を向けた。
その顔を見て彼女はびびった。
鬼瓦のような顔をしている。
その上、今にも怒りそうな雰囲気がする。
「やばい! かちわめかれる!」
 硬直状態になっていると、そのおっちゃん、にこっと笑って、
「ねえちゃんええか、めくるで!」
 意外な一言に驚き彼女は、
「あっ、はいー!」
 別に私に断らなくても、と思ったのですが、
これは果たして親切ですか?
それとも遠まわしの注意ですか?
とぼくに聞くのです。
「……」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪の正義 | トップ | 失敗してから分かる »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事